Sponsored link
NO IMAGE

ウイルスやワクチンに含まれるスパイクタンパク質が耳鳴りの引き金になる可能性

NO IMAGE

あのーワクチン接種後、耳鳴りがずーっとしてるんですけど治るのだろうか
ずーっとキーンて鳴ってるけど…不安になってきた

https://www.naturalnews.com/2022-03-16-vaccine-researcher-develops-tinnitus-after-covid-shot.html

ミネソタ州メイヨークリニックのワクチン専門医は、mRNAのコロナワクチン2回目接種後に耳鳴りを発症したという。

グレゴリー・ポーランド博士の症状は、ワクチンを受けてから90分後に始まった。彼はその症状を 「かなり重く」「非常に煩わしく、睡眠と集中力に支障をきたす 」と表現している。

耳鳴りは、実際に外部の音がないのに音が聞こえること、と定義されている。

以下のような症状が報告されています。

耳鳴りがする
ざわめき、シューという音、口笛、シューッという音、クリック音
どきどきという音
何も再生されていないのに音楽が聞こえる

ワクチン有害事象報告システム(VAERS)が3月4日に発表したデータによると、19630人がコロナワクチン接種後に耳鳴りを発症したと報告されている。この症状が解消されたのか、継続中なのか、VAERSのデータはない。

2021年12月14日のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の「レシピエントと介護者のためのファクトシート」には、J&Jが販売するヤンセンのコロナワクチンの副作用として耳鳴りが記載されている。

ABCニュースによると、ファイザーとモデルナは、ワクチンと聴覚の問題との因果関係を記しておらず、疾病管理予防センターも米国食品医薬品局も、この症状を副作用として挙げていない。

耳鳴りはコロナの症状でもあり、特に 「長距離運転手 」の間でよく見られます。Texas RoadhouseのCEOであるKent Taylor氏は昨年、耳鳴りを含むコロナ後の深刻な症状を経験した後、自殺した。

ポーランドでは先月、耳鳴り研究の第一人者であるコンスタンチナ・スタンコヴィッチ医学博士とシャオウェン・バオ博士を招き、耳鳴りのメカニズムについてビデオ討論会を開催した。

スタンフォード大学医学部教授のスタンコビッチは、パンデミックの初期からCOVID患者の耳鳴りを研究してきた。

彼女が研究したコロナと耳鳴りを持つ10人の患者のうち、全員が 「毛髪の機能が低下しているか、存在しない 」状態であった。

これは、内耳の重要な部分であり、音を脳が解釈する電気信号に変換する器官である蝸牛の有毛細胞のことである。

「コロナウイルスの原因ウイルスは人間の内耳細胞に直接感染することができ、これが今回の事態を説明できるだろう」とスタンコビッチは語る。

研究者は、コロナから回復した人の15%近くが耳鳴りを発症したと推定しており、この症状は現在、長期のコロナと関連している。

ワクチン2回目の注射後に耳鳴りを発症したにもかかわらず、ブースター注射を受けたポーランドは、ワクチン接種が正しいことだったのか、という疑問を投げかけました。

アリゾナ大学のバオ准教授によれば、現在査読待ちのワクチン誘発性耳鳴りに関する彼の研究は、ウイルスにもワクチンにも存在するスパイクタンパク質が耳鳴りの一因である可能性を示している、とのこと。

Bao氏は、スパイク蛋白による耳鳴りの分子メカニズムは明らかにしていないが、同氏が行った調査の結果、1回目の接種後の耳鳴りの発生率は2回目の接種後のそれよりも10%高く、小さいながらも統計的に有意な割合であることが分かった。

これは、スパイクタンパク質を介した効果であり、免疫反応の効果ではないことを示している。なぜなら、免疫反応は2回目の投与後に大きくなることが知られているからだ、とバオ氏は述べた。

バオ氏によると、ワクチン接種後に耳鳴りが生じた400人を対象にした調査から、100人が1回目の注射で耳鳴りが解消されないにもかかわらず、2回目のワクチン接種を選択したとのことである。この100人のうち38%が2回目の接種後に症状の悪化を報告しており、VAERSで報告されている100万人あたりの70件よりもはるかに高いリスクであることが判明した。

これは、VAERSで報告されている100万人に70人よりもはるかに高いリスクだ。バオは、理由は不明ですが、ある人は他の人よりこの有害事象を起こしやすいと結論付けている。

ポーランドは、ブースター注射を受けることにした。彼の耳鳴りは24時間ほどで治まったが、また高い音で戻ってきたという。

ポーランドは、彼の症状が改善されたかどうか、またVAERSに報告したかどうかについて、The Defenderからの電話に応答しなかった。

より多くの研究が必要だと専門家は言う

「これらの専門家の観察は、パンデミック時に人々が耐えた状態の真の原因を特定する上で、我々が抱えている課題を浮き彫りにしています」と、The Defenderのシニアサイエンスエディター、マダヴァ・セッティ博士は述べている。

セッティ博士はこうも付け加えた。

「スパイクタンパク質は、心筋炎から血液凝固障害まで、ワクチン接種とコロナウイルスの両方に続く多くの病気の原因として関与しています。ウイルスとワクチン、どちらが危険かは、ワクチン未接種者を多数観察しなければわかりません」

アメリカ耳鳴り協会(ATA)は、COVIDワクチン接種後に耳鳴りが発生した人は、VAERSに報告するように呼びかけている。

同協会は、COVIDワクチンのメーカーは現在、予想される副反応として耳鳴りをリストアップしていないとしている(ただし、報道されているように、J&J社はリストアップしている)。

ATAはこう述べている。

「現在のところ、利用可能なコロナウイルスワクチンのいずれも、副作用として耳鳴りに関する情報を含んでいません。副作用の報告があってこそ、一般的な副作用や稀な副作用のリストの調整が行われますので、ワクチン接種後に発生した有害事象の報告をお願いします」と述べている。

ポーランド、スタンコビッチ、バオは、耳鳴りは、ブースターショットを受けることを躊躇させるべきではないと結論付け、「人々の健康と幸福、医療費に対する多大な悪影響 」から、耳鳴りに関するさらなる研究が切実に必要であると述べている。

ATAによると

「何百万人ものアメリカ人が耳鳴りを経験しており、その多くが衰弱しているため、国内で最も一般的な健康状態の1つとなっている。米国疾病管理センターは、一般市民の約15%、つまり5000万人以上のアメリカ人が何らかの形で耳鳴りを経験していると推定している。およそ2000万人が負担の大きい慢性的な耳鳴りと闘い、200万人が極端で衰弱した症例を持っている」

科学者や医師は、この症状や治療方法について、まだ理解を深めているところだと、バオ博士とスタンコビッチ博士は述べている。様々な原因が特定されており、急性で一時的な症状として経験する人もいれば、慢性で継続する人もいる。また、難聴になることもある。

耳鳴りの治療法として、エビデンスに基づいた治療薬はない。ホワイトノイズ療法で良い結果を得ている人もいる。炎症をターゲットにすることで、最良の治療法が得られるかもしれない、とバオ博士は述べた。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".