Sponsored link
NO IMAGE

政府分科会 尾身茂「結核予防会」代表理事に就任 モデルナ結核mRNAワクチン

NO IMAGE

政府分科会 尾身会長「結核予防会」代表理事に就任へ

2022年3月28日 16時27分 新型コロナウイルス対策にあたる政府の分科会の尾身茂会長は、今月末で独立行政法人「地域医療機能推進機構」の理事長を退任し、来月から公益財団法人「結核予防会」の代表理事に就任することになりました。

政府の新型コロナ対策分科会の尾身会長は、全国各地にある公的病院や介護福祉施設などを運営する独立行政法人「地域医療機能推進機構」の理事長を前身の組織を含めて10年間にわたって務めてきましたが、尾身会長自身が申し出て今月末で退任することが決まりました。 尾身会長は、来月1日付けで公益財団法人「結核予防会」の代表理事に就任することになったということです。

「結核予防会」は結核の研究や予防を目的に1939年に設立され、東京都内で病院や結核研究所、それに健診センターを運営しているほか、各都道府県に支部を設けています。 尾身会長は政府の分科会の会長は続けるということです。 NHKの取材に対して尾身会長は「結核は世界的に見ても、いまなお重要な感染症の一つだ。感染症に関わってきた今までの経験を、国内外の対策に生かしたい」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220328/k10013555591000.html
Sponsored link

ワクチン後遺症で結核

結核の予防と称して結核ワクチンか

ろくなもんじゃないな

人の健康奪ってカネ儲けがやめられない


モデルナが結核やマラリアなど「最も危険とされる感染症15種」に対するmRNAワクチンの開発計画を発表

2022年3月7日に、モデルナは新たに「チクングニア熱」「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」「クリミア・コンゴ出血熱」「デング熱」「エボラ出血熱」「HIV」「マラリア」「マールブルグ病」「ラッサ熱」「中東呼吸器症候群(MERS)」「ニパウイルス感染症」「リフトバレー熱」「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」「結核」「ジカウイルス感染症」という「世界保健機関(WHO)やアメリカ疾病予防管理センター(CDC)が最大の公衆衛生リスクとして扱っている病原体15種」に対するワクチンの開発を進め、2025年までに臨床試験を開始するという研究計画を発表しました。

https://gigazine.net/news/20220315-moderna-15-vaccine-program/

計画の一環でした

尾身茂とワクチンとカネ儲けはセット

結核の原因は結核菌ではなく、細胞を毒で破壊したことが原因。細胞内から流出した染色体が環境悪化で結核菌に変化する。医師と製薬会社が病気を作ってる。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".