ワクチンでウイルス病を引き起こす抗体依存性感染増強:新型コロナウイルス

Sponsored link

どう考えても胡散臭すぎるワクチン騒動。打って具合が悪くなりワクチンと死の結果の因果関係がないなどと薬屋は非を認めません。そんな健康維持に逆効果なワクチンですが、ワクチンが原因でウイルス病になってしまいます。そのメカニズムを確認します。

抗体依存性感染増強

抗体依存性感染増強とは、ウイルス粒子と不適切な抗体とが結合し、宿主細胞への侵入が促進され、ウイルス粒子が複製される現象とされています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%97%E4%BD%93%E4%BE%9D%E5%AD%98%E6%80%A7%E6%84%9F%E6%9F%93%E5%A2%97%E5%BC%B7

体を守るはずの抗体が、免疫細胞などへのウイルスの感染を促進。その後、ウイルスに感染した免疫細胞が暴走し、逆に症状を悪化させてしまうという本末転倒的な現象です。

ネコに感染するネココロナウイルス感染症でも、ウイルスに対する抗体を持ったネコが、再び同じウイルスに感染することで重症化するとの研究報告があります。抗体依存性感染増強の詳細なメカニズムについては明らかになっていません。

ウイルスが原因となる病気のメカニズム

ウイルスは赤血球に付着し、誘導作用を起こします。連鎖反応的に細胞原形質がウイルスに変化、外側から内側に化学変化が進み、同時に多数のウイルスが発生し、細胞の破壊でウイルスが分散します。細胞の死によってウイルスが発生します。これがウイルスが原因の病気のメカニズムです。

異物・毒物・血液の酸性化で病的細胞ができることがポイントです。

ウイルスが赤血球に付着

病的細胞ができる

細胞の破壊・死滅

ウイルスが発生・分散

ウイルスが赤血球に付着

繰り返し

健康体では発症しないことには注目です。ものが腐れば虫がわくメカニズムです。

ウイルス性の病気

日本脳炎
デング熱
黄熱
血清肝炎
狂犬病
天然痘
牛痘
ポリオ
おたふく風邪
腺熱
インフル
はしか

血清肝炎は、血液や血液成分が輸血された後に起こる肝炎です。注射器の使い回しが原因などとされていますが、他人の血液という異物を注入したのが原因です。「注射器の使い回しが悪い」は薬品を製造する会社が注射器を製造する会社と薬品を注入した医師に責任を押し付ける論法なのは明らかです。医学の問題を法律の問題にすり替えるのはよくありません。弁護士を山ほど雇って詭弁なんかを考えているから真実にたどり着けないのです。

このようにいまだに迷信レベルの理論が出回っているのが現代医学です。

感染しなくても環境の変化で体内にウイルスが自然発生しウイルス性の病気が引き起こされます。体外ばかりに気を取られて体内に目を向けないのだからオカルトといってもいいでしょう。

リケッチャ病

ダニ等の節足動物を媒介し、ヒトに発疹チフスあるいは各種リケッチア症を引き起こします。リケッチアの形状は1–4 µm の球状または桿体、あるいは連鎖状、繊維状です。

単独で増殖ができませず、増殖は宿主の血管内皮系の細胞内で行われます。宿主細胞の代謝低下時に最もよい増殖を示し、宿主細胞から取り出し単独におくと急速に死滅します。感染した血管には血栓が生じ、血管破裂、壊死を引き起こします。これが体のどこで起こるかは一定していません。

抵抗力が減退して細胞が死に近づくと発症するとされています。病的な細胞が解体する過程で発生すると推測されます。

毒物でウイルス病が作れる

自立神経を物理的に刺激を与える、または、毒素を塗布するとウイルスに感染しなくても病変を起こせます。この方法で、肺には粟粒結核病巣、腸には腸チフス・赤痢の病変を起こせることを実証されています。これが自立神経を過剰に刺激するレーリー現象とよばれるものです。

自立神経遮断剤で感染しなくなるといわれていますが、毒素を塗布することになり逆に悪化します。インフルの流行も医師と薬屋が毒物でウイルス病を作成してだだけです。ワクチン打たなきゃ流行は収まるのは当然の結果です。

感染という名前がもう時代遅れ

ワクチンによる抗体依存性感染増強は、毒物で病的な細胞を作り出し、解体する過程でウイルスが発生・分散したものと推測されます。ウイルス病は感染しなくても発症させることが可能、という現実を覚えておきましょう。飛沫手洗い鼻くそさんみつなどといばる専門家は中世のオカルト医学をいまだ必死に信奉中。免疫の暴走と騒いでりゃ自分が何をやっても怒られないと甘く見ています。

Sponsored link
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">