NO IMAGE

超迷惑なジョンズ・ホプキンズ大の人体実験につきあわされる

NO IMAGE
Sponsored link

コロナ騒動で何かと出てくるのでおなじみのジョンズ・ホプキンズ大学。

ジョンズ・ホプキンズ大学

ジョンズ・ホプキンズ大学(英語: Johns Hopkins University)は、メリーランド州ボルチモアに本部を置くアメリカ合衆国の私立大学である。1876年に設置された。世界屈指の医学部を有するアメリカ最難関大学の一つであり、脳神経外科学、心臓外科学、小児科学、児童精神医学などの学問を生み出した[1][2][3]。

附属のジョンズ・ホプキンズ病院は世界で最も優れた病院の一つとして認知されている[4]。また世界最古の公衆衛生大学院を有し、US Newsの格付けが開始されて以来ランキング1位を保っている。

医学部が最も有名で、10年以上US No.1ホスピタルの地位を継続してきたが、他学部においても各種の大学ランキングでは常に最上位に位置する名門校で、政財界から学術分野まで幅広い分野で指導的な人材を輩出しつづけている。ジョンズ・ホプキンズ大学 wiki

変態値70overの東狂大ですら狂った方ばかりだというのに、世界トップ大ですから発狂具合も半端ではありません。頭がいいと誤解した世界中のキチguyを入学させまくった結果、迷惑なインチキワクチンを作成しバラマキ。死者病人多数。

その大学で作ったパンフです。一部を抜粋し翻訳してみました。面白いのでご覧ください。

https://jhsphcenterforhealthsecurity.s3.amazonaws.com/181009-gcbr-tech-report.pdf

感染症の緊急事態は、ほとんど何も知らされずに発生し、健康や社会に深刻な悪影響を及ぼし、それが持続することがあります。

前世紀には、5,000万人から1億人の死者を出した1918年のインフルエンザの大流行、致死性のSARSやMERSコロナウイルスの出現、2万8,000人以上の患者と1万1,000人以上の死者を出し、その地域に壊滅的な影響を与えた2013年から2016年にかけての西アフリカでのエボラ出血熱の流行などの世界的な緊急事態が発生していますが、これらはほんの一例です。

感染症の緊急事態の一部として、グローバル・カタストロフィック・バイオロジカル・リスク(GCBR)は、自然に発生したものであれ、再発生したものであれ、生物学的病原体が関与する特別なリスクのカテゴリーです。

-自然に発生したものであれ、再発生したものであれ、意図的に作られて放出されたものであれ、実験室で作られて逃亡したものであれ、国家機関や国際機関、民間企業の総合力では制御できないような、突発的で異常な広範囲にわたる災害を引き起こす可能性があります。

稀なケースではありますが、深刻なパンデミックやGCB事象のリスクは 気候変動、人口増加、都市化、急速な人口増加などの要因により、深刻なパンデミックやGCBイベントのリスクは高まっています。都市化が進み、世界各地への移動が急速に 手頃な価格で世界中を旅行できるようになったからです。

さらには バイオテクノロジーの進歩により さらに、バイオテクノロジーの進歩により、生物学的な操作をより簡単に、より対象を絞って さらに、バイオテクノロジーの進歩により、生物学的な操作が容易になり また、バイオテクノロジーの進歩により、生物学的な操作が容易になり、微生物が悪用される可能性や 微生物が悪用されたり、偶然にもパンデミックの原因となったりする可能性が その結果、微生物が悪用されたり、偶発的にパンデミックの原因となったりする可能性が高まります。

しかし、バイオテクノロジーは 社会的なリスクもあります。ここで紹介した技術への投資 ここで紹介した技術やその他の技術への投資は 世界を守るためには 壊滅的な生物学的脅威から世界を守るためには、壊滅的な生物学的事象から世界を守るために ここで紹介した技術などへの投資は、壊滅的な生物学的事象から世界を守るための重要な要素です。思慮深く適用すれば テクノロジーは 新しい生物学的問題を認識して対処する能力を 生物学的問題を認識し、対処する能力を向上させることができます。

(中略)
管理のためのワクチン用マイクロアレイ・パッチ

マイクロアレイパッチ(MAP) パッチ(MAP)は新しいワクチン投与技術です。集団予防接種の実施を近代化する可能性を秘めています。
大規模な予防接種キャンペーンの実施を近代化する可能性がある キャンペーンを近代化する可能性を秘めています。

広く普及することで MAP技術が広く採用されれば、集団の予防接種を完了するまでの時間が大幅に短縮されます。緊急時の自己投与を可能にすることで、予防接種の完了までの時間を大幅に短縮することができます。

セルフ・スプレッディング・ワクチン
自己拡散型ワクチン:自己拡散型ワクチンは、遺伝子操作により 集団の中を移動するように遺伝子操作された伝染病のように集団の中を移動するように遺伝子操作された、病気を引き起こすのではなく、保護を与えるものです。

そのためビジョンは、対象となる集団の中の少数の 対象となる集団の ワクチンを接種することができ、そのワクチン株が集団の中で循環することで ウィルスのように集団内を循環し、病原性ウイルスのように集団の中で循環し、急速に免疫を獲得することができます。

ワクチン接種のための摂取可能なバクテリア
バクテリアは遺伝子操作により 抗原を作るように遺伝子操作されたバクテリアが、ヒトのワクチンの役割を果たします。懸念される病原体に対する免疫を誘発します。懸念される病原体に対する免疫を誘発します。

これらのバクテリアは 温度変化に強いカプセルの中に温度安定性のあるカプセルに入れておくことで パンデミックの際には自己投与が可能です。パンデミックの際には自己投与が可能です。

Self-Amplifying mRNAワクチン

SAMワクチンは、改変されたウイルスのゲノムにポジティブセンス 人間の翻訳機で認識できるポジティブセンスRNAを使用します。

ヒトの細胞内に投与されると SAMは翻訳され、2つのつのタンパク質を作ります:免疫反応を促進する抗原とワクチンを細胞内で増幅するためのウイルスレプリカーゼです。

このSAMの自己複製能力の結果、より強く、広く、他のワクチンに比べて効果的に体液性・細胞性免疫反応を引き起こします。

この効果的な免疫反応で打った奴がバタバタ死んでいきます。ワクチン拒否しても、遺伝子操作された伝染病のように集団の中を移動するように急速に拡散し、欲しくもない免疫反応で体調不良になるわけです。

自己拡散型、自己増幅型ワクチンはここの研究でした。自作自演です。自分で感染症騒ぎを引き起こし、研究した人口削減ワクチンを使おうってことです。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">