Sponsored link
NO IMAGE

新型コロナワクチンの自己複製能力

NO IMAGE
Sponsored link

このワクチンには、ワクチンを打った人が他人に移す自己拡散能力と、自分で勝手にスパイクタンパク質を増やす自己複製能力が指摘されています。ここでは自己複製能力についてみていきます。

自己複製能力

ワクチンを打つと、体内にワクチンの成分がある限り、スパイクタンパク質を産生しつづけることになります。ヒトの細胞内に入り、スパイクタンパク質を作り、細胞内で増幅していくのです。

ということは、 ワクチンを打ってすぐに死ななくても、後になってからスパイク蛋白が生み出されて死亡する例も出てくるということです。

猫が2年で死んだ実験が有名ですが、2年は生きたわけです。

即死せず、副作用がないからと安心した矢先、1年から2年くらい経過した後に急に具合が悪くなった、という人が続出する可能性もあります。

馬鹿な専門家が痛くないなどとと騒いでいますが、打てばいつ死ぬかわからない時限爆弾を抱えることになるのです。

コロナワクチンのこの自己複製能力を説明しない専門家は一体何のつもりなのでしょうか?

コロナワクチンの仕組みも性質も調べることもなく、成分も一切語らない専門家の方々。安全だの痛くないだのと騒いでいますが、調べれば調べるほどこんなものが安全であるわけがないのがわかります。

しかも、このワクチンを打って何の効果を得たいのかもさっぱり分かりません。感染を抑える効果は確認されていない、と説明書には書いてあります。感染を広げて、治らないようにするだけの生物兵器です。ただ人々を殺しまくって人口を削減するだけの、百害あって一利なしのゴミとしか言いようがありません 。

あれほど怖いと煽ってたコロナウイルスを、実際にワクチンで作ろうとしているだけなのを理解できず、予約や大規模接種に殺到する老人など、すでに死んでいるといっても過言ではありません。

カネに飛びついて後がタイヘン

医師の方々は毒ワクチン打ちに加担すると1日あたり10万円以上の高い収入を得ることができるそうで、コロナワクチンを接種することに決めた病院も、多額の金銭が病院に振り込まれるようです。

何の価値もないどころか、マイナスの仕事で高給が得られるヤバさを欲深い人間どもは理解できません。悪魔に魂を売ったことになり、 カルマが甚大ではないほど大きくなり悩まされることになるでしょう。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock