NO IMAGE

新型コロナワクチンで起こる眼疾患

NO IMAGE
Sponsored link

眼科医はコロナワクチンを糾弾する倫理的な義務を負うことになった、2万件の新たな眼疾患が報告される中で
by ljdevon // 2021-05-05

(https://www.afinalwarning.com/516051.html)

世界保健機関(WHO)は、わずか数カ月の間に、コロナワクチン接種後に発生した新たな眼の障害について、約2万件の報告を受けました。これらの報告には、303件の失明と1,625件の視覚障害が含まれています。

ヨーロッパの医薬品監視機関では、実験的なワクチンが発売されるまで、これほど深刻な目の障害の急増を記録したことはありませんでした。これらの報告はVigiBaseによって収集され、スウェーデンのウプサラにあるUppsala Monitoring Centreによって分析されました。

また、新たに発生した目の障害の約半数は、英国の有害事象報告システム「イエローカード」に追加報告されました。イエローカードは、この実験的な生ワクチンの研究で予想される有害事象の流入を監視するために設置されたものです。

2020年当時、ワクチンメーカーはすでに世界各国の政府と無責任な契約を結んでいました。これにより、賠償責任や説明責任のない大量のワクチン被害が可能になり、歴史的な世界規模のホロコーストの枠組みができあがったのです。

ワクチンによる傷害を正しく認識し、報告するために、眼科医はより多くのトレーニングを受ける必要がある

これらの実験的なワクチンは、バイオ兵器そのものに由来する炎症性スパイクタンパク質を生産するように人間の細胞を再プログラムすることで、全身に炎症を引き起こすように設計されています。

目の損傷は、この炎症の症状に過ぎず、毛細血管や自己免疫の問題など、より深刻な問題が起こる前兆です。ワクチンによって引き起こされる炎症状態は、眼科をはじめとする医療システム内の様々な業界に新たな収益源を提供します。ワクチン接種後の目の障害の証拠が増えているため、眼科医は倫理的にこれらのコロナワクチンを非難する義務があります。

このワクチンは、規模の大きい急性の目の損傷を引き起こしており、将来の目の障害やその他の健康問題の炎症の根本的な原因となっています。しかし、眼科医は、ワクチンによる傷害を認識し、診断し、報告するための適切な訓練を受けていません。

米国FDAがこれらの実験的な「ワクチン」に緊急使用許可を出したとき、特に目の障害については言及していませんでした。彼らのファクトシートでは、”ファイザーのコロナワクチンの広範な使用に伴い、深刻なものも含めた追加の副反応が明らかになる可能性がある “と警告しています。

英国のイエローカードシステムでは、ワクチンによる目の障害として、4,616件の激しい目の痛み、3,839件のかすみ目、1,808件の光不耐性、559件の複視などが挙げられています。これらの問題は、ワクチンが使用されるまでは流行していませんでした。目の問題の中には軽度のものもありますが、循環器系や神経系におけるより深刻な問題の兆候である可能性もあります。768件の目の炎症、731件の目のかゆみ、788件の眼球充血、459件の眼精疲労、400件のドライアイ、653件の流涙量の増加がありました。

コロナワクチンによるホロコーストは、人々の聴覚と視覚を破壊している

また、目の周りの腫れ(366件)、まぶたの腫れ(360件)、眼瞼浮腫(298件)、結膜出血または目の小さな血管の破損(236件)、眼窩周囲の浮腫(171件)、眼球出血(169件)など、より深刻な腫れの問題も記録されています。

腫れは、より深刻な脳、脊髄、または心血管の問題を示している可能性があります。血栓や神経系の障害は、一般的に報告されている有害事象です。眼の障害は、炎症がどの程度深刻なのかを理解するための機会となります。

眼科医は、ワクチンによって引き起こされる脳の腫れ、心血管障害、脳卒中の初期症状を見極め、患者がこれらの恐ろしいワクチンの犠牲者になる前に緊急治療を受けることができます。

ある33歳のパイロットは、ファイザー社のワクチンを接種した後、激しい偏頭痛と突然の視力障害に襲われました。痛みは首の後ろから頭蓋骨の下の方へと移動しました。痛みは数日間続き、めまい、吐き気、方向感覚の喪失、混乱、制御できないほどの震え、足の指や指のしびれを伴いました。最終的には医師の診断を受けました。

ファイザー社のコロナワクチンは、彼の脊髄と脳幹の圧力を高め、左内耳を破裂させ、視力を損傷していました。

ワクチン接種者はレディットサブグループで副反応を比較しています。

Fauciは、危険な生物兵器研究に対する米国の規制を回避するために、共産主義中国を利用したFERRETSの機能獲得研究を推し進め、資金を提供しました。

FDAはJ&Jのコロナウイルスワクチンに血栓の警告を追加する。

ワクチン接種者の25%が、軽度のものから生命を脅かすものまで、予防接種後の影響に苦しんでいるという研究結果が発表されました。

コロワクは失明リスクもある医者行っても治せないぞ
血液汚すと全身に悪影響が出る
同調圧力なんかで打つなよ
マスゴミ大手メディア専門家絶対言わない

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">