Sponsored link
NO IMAGE

遺伝子組み換えおじさんビルゲイツ、蚊と遺伝子ドライブの二段攻撃

NO IMAGE
Sponsored link

人類の敵おじさんビルゲイツが暴れまくり。

マラリアが蚊を媒介して流行するぞ

マラリアによる死亡者数を減らすための重要なツール
https://www.theverge.com/2016/6/17/11965176/bill-gates-genetically-modified-mosquito-malaria-crispr

CRISPRとは、DNAを正確に編集することができる遺伝子の切り貼りツールです。また、いくつかのケースでは、研究者が導入した形質が大部分の場合、次の世代に確実に受け継がれるように設計されている、ジーンドライブと呼ばれる関連技術も採用しています。この技術は、自然に発生したDNAを特定し、子孫に引き継がれるようにするもので、マラリア抵抗性を蚊の集団に迅速に広めることができます。ゲイツ氏は、これこそがマラリアに対する強力な武器になると述べています。

“ゲイツ氏は、ボストンで開催される米国微生物学会での講演に先立ち、インタビューに応じ、「遺伝子ドライブは、今後3〜5年の間に、非常に有益な形で開発されると思います」と語った。”もちろん、それはマラリアによる死亡者数を減らすための重要なツールとなります」。

世界保健機関(WHO)によると、雌のアノフェレス蚊に刺されることで感染するマラリアは、毎年2億人以上が感染し、50万人近くが死亡していますが、そのほとんどが子どもたちです。そのため、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は、2014年にワクチン開発のために1億5,000万ドルの助成を行うなど、長年にわたってこの病気の対策に資源を投入してきました。

遺伝子組み換え技術が期待通りに機能すれば、マラリアだけでなく他の感染症に対しても有効な手段のひとつとなるでしょう。しかし、この技術の生の力は、新たな懸念ももたらします。種に対する予期せぬ副作用は、個体群やその生態系にも波及する。この事実は、遺伝子組み換え生物に対する一般の人々の不安を、すでに広まっているものをさらに悪化させる可能性がある。

CRISPRやジーンドライブの能力を考えると、これらの技術の使用を制限し、この分野の研究に新しいアプローチを求める政策立案者や科学者が増えてきている。また、MITのケビン・エスベルトをはじめとする一部の研究者は、実験室外や自然界での遺伝子ドライブの普及を制限するための技術的な安全装置を開発しています。これには、今月初めに発表された、数世代後には消えてしまう「デイジーチェーン」と呼ばれる遺伝子駆動も含まれます。

“この技術を開発するための新しい方法を開拓する必要があります」とエスベルトは昨年末にThe Vergeと電話で話した際に語っている。”そして、実験室で実験を始める前に、必ず公示と議論が行われるべきです。”

ゲイツ:蚊でマラリアになるから人間は遺伝子組み換えろ!

遺伝子を組み替えた蚊を放出するぞ

ビル・ゲイツの物議を醸す遺伝子組み換え蚊が実現
https://voi.id/ja/bernas/20052/bill-gates-controversial-genetically-engineered-mosquito-comes-true-ja
ビルゲイツの遺伝子蚊プロジェクトは、青信号を受け取りました。実験室のプロセスは承認されているだけではありません。当局はまた、フロリダで7億5000万の遺伝子組み換え蚊の放出を認可しました。論争は、このプロジェクトの開始以来、このプロジェクトに影を落としてきました。

8月、米国フロリダ州(US)の地方当局は、デング熱やジカウイルスなどの病気を媒介する蚊の数を減らすために遺伝子操作された7億5000万匹の蚊の放出を承認しました。 11月17日火曜日のBBCを引用して、プロジェクトは環境団体から強く抗議されました。

彼らは、蚊が解放された場合の意図しない結果について警告しました。あるグループは、この計画を一般市民のための「ジュラシックパーク実験」として非難した。

活動家は、生態系への損傷の可能性と、後で殺虫剤に耐えるハイブリッド、蚊の作成の可能性について警告します。しかし、関係する企業は、人や環境へのリスクはないと述べた。彼らの声明は、政府が支援する一連の研究に言及しています。

フロリダキーズで2021年までに蚊を放出する計画は、改変された蚊が連邦規制当局によって承認されてから数か月後になります。 5月、米国環境庁は、英国に本拠を置き、米国が運営する会社Oxitecに、OX5034として知られる遺伝子操作されたオスのネッタイシマカを生産することを許可しました。

遺伝子組み換え蚊で攻撃

専門家を使って蚊の危険を煽る

遺伝子ドライブ・遺伝子改変ワクチンで防げるインチキ薬で治るとデマ

繰り返す→犠牲者続出

予言自作自演おじさん

人をナメ腐りすぎ。

遺伝子組み換えおじさんビルゲイツ。人造蚊で攻撃し、治療薬と称して毒注入の2段戦法。ろくなもんじゃありません。

コロナ騒動で味をしめて、迷惑になることばっかり思いつきます。この男は予言だ予言だいって自分で予言を実行しようとするのが悪いクセです。

ビルゲイツは下っ端なんでしょう。一人でバカでかい会社作れるわけがありません。誰かの指示でやってる可能性があります。ビルゲイツは表向きに出てくるだけの存在として。

ゲイツ:「やれ」
スダレハゲ:「イエスマイロード!」

イエスマイロードは日本語で「御意」「はい、ご主人様」「かしこまりました」「さようでございます、お客様」「御意にございます」といった意味がありますhttps://career-find.jp/archives/175961

WHOなんてロクな組織ではありません。世界の貧困を救うとかいって世界中に毒ばらまいてるだけです。五輪開催において菅がビル・ゲイツにお伺いを立てるくらいですから、蚊攻撃もやってくる可能性は十分あります。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock