ワクチンによる二次被害、真のパンデミック開始、有害成分の拡散、スーパースプレッダーの誕生:新型コロナウイルス

Sponsored link

煽ってきたコロナの恐怖がワクチンによって現実化する。毒ちん接種が開始された以上茶番は終了。毒ちん拒否っても巻き添えを喰う危険性が出てきます。生物兵器だからです。免疫力を高めるていくことは絶対に必要。

ワクチン打って死んでもPCR陽性になるから「コロナで死んだ」で始末、事実は隠蔽されます。

ファイザー社の公式文書から

ワ〇〇ンには近づくな!ファイザー社の公式文書より

https://beforeitsnews.com/eu/2021/04/stay-away-from-the-vaxxed-it-is-official-from-pfizers-own-documents-2671454.html
https://media.tghn.org/medialibrary/2020/11/C4591001_Clinical_Protocol_Nov2020_Pfizer_BioNTech.pdf
エリートたちはすでに隠れ家に逃げ込んだ、ジェノサイドの公開。吸入しても皮膚に触れても、ワクチン中の物質は、ワクチン接種者から非接種者に伝わるとPFIZER社の資料が示す

1. ワクチンを接種していない男性が、ワクチンを接種した女性に触れたり、彼女が吸う空気を吸ったり(オフィスで彼女のそばを通るなど)、彼の妻とセックスした場合、彼の妻は有害事象を起こす可能性があり、彼女は子供を持つことを避けるべきである。

2. ワクチンを受けていない女性が、ワクチンを受けた女性に接触した場合、彼女は以下の可能性があります。

A:流産
B:自然流産
C:母乳を介して赤ちゃんを毒殺
D:先天性障害のある赤ちゃんを産む

これは世界共通で、とても悪いことです。私が英語に翻訳した文章の一部をご紹介します。

職業上の被曝

“8.3.5.3 職業上の被曝とは、ある人がワクチンの被検者と意図せずに直接接触し、それが有害事象の発生につながるかどうかに関わらず、発生することを言います。このような人には、医療従事者、家族、治験参加者の周りにいるその他の人が含まれることがあります。

このような暴露が起こった場合、関連する二次的な有害事象があるかどうかに関わらず、治験責任者はそれが起こったことに気付いてから24時間以内にファイザー社のsafteyに報告しなければなりません。この報告には、ワクチン二次有害事象報告書を使用する必要があります。この情報は研究に参加している参加者には関係しないため、この情報は研究とは別に保管されます。”

スーパースプレッダー

要約すると、ワクチン研究の参加者は、何かのスーパースプレッダーとなり、彼らはそれが何であるかを言いませんが、それは、ワクチンを受けた人々にさらされたときに、ワクチンを受けたことのない人々に二次的な有害事象を誘発します。

これは非常にまずいことで、この小さな引用文の中に、ワクチンを接種した女性と接触したワクチン未接種の男性が、ワクチンに含まれるものを別の女性にうつしてしまうと警告しています。

この文書の比較的小さな部分でも、ワクチンを接種していない人がワクチンを接種した人に接すると、自然流産や生殖器系の問題を引き起こすと書かれていますし、ワクチンを接種した母親の母乳は乳児に害を与える可能性があります。もし信じられない人がいたら、上のリンクをクリックして、その膨大で意図的に混乱させている文書を読み解いてください。皆さん、ワクチンは本当に命取りです。

ワクチンを受けた人を近づけてはいけません、これはもう公式です。

ここでは、この膨大な文書の一部を、ファイザー社から直接紹介します。

。before it’s news on telegram * get the telegram app – https://telegram.org
用語の説明

Study intervention – ワクチンを投与された被験者
AE – ワクチンを接種した人に発生した有害事象
SAE:ワクチンを接種した人に暴露された人の有害事象
EDP。妊娠中の曝露

8.3.5. 妊娠中または授乳中の曝露、および職業上の曝露 妊娠中または授乳中の試験介入への曝露、および職業上の曝露は、治験責任者が気付いてから24時間以内にファイザー安全性に報告される。

