Sponsored link
NO IMAGE

河岡義裕 4000万人が死亡した1918年のインフルエンザ。この男はウイルスを再作成している

NO IMAGE
Sponsored link

河岡 義裕は、ウイルス学者、獣医師。学位は獣医学博士(北海道大学大学院・1983年)。東京大学名誉教授。ウィスコンシン大学マディソン校・教授、東京大学医科学研究所・教授を経て、東京大学特任教授。専門はインフルエンザ、エボラウイルス。

新ウイルスの生成
H5N1型を元にした新たなウイルスを生成したとされ、デイリー・メールオンラインによればそのウイルスは「4億人を死に至らしめることができる」と言われている。本人は「価値のある科学研究の一部だ」としているが、ウィスコンシン大の実験室の安全性の問題や、効果が出るワクチンが発見されていない事もあり、道義面で強い批判を浴びた。

ダン・ブラウンは小説『インフェルノ』で河岡の実験に言及した

https://ja.wikipedia.org/wiki/河岡義裕

こいつの実験で撒いてたろ

4000万人が死亡した1918年のインフルエンザ。この男はウイルスを再作成している
ウイルスは2ミリリットルのバイアル瓶に入れられ 摂氏マイナス80度に保たれた冷凍庫の中にある。その温度、その深さのディープフリーズでは、ウイルスはまるで琥珀のように保存され、待ち構えている。顕微鏡で見ると、それはまるで中世の戦闘兵器のようである。球状の物体に何十本もの小さなトゲが刺さっていて、複製するために作られた実際のウイルス、1918年のH1N1型、別名スペイン風邪、4000万人以上が死亡したと言われるパンデミックのようである。
この冷凍庫はコンクリートでできた部屋の中にあり、その外壁は18インチのコンクリートでできていて、鉄筋で隅々まで補強されている。研究の世界では、「箱の中の箱」と呼ばれる。入室はエアロック式の潜水艦型ドアから始まり、建物内には500個以上の警報装置が設置され、様々な機器に取り付けられ、関係ない人が入ろうとすると、24時間体制で施設を監視している安全担当者やキャンパス警察に通報できるようになっている。
冷凍庫、エアロック式ドア、警報装置-これらはすべて完璧に作動しなければならない。1,250万ドルをかけて建設されたインフルエンザ研究所では、完璧であることが最低条件なのだから。この施設はウィスコンシン大学マディソン校の郊外にあり、今年ファイナルフォーに進出したバスケットボールチーム、バジャーズの本拠地である。しかし、この建物は、そのようなことから1000マイルも離れているように見える。
そこで働く事務員でさえFBIの身元調査に合格しているというのに、研究所に入る職員は下着も含めて普段着をすべて脱ぐことを要求される。専用のスクラブを着て、靴の中にも外にも専用の下駄を履いて、研究所の外の控室に入る。実験室に入るには、専用の下駄と靴カバーが必要で、タイベック素材のジャンプスーツ、エアフィルター付きのフード付き呼吸器、使い捨てのタイベック手袋を2組装着しなければならない。
退出時には、決められた順番でそれらをすべて脱ぎ、石鹸と水を使った5分間のシャワーを浴び、その間にすべての開口部を洗い、鼻をかむことが義務付けられている。
ウイルスを保管する部屋はBSL-3-Agの施設で、この種の建物としては、1つか2つの特徴を持つにせよ、現存するものの中で最も安全な建物である。(この建物にはエボラ出血熱の研究施設もある)何一つ外に漏れることはない。
この研究所は2008年に設立され、河岡義裕教授(ウイルス学)が数カ月前に、スペイン風邪とほぼ同じインフルエンザウイルスを現代のインフルエンザ遺伝子から作り出すことに成功したという研究結果を発表している。この研究では、フェレットにウイルスを感染させ、その株を変異させ、呼吸器系の飛沫によって、つまり、くしゃみをした哺乳類からくしゃみをした哺乳類に感染しやすいようにしたのである。
建物の別の場所にある冷凍庫には、2009年に50万人近くを死亡させた豚インフルエンザの遺伝子を含むH5N1型ウイルスが保管されている。川岡はこのウイルスの研究成果を2012年に発表している。このウイルスは、非公開の科学会議から漏れた情報に基づき発表されたレポートによると、岩の周りを水が流れるように、人間の免疫力を簡単に逃がすように設計されているという。
そのような不浸透性の要塞の中で、なぜ彼はそんなことをしたのだろうか?
