NO IMAGE

新コロワクチン騒動から逃れる創世記19章 

NO IMAGE

新コロワクチンから逃れるには聖書創世記19章を参考にするべきです。

もはや茶番ではない

https://www.churchofjesuschrist.org/study/scriptures/ot/gen/19?lang=jpn
12 ふたりはロトに言った、「ほかにあなたの身内の者がここにおりますか。あなたのむこ、むすこ、娘およびこの町におるあなたの身内の者を、皆ここから連れ出しなさい。

13 われわれがこの所を滅ほろぼそうとしているからです。人々の叫びが主の前まえに大きくなり、主はこの所を滅ほろぼすために、われわれをつかわされたのです

14 そこでロトは出でて行いって、その娘たちをめとるむこたちに告げて言いった、「立ってこの所から出でなさい。主がこの町を滅ぼされます」。しかしそれはむこたちには戯れごとに思えた

15 夜が明けて、み使いたちはロトを促して言った「立って、ここにいるあなたの妻とふたりの娘とを連れ出しなさい。そうしなければ、あなたもこの町の不義のために滅ぼされるでしょう」。

16 彼はためらっていたが、主は彼かれにあわれみを施ほどこされたので、かのふたりは彼の手と、その妻の手と、ふたりの娘の手を取とって連れ出だし、町の外に置おいた。

17 彼らを外に連れ出だした時そのひとりは言った、「のがれて、自分の命を救いなさい。うしろをふりかえって見てはならない。低地にはどこにも立たち止どまってはならない。山にのがれなさい。そうしなければ、あなたは滅びます」。

23 ロトがゾアルに着いた時、日は地の上にのぼった。

24 主は硫黄と火とを主の所ところすなわち天からソドムとゴモラの上に降ふらせて、

25 これらの町まちと、すべての低地と、その町々のすべての住民と、その地にはえている物を、ことごとく滅ぼされた。

26 しかしロトの妻はうしろを顧りみたので塩の柱になった

27 アブラハムは朝早く起き、さきに主の前まえに立った所ところに行いって、

28 ソドムとゴモラの方、および低地の全面をながめると、その地の煙が、かまどの煙のように立ちのぼっていた。

逃げるときに欲は捨てる、さもなくば死

低地にいる、うしろを顧りみたは、快適な都会に住みたいという欲望、ワクチンで利益が得られるという欲のことで、逃げるときには欲を捨てて逃げ出すしかないことになります。

新コロワクチンの真の危険性は、ワクチン打ってない者に感染させることにあります。

新コロワクチン接種には必ず利益がついてきます。商品券は典型。出世受験就職に有利など顧みてるとどうなるか。

危ないから逃げよう、なんて言ってると「むこたちには戯むれごとに思えた」

「ワクチンが危険?抗体ができてコロナ防げるでしょ!ばっかじゃないの?」
「あんた高卒でしょ高学歴じゃないでしょ!」
「茶番だよ、き・づ・け・よ!」
「ソースは?」

とアホやキ○ガイなどと罵られることでしょう。

逃げるときには欲は全部捨てろ
塩の柱になるぞわいはもう警告したからなあとは知らん

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!