8.3.5.1. 妊娠中の曝露 以下の場合、EDP が発生します。
* 女性参加者が、試験介入を受けている間、または中止した後に妊娠していることが判明した場合。

* 8.3.5.1 妊娠中の曝露 EDPは以下の場合に発生する。
* 女性が、環境曝露により試験介入に曝露されている、または曝露された状態で妊娠していることが判明した場合。以下は、妊娠中の環境曝露の例です。

* 女性の家族または医療従事者が、吸入または皮膚接触により試験介入に曝露した後、妊娠していると報告した場合。

* 男性の家族または医療従事者が、吸入または皮膚接触により試験介入にさらされた後、妊娠前または妊娠前後にパートナーの女性に暴露した場合。

このワクチンが他の人に流出しないのであれば、なぜワクチンを接種した人としていない人の間の接触が注目すべき出来事なのでしょうか?

もしこのワクチンが他の人にうつらないのであれば、ワクチンを接種した女性のそばにいた男性は、たとえ彼女に触れたりセックスしたりしていなくても、別の女性が妊娠することを心配する必要があるのでしょうか?

それだけではなく、以下のように細かく、そしてはるかに悪いことが書かれています。

治験責任者は、SAEが発生したか否かにかかわらず、治験責任者が気付いた時点から24時間以内にEDPをファイザー安全性に報告しなければならない。最初に提出する情報には、出産予定日を含めること(妊娠終了に関連する情報については以下を参照)。

* 研究者は、参加者または参加者のパートナーにEDPが発生した場合、SAEが発生したかどうかにかかわらず、この情報をワクチンSAE報告書およびEDP補足報告書に記載してファイザー安全性に報告しなければなりません。妊娠の詳細は,試験介入の開始後,試験介入の最終投与から6カ月後までに収集される。

* 環境への曝露が原因でEDPが発生した場合、治験責任医師は、ワクチンSAE報告書およびEDP補足報告書を用いてファイザー安全性部に情報を報告する必要があります。

曝露情報は研究に登録した参加者には関係しないので、CRFには記録されないが、記入済みのワクチンSAE報告書のコピーは治験責任医師のサイトファイルに保管される。

結果が不明のEDP報告については、妊娠とその結果に関する一般的な情報を得るためにフォローアップを実施する。

治験責任医師は、妊娠が完了するまで(または妊娠が終了するまで)追跡調査を行い、最初のEDP補足フォームのフォローアップとして、結果をファイザー安全性に通知します。

出生した場合は、新生児の構造的完全性を出生時に評価することができる。妊娠終了の場合は、終了の理由を明記し、臨床的に可能であれば、終了した胎児の構造的完全性を肉眼で評価すべきである(ただし、処置前の検査結果が先天性異常の決定的なものであり、その所見が報告される場合を除く)。

妊娠の異常な結果はSAEとみなされる。妊娠の結果がSAEの基準を満たす場合(すなわち、子宮外妊娠、自然流産、子宮内胎児死亡、新生児死亡、または先天性異常)、治験責任医師はSAE報告の手順に従うべきである。SAEとしてファイザー安全性に報告される妊娠結果に関する追加情報は以下の通りです。

* 流産および中絶失敗を含む自然流産。

* 生後1ヵ月以内に発生した新生児の死亡は、因果関係を考慮せずにSAEとして報告する必要があります。また、生後1カ月以降の乳児死亡については、治験責任医師がその乳児死亡が治験介入に関連する、または関連する可能性があると評価した場合、SAEとして報告すべきである。

EDPに関する追加情報はスポンサーから要求されることがある。出生成績のさらなる追跡調査はケースバイケースで行われる(例:早産児の追跡調査で発達の遅れを確認する)。父親が被曝した場合、治験責任者は参加者に「妊娠中のパートナーへの情報提供書」を渡し、パートナーに渡してもらう。治験責任医師は、参加者がパートナーに渡すための妊娠中のパートナーの情報開示フォームを渡されたことを原資料に記録しなければならない。