河岡は最初、この記事のために理由を説明することを拒んだ。結局、研究室の玄関近くの会議室で、大学の学科長立会いのもと、1時間だけ会うことになった。河岡と彼の部下は、面談が始まると落ち着かない様子だった。部長は、少し意気揚々と笑って、白い髭の下に痒みがあるようで、掻きたくもないようだった。河岡は両手をこすり合わせながら、閉じたノートパソコンを、まるで秘密を打ち明ける友人のように見つめていた。川岡は、自分がしたことを聞けば誰もがする質問、科学界の最高レベルにいる同僚でさえ公にする質問を待っているかのような表情だった。
河岡義裕は頭がおかしいのか?
彼の研究施設の同心円状の安全な輪の外では、そして快適なマディソンの外では-大学やウィスコンシン州の当局者は、他の追っ手を振り切るために1250万ドルの建物を建設するほど河岡を揺るぎなく支持している。この質問は、信憑性の度合いが異なる多くの人々によって討論されてきた。
H5N1ウイルスの研究は、ウイルスを再構築する方法を非常に正確に記述していたため、2012年に『ネイチャー』誌に掲載される予定だった研究の一部を一般に公開しないよう米国立衛生研究所の諮問委員会が勧告したほど物議を醸している。
6月に河岡と彼のチームは1918年型ウイルスの研究結果を『Cell Host & Microbe』誌に発表した。発表当日、多くの人がその結果を読む前に、『The Guardian』紙は 『科学者たちが「クレイジーで危険」な空気感染インフルエンザウイルスの作成を非難 』という見出しの記事を載せている。
その記事は、このウイルスを 「生命を脅かす」とし、元英国政府首席科学顧問のメイ卿の言葉を引用して、河岡の研究は 「絶対にクレイジーだ 」と言っている。フランスのパスツール研究所のサイモン・ウェイン・ホブソン氏は、この新聞に 「狂気の沙汰だ 」と言った。
異議を唱える科学者たちは、河岡の研究はニュルンベルク・コードの生物学的病原体の研究に関する規則に違反していると考えており、非天然の生物学的病原体を工学的に作ることは、実験室の事故でそれを放出し、ひいては災難を引き起こす可能性を生み出すと主張しているのである。彼らは、この研究の危険性は、止めなければならないほど危険なものだと考えている。
7月、The Independent紙は、川岡が新型インフルエンザ・ウイルスを開発し、それがマディソンにある彼の研究所から流出すると「人間の免疫システムを無防備にする」と主張する非公開の会議からの報告に基づく記事を掲載した。一日後、米Gizmodoはこの見出しの記事の要約へのリンクをツイートした。「科学者が全人類を殺せる新型インフルエンザウイルスを作成」
このような、不利な記事にリンクしたツイートが重なって、川岡のウイルスに関する研究は流行することになった。やがて、ツイートやブログ記事、その他あらゆる電子的な怒りが、ニワトリと同じくらい科学的知識を持つコミュニティを通じて広く拡散していった。
あるツィッターは、河岡を「独房に閉じ込めるべきだ」と言った。川岡のもとには、「このままでは仕事をやめることになる」という脅迫状が届くことがある。それをFBIに転送し、考えないようにしている。仕事のことだけを考えようとする。
結局のところ、彼のやることに論理的な終着点はないのだ。私たちの周りでは、いたるところで、さまざまな形でインフルエンザが流行しています。水鳥、特にアヒルはウイルスを媒介するが、症状が出ないことが多い。ほぼ一定の割合でウイルスを排出するが、そのほとんどは腸管からである。つまり、感染したアヒルが池で糞をすれば、池にインフルエンザを撒き散らすことになる。水鳥は水のあるところならどこにでもいるため、インフルエンザをどこにでも広げるだけでなく、より穏やかな型のインフルエンザを危険な型に変異させることも容易なのだ。
ここで、このようなことが起こるかもしれない一つの可能性を考えてみよう。例えば、H5N3型に感染したコガモ(学名Anas discors)がミシシッピー・フライウェイをマディソンからアーカンソーに向かい、池に降りて休息し排泄したとします。その時、岸辺にいた豚がH5N3型に感染し、鼻水、咳、微熱といった予備症状を呈した。間もなく、H1N1に感染したマガモがミズーリ州中部からミシシッピー・フライウェイに到着し、同じ池に上陸して排泄した。不幸にもH5N3に感染した豚が戻ってきて、今度はミズーリ州のカモのインフルエンザに感染してしまったのだ。
