NO IMAGE

コロナウイルスワクチン接種後に心筋炎

NO IMAGE
Sponsored link

コロナウイルスワクチン接種後の心臓病

米国で少数の若者がコロナウイルスワクチン接種後に心筋炎を報告、CDCが調査
2021年5月24日
https://ycnews.com/a-small-number-of-young-people-in-the-united-states-reported-myocarditis-after-receiving-the-coronavirus-vaccine-the-cdc-investigated/
2021年5月24日 米国疾病対策予防センター(CDC)は、コロナウイルスワクチンを接種した後に心臓疾患を報告した少数の若者や青年を調査している、と米国が報告した。

CDCのコロナウイルスワクチン安全性技術作業部会は、現在、ワクチン接種後の若者の心筋炎の報告は「比較的少ない」とし、「ほとんどのケースは軽度である」と報告していますが、この問題については、依然としてワクチン提供者とコミュニケーションをとるべきであると述べています。

CDCによると、心臓の問題は、モドナー社やファイザー社が製造したmRNAワクチンに関連している可能性があるという。

心筋炎は主に思春期や若年層で報告され、女性よりも男性に多く、通常は2回目の注射の4日後くらいに発症します。

CDCの新冠ワクチン安全性技術作業部会は、5月17日の会合でこの問題を議論しました。

FDAは、ファイザー社が2,000人以上の米国の10代のボランティアを対象にワクチンをテストした後、今月初めにファイザー社の使用を承認しました。

モドナー社もティーンエイジャーによる使用の認可を求めており、同社によれば、12歳から17歳までの人を対象とした試験で、同社のワクチンの安全性と有効性が確認されているという。

医学雑誌「StatPearls」に掲載された2020年の研究によると、毎年約150万人が心筋炎を発症しており、人口10万人あたり10~20人の発症率に相当します。

ウイルス感染が最も一般的な原因ですが、細菌やがん、環境毒素への暴露も心筋炎の原因となります。

米国防総省は先月、予防接種が原因と思われる軍人の心筋炎14例を調査していると発表した。

CDCのマイケル・ウォレンスキー所長「関係ない!」

CDCのマイケル・ウォレンスキー所長は、ワクチンと心臓病や心筋炎との間に関連性は認められないと述べています。

“我々はまだ何のシグナルも見ていません。実際、我々は2億回以上のワクチン接種で意図的に探しました。” バレンスキー氏は、4月27日に行われたホワイトハウスでの感染症に関するブリーフィングでこのように述べました。

現在、米国では1億6200万人以上が少なくとも1回のコロナウイルスワクチンの接種を受けています。CDCによると、12歳から18歳までの約460万人が少なくとも1回のワクチンを接種している。

CDCは、コロナウイルスワクチンを接種した後、若年層の心筋炎の発生率は「予想されるベースラインの発生率と変わらない」と指摘しています。

一部の医師や健康専門家は、新型コロナウイルスが心筋炎やその他の心臓障害を引き起こす可能性があると考えていますが、その関連性はまだ研究中です。

(4)
症状の概要
接種日時:令和3年3月 25 日午前 11 時 39 分頃
発生日時:令和3年4月8日午前0時過ぎ
死 因 等:心室細動

要:令和3年4月8日午前0時過ぎ、就寝中に呼吸停止状態で発見された。
心肺蘇生法が開始されるとともに、接種医療機関とは別の医療機関へ搬送された。心肺蘇生法は続けられたが死亡。家族からの情報によると死因は心室細動とのこと。
既往歴として、逆流性食道炎があった(令和3年1月8日から 24 日)。
本剤接種前の2週間以内に、他に医薬品は服用していなかった。また、本剤接種前の4週間以内に他のワクチンを接種していなかった。
令和3年1月 21 日、ホルター心電図を含む臨床検査を受けたところ、洞性頻脈 VPC は少数であり、明らかな ST-T の変化は見られなかった。
(5)
ワクチン接種との因果関係(報告者の評価)
評価不能
報告者意見:なし
他要因の可能性の有無:不明
(6)
専門家の評価
○因果関係評価:γ
○専門家コメント:なし

(事例 48)
(1)
患者背景
79 歳の男性
(2)
接種されたワクチンについて
ファイザー株式会社「コミナティ筋注」
80
ロット番号:EW4811接種回数1回目
(3)
基礎疾患等
基礎疾患:心房細動、ワーファリン内服中
(4)
症状の概要
接種日時:令和3年4月 30 日午後 18 時 00 分頃
発生日時:令和3年5月5日午後 23 時 00 分頃
死 因 等:急性心筋梗塞、脳梗塞

要:令和3年4月 30 日午後 18 時頃、コミナティを左上腕に筋注。接種6時
間後の5月1日午前0時頃から耐えがたい胸部圧迫感あり、午前 7 時来院。心
電図、心房細動、心拍数 82。V5-0.04mV ST 低下あり。狭心症疑い、ミオコールスプレー2puff 行う。胸痛軽減するが、胸部違和感残存。採血で AST 112。
LDH 361、CPK 1110 と筋酵素上昇。トロポニン T(+)のため、別医療機関に相談。急性心筋梗塞疑いでヘリ搬送。心電図、心エコー所見で急性側壁急性心筋
梗塞の診断。保存的加療。5 月 5 日早朝、左中大脳動脈血栓性脳梗塞発症。広範囲梗塞のため、tPA 投与できず、脳ヘルニアが原因と考えられる心肺停止で、5月5日午後 23 時 59 分永眠。
(5)
ワクチン接種との因果関係(報告者の評価)
評価不能
報告者意見:コミナティ接種と急性心筋梗塞、その後の血栓性脳梗塞については、
経時的には関連ありそうな印象。
他要因の可能性の有無:有(基礎疾患(心房細動))
(6)
専門家の評価
○因果関係評価:γ
○専門家コメント:心筋梗塞直接の死因となった脳梗塞については、基礎疾患であ
る心房細動の関与が疑われるが、ワーファリンによる治療状況の詳細は不明である。ワクチン接種と心筋梗塞発症および脳梗塞発症の因果関係は評価不能である。

専門家「関係ねえ!」

老若男女すべてにおすすめできません。
老人いらない薬飲みすぎ。医者が飲ませすぎ。
ワクチン効くって言った奴は名前を石に刻んどけ。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">