授乳中の暴露

8.3.5.2. 授乳中の暴露 以下の場合、授乳中の暴露が発生する。
* 8.3.5.2 授乳中の暴露は以下の場合に発生します。

* 8.3.5.2 授乳中の被曝 授乳中の被曝は以下の場合に起こる。

授乳中の環境曝露の例としては、女性の家族または医療従事者が、吸入または皮膚接触により試験介入に曝露した後に授乳していると報告する場合が挙げられる。

治験責任者は、SAEが発生したかどうかにかかわらず、治験責任者が気付いてから24時間以内にファイザー安全性部に授乳中の暴露を報告しなければなりません。この情報は、ワクチンSAE報告書を使用して報告する必要があります。

授乳中の曝露が環境曝露の状況下で発生した場合、曝露情報は研究に登録した参加者には関係しないため、その情報はCRFには記録されません。ただし、記入済みのワクチン SAE 報告書のコピーは治験責任医師のサイトファイルに保管される。母乳育児中の女性への使用が特別に承認されたファイザー社の医薬品(ビタミン剤など)が、承認された使用方法に従って投与された場合は、授乳中の曝露報告書は作成されません。

しかし、乳児がそのような薬剤に関連したSAEを経験した場合、そのSAEは母乳育児中の曝露と一緒に報告されます。

ここからは、誰にでも理解できるわかりやすい部分です。

8.3.5.3. 職業上の曝露 職業上の曝露とは、ある人が試験介入物と予定外の直接接触をした場合に発生し、それが AE の発生につな がるかどうかはわからない。このような人には、医療従事者、家族、及び治験参加者のケアに関与するその他の役割が含まれる。

治験責任者は、関連するSAEの有無にかかわらず、治験責任者が気付いてから24時間以内にファイザー・セーフティに職業上の暴露を報告しなければなりません。

この情報は、ワクチンSAE報告書を用いて報告する必要があります。ただし、記入済みのワクチンSAE報告書のコピーは治験責任医師のサイトファイルに保管されます。

職業曝露は、ある人がワクチンの被検者と予定外の直接接触をしたときに発生し、それが有害事象の発生につながるかどうかはわかりません。このような人には、医療提供者、家族、および試験参加者の周囲にいるその他の人が含まれます。

このような暴露が起こった場合、関連する二次的な有害事象があるかどうかに関わらず、治験責任者はそれが起こったことに気付いてから24時間以内にファイザー社のsafteyに報告しなければなりません。

この報告は、ワクチン二次有害事象報告書を用いて行わなければなりません。その情報は研究に参加した被験者には関係ないので、その情報は研究から切り離されることになります。

これが、グリーンスクリーンのBidenの理由です。今は全員がグリーンスクリーンですが、Bidenを捕まえただけです。彼らがグリーンスクリーンでセットから作業しているのは、パンドラの箱を開けてしまい、すべてが終わるまで隠れるつもりだからです。だからこそ、多くの人がホワイトハウスには誰もおらず、彼らはセットから作業していて、実際にはそこにいないと主張しているのです。なぜなら、彼らはそこにいないからです。もし彼らがカメラに映ったとしても、彼らが言うような場所にはいないのです。

どんどん打ってどんどん広めてみんなで死のう

ファイザーはワクチンを打った人と接触した者を被曝者と扱っています。スーパースプレッダーとして感染を広める危険性があると指摘。フェーズが変わったのに気が付かずノーマスクチャレンジなどと遊んでいるとワクチン打った医療関係者や老人に移されてお陀仏かも。

自分は打たないからいいや
年寄りは殺しちゃえ

では済まないレベル。ワクチンパスポート欲しさに打つ奴、会社内での出世のために打つ奴なども出てきます。マスゴミに出てくる専門家はカネをもらって誰も危険性を語らず「安全です」とキモくニンマリ。ワクチン打ちから真のコロナパニックの開始です。

「他人などどうだっていい」ワクチンの危険性を語らず黙って逃げ出す兆候を医師の大量退職が示しています。専門家は義務を放棄し黙って難破船から逃げるだけのネズミです。

Sponsored link
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">