もし、その豚の体内で様々な条件が重なれば、2つのウイルスが1つに結合し、哺乳類が免疫を獲得していない新しいウイルスになるという珍しい現象が起こるかもしれない。この新型インフルエンザが空気を通じて生物から生物に感染するようになれば、パンデミックという言葉が使われるようになる。
このような事態を想定して、パンデミックを食い止める、あるいはパンデミックを起こさないための対策が、世界中の科学者たちによって進められているのである。しかし、インフルエンザは、1902年にウイルスが分離されるまでは、地球上に常に存在していたのである。インフルエンザが繁殖するのに必要なのは細胞だけである。
インフルエンザに含まれるヘマグルチニンと呼ばれるタンパク質は、頭部のような構造を形成し、細胞に付着して壁を突き破るという本質的な働きをする。そして、ウイルスは細胞に感染し、細胞の機械を使って自分のコピーを作り、細胞を殺す。多くの場合、感染は上気道系にとどまり、これが季節性インフルエンザと呼ばれるものだ。
しかし、まれに、ウイルスの突然変異の能力により、防御を破る方法を見つけることがある。その結果、変異した新型ウイルスはより毒性が強くなり、上気道系から多臓器に移動し、宿主を殺し、他の宿主に急速に広がる可能性が高くなるのだ。
インフルエンザは、水鳥のほか、鶏、豚、馬、犬など多くの動物種に自然感染する。例えば商業養鶏の場合、インフルエンザは一度に数百万羽の鳥を全滅させ、その結果、経済に何百万ドルもの損失を与えることになるので、経済的安定のためにもインフルエンザを制御しなければならない。動物に発生するインフルエンザの多くは人間にも感染し、種を超えて感染するものもあるため、獣医学の研究者が最前線に立つことになる。
河岡は、獣医学研究者である。筋肉、骨、血液、細胞など、動物の内部構造を知りたいと思い、獣医学を専攻した大学生の頃から、その魅力に取り付かれていた。大学院で実験や論文を重ね、研究熱心な獣医師となり、その分野での評価が高まっていた。
そして、世界的に有名なテネシー州メンフィスのセント・ジュード小児研究病院で14年間働き、幸運にもウィスコンシン大学マディソン校の教授に就任し、1997年から獣医学部で教授を務めている、と彼は言う。
東京大学でも教授職を務め、年に2〜3カ月間滞在し、世界各地で定期的に研究発表を行っている。2006年には、微生物学の世界ではノーベル賞に匹敵するロバート・コッホ賞を受賞した。微生物学の世界では、ノーベル賞に相当するロベルト・コッホ賞を2006年に受賞している。川岡は、もう何年前か思い出せないほど前の休暇以来、週7日、一日中働き続けているという。
58歳なのに、なぜか35歳には見えない。すらりとした体型で、目の下のたるみもなく、よく笑い、温かい笑みを浮かべている。結婚して長く、33歳になる息子は西海岸に住んでいる。通勤はトヨタ車で15分ほど。その間、女性ジャズボーカルの歌を聴くのが楽しみだ。毎朝、研究室の前に車を止め、カバンを持って出社するとき、天気の良さに目をやり、鳥の声に耳を傾けることもある。一日のうちで考えることは人一倍多いが、そのほとんどを自分の中に留めている。
インタビューが進むにつれて、河岡は話に身を乗り出し、生き生きとした表情を見せるようになる。自虐的なところが魅力的だ。新しいウイルスを作るのは奇跡的なことですか」と聞くと、彼は両手を上げて「妹には無理でした」と笑う。適切な訓練を受ければ、どんな科学者でも同じ研究をすることができる、と彼は言う。
長時間の勤務にもかかわらず、論争にもかかわらず、彼は自分の仕事が好きで、その最大の理由は楽しいからだと言う。そして、楽しいのは、新しいことを学ぶことだという。そして、その楽しさとは、新しいことを知ることだという。これ以上、人生に何を望むというのだ、と言わんばかりに彼は肩をすくめる。その代わり、「仕事が楽しくなくなったら、辞めます」と言う。
それでも、1918年のインフルエンザを再現することについての質問の核心には迫れない。なぜ?
Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!!

広告をブロックする拡張機能を使用していることを検知しました。これらの広告ブロッカーを無効にしてから更新してください。

ライターさんにご協力ください

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock