Sponsored link
NO IMAGE

副反応が強く不完全なmRNAなどの不純物が多いためmRNAワクチン国産化

NO IMAGE

mRNAワクチン国産化へ 大学発ベンチャー設立
2022/3/19 01:43

新型コロナウイルスで実用化された「メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン」を国内開発するため、名古屋大と京都府立医大は18日、大学発ベンチャー「クラフトンバイオテクノロジー」を3月1日付で設立したと発表した。数年以内に製造体制を確立し、安定供給することを目指す。

同社によると、mRNAワクチンは新型コロナで初めて実用化された。ただ国内で独自に開発されたものはなく、副反応が比較的強い上、不完全なmRNAなどの不純物が多いとの課題がある。

同社は、独自技術を使い、mRNAの純度が99・5%と既存品より高く、常温で保存できるといった特長があるワクチンを開発する方針。mRNAの構造を工夫することで、副反応も抑えられるという。

がんや遺伝性疾患の治療に使えるmRNA医薬品の開発にも取り組むとしている。https://www.sankei.com/article/20220319-3LS6IVBJAVJQDLXIGOOE7WUYLQ/

Sponsored link

副反応が比較的強い上、不完全なmRNAなどの不純物が多いゴミワクチンであると新聞社が認定

医師:でも打って!

「不完全なmRNA」mRNA自体が不純物だろ
どうしても遺伝子を改変したいらしく

国産のゴミワクチンを作りたいらしい

mRNA医薬開発へ、名古屋大が立ち上げたベンチャーの全容
3/19(土) 13:13配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/7a7f0fdaed5218ef1b74a2ae1cadc196508be469

名古屋大学大学院理学研究科の金承鶴特任教授は、メッセンジャーRNA(mRNA)医薬の研究・開発などを手がけるバイオベンチャーを立ち上げた。製造コストや工程数の削減など製造技術に強みを持ち、これらを生かして、まだ治療法が見つかっていない疾患に対する医薬品の開発に貢献する。生産技術と創薬探索基盤を確立するとともに、候補品(パイプライン)を拡充し、設立5年をめどに、ヒトで安全性や有効性を確認する臨床試験(治験)を複数進める計画。

1日付で名大のインキュベーション施設内にクラフトンバイオテクノロジー(名古屋市千種区)を設立している。代表取締役に金特任教授が就任し、取締役最高科学責任者(CSO)に同研究科の阿部洋教授、取締役最高医療責任者(CMO)に京都府立医科大学大学院医学研究科の内田智士准教授が就いた。

「まだ治療法が見つかっていない疾患に対する医薬品の開発」

まだ何一つ治してないだろ
絶対に治す気ないだろこいつら

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".