NO IMAGE

本当によくできたコロナウイルス騒動とワクチンパンデミック

NO IMAGE

今のところこのコロナウイルス騒動は3段階に分けられています。その中のフェーズ2は茶番でした。

フェーズ1 武漢ウイルス騒動
フェーズ2 デマと茶番
フェーズ3 ワクチン騒動 接種者の毒超拡散

コロナ茶番説

茶番劇を1年以上に渡って続けましたがコロナが茶番である説を取るものに二種類いることがわかります。

コロナ茶番説A

まず一つ目は医療、製薬会社が信用できない。ワクチン危険

コロナ茶番説B

コロナ騒動は単なる茶番であって警戒しなくても大丈夫。集団免疫がー弱毒になったーなど言ってるタイプ。コロナが茶番であると言いながら医療やワクチンを信じているものである。

コロナ茶番説Bによって安心させられ、外を練り歩いてもOkと思い上がってしまう。コロナ茶番説Bによって自分は事情通であると自尊心が高まる。

警告を無視するようになり逃げない

コロナ茶番説にこだわってると、さんみつと言っても鼻で笑い警告を聞かなくなり、第3段階に切り替わった時点で逃げ遅れます。フェーズ1で疎開したのにフェーズ2で「やっぱり都会がいいわ」「逃げ損」と舞い戻りフェーズ3で巻き込まれる……

茶番を1年間に渡って続けたおかげで被害を拡大させる結果になります。

さんみつは逃げないでの意味

さんみつは逃げるなという意味である。密をさけろといいながら密から逃げろとは言ってない。むしろ逃げるな、留まれ、と言っています。

留まれば逃げるのが遅れる。防げるから逃げなくても大丈夫という暗示をかけました。マスクやアクリル板というお守りもってれば防げるよと。対策すれば逃げる必要ないし、結局大したことなかったと安心した瞬間

ワクチンパンデミックでお陀仏

マスクしようがしまいが逃げないと同じ結果なるだけ。

よーできてる

人工削減テロなら人口の多い場所でやるに決まっています。田舎でテロやっても無意味だし東京大阪が人口が多くワクチン大規模接種場もできる。これかソドムとゴモラであるのは間違いありません。

ソドム(ヘブライ語:סדום、英語:Sodom)とゴモラ(עמורה、Gomorrah)は、聖書に登場する都市。天からの硫黄と火によって滅ぼされたとされ、後代の預言者たちが言及している部分では、例外なくヤハウェの裁きによる滅びの象徴として用いられている。また、悪徳や頽廃の代名詞としても知られる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%89%E3%83%A0%E3%81%A8%E3%82%B4%E3%83%A2%E3%83%A9

都会狙いが人口削減に効果的

第3段階のコロナワクチン接種においては都会の最も危険です。人が密集しているのはもちろんのこと、自然がないので空気空気が汚く普通に暮らしているだけでも体調が悪くなります。

この状況でワクチンによるスーパースプレッダーがそこら辺を練り歩いた瞬間に感染が広がります。低い場所に集まる習性がある人間を一網打尽にすることが可能です。

どれくらいの被害になってしまうのでしょうか。
災害が重なるのでしょうか。

都会のどまんなかでワクチンの危険性をさけぶ

ワクチンの危険を声高に主張する者ですら、都会のど真ん中で叫んでいたりします。心の底から危険だなんて思っていないし、自分はワクチンを打たないから大丈夫、くらいにしか思っていないわけです。ただのワクチンだとナメてるのでしょうが。

データやエビデンス、ソースなんて言ってるアホンダラも続出。そんなのが出揃った時点で死体の山。学歴があればほるほど統計遊びに興じる癖がぬけません。高学歴の方々にどうでもいいクイズ出すと、うんうん唸って考え出すという笑い話がありますが、くだらないデータを与えておけばあーでもないこーでもないと考え出し、用意された結論を導き出して喜ぶだけです。

ワクチン接種者から感染させられるリスクを考えれば都会にいること自体が危険。自己顕示欲が強かったり目立ちたいといといった薄っぺらな欲望からワクチンの危険性を主張しているだけです。内心は大したことがないとタカをくくっている。

逃げ切れる?

大学病院の医師が100人ワクチン打ちたくなくて逃げたがマンション売ってまでド田舎まで逃げたわけではないでしょう。医師は都会の真ん中に住みたがる低俗な生物。退職しても逃げ切ってはいません。人の欲にまでつけ込んだ本当によくできたコロナウイルス騒動。40年もかけてねってきた作戦なのがよくわかります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!