NO IMAGE

インチキエイズ薬の父リュック・モンタニエがいまさら毒チンの危険性を訴える

NO IMAGE
Sponsored link

いまさらコロナワクチンの危険性を訴える爺さん。権威大好きっ子たちが祭り上げはじめました。ノーベルっていうとすぐに飛びつく哀れな子羊。

コロナワクチンが危険なのはもっともですが、その立場に問題がある方です。

コヴィドのワクチンを接種した人はみんな死ぬ、フランスのウイルス学者が警告
2021-05-25
https://www.afinalwarning.com/521530.html
武漢コロナウイルス(Covid-19)の注射を受けた人が長期的に生存する可能性はない、とフランスの代表的なウイルス学者リュック・モンタニエ氏は述べています。中国製ウイルスの注射を受けた人は全員死ぬだろうと、最近のインタビューで述べたと報じられています。

「すでにワクチンを接種した人には、希望も治療法もありません」とモンタニエ氏は明言しています。「遺体を火葬する準備をしなければなりません」

モンタニエ氏は、注射に含まれる成分とその作用を詳しく調べた結果「注射を受けた人は、いずれ抗体依存性増強(ADE)によって死ぬ」という結論に達しました。

ところで、モンタニエ氏はHIVを最初に発見した人物として知られており、昨年の春、武漢のインフルエンザには自己免疫疾患を引き起こすウイルスのDNAを人工的にスプライシングしたものが含まれていると警告していた。

また、昨年の春には、武漢風邪には自己免疫力を高めるウイルスのDNAが人為的に継ぎ足されていると警告している。モンタニエ氏は昨年「コロナウイルスのゲノムにHIVやマラリアの病原菌の要素が含まれていることは非常に疑わしく、このウイルスの特徴は自然に生じたものではない」とも述べている。彼が正しかったことがわかった。

この発言に問題はありません。

死ぬ前に善行でも積んでおこうかな、って感じでしょうか。

HIVを発見?

リュック・アントワーヌ・モンタニエは、フランスのウイルス学者である。アンドル県シャブリ生まれ。パスツール研究所に在籍した。

1983年、HIVを発見した。

2008年、フランソワーズ・バレ=シヌシ及びハラルド・ツア・ハウゼンと共にノーベル生理学・医学賞を授与された。

しかし、当時HIVの発見に関しては米国のメリーランド大学ヒトウイルス学研究所のロバート・ギャロとの間でどちらが最初の発見者かの争議もあり、米仏両政府を巻き込んで政治問題化しかけた経緯もあるが、ギャロは受賞対象外となった。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%82%A8

免疫力低下した患者の体内から自然発生したウイルスをHIVの原因と発表。エイズ薬が開発され、薬害が引き起こされます。

免疫力が低下した「結果」発生したウイルスを「原因」と騒ぎノーベル賞受賞。

存在しない病気をでっちあげで治療薬で薬害を広めてカネを巻き上げてきた本人が、存在の確認されていないウイルスのワクチンが毒だと騒いでいるのですから結構笑える状況です。

エイズ詐欺

エイズという怖い病気があると煽る

インフルワクチン等で抗体を作る

インチキ検査で抗体を発見

エイズと診断

治療薬ぶっこむ

免疫力低下は血液の酸性化が原因です。異物や薬物投与でも血液が汚れて酸性化します。ウイルス駆除より血液の酸性化を止めることです。薬品ではムリです。ウイルスを殺しても体調不良になるだけ。

アルカリ性食品・重曹・クエン酸サイクルの活性化・骨の強化は血液の酸性化を止め弱アルカリ性に戻します。馬鹿みたいに高い健康食品などいりません。

血液の酸性化 (原因)

細胞の腐敗

細菌・ウイルス発生 (結果)

結果を消滅させても原因がある限り結果は発生し続けます。この方の発見にたいした意味はありません。

「エイズウイルスをみたことないんだけど」キャリー・マリス

キャリー・マリスは、エイズはない、エイズウイルスを発見したことがないと言っています。

巨大な金がかかってますね、連邦政府の。モンタニエを招いて講演です。その後、ワインにチーズにと。私は後で、モンタニエのところに行き、言ったわけです。「ドクター・モンタニエ、私は。。。リファレンスを見つけられないんです。宣言するためのリファレンスが見つかりません」。「HIVがエイズの原因としてありそうだ」との。「助けてくれますよね?」
https://www.jimakudaio.com/post-6822

本当のことを言ってしまい、コロナ騒動では邪魔になるのでぶっ殺されます。急死という不自然な形で。

リュック・モンタニエはパスツール研究所に在籍していたようです。

パスツール研究所は、フランスのパリにある、生物学・医学研究を行う非営利民間研究機関であり、又PSL研究大学の機関である。

ルイ・パスツールが狂犬病ワクチンを開発し、1887年に開設した。微生物、感染症、ワクチンなどの基礎・応用研究の他、高等教育も行う。伝統的に微生物学や病原微生物研究が盛んである。近年ではヒト免疫不全ウイルス(HIV)の単離などの業績が有名である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

そもそも、コロナ騒動の元凶になっているのがパスツールです。

PCR詐欺とウイルス自然発生否定

コロナ騒動の混乱は、ウイルス自然発生説を否定したことから始まります。

自然発生説
自然発生説とは、生物が親無しで無生物(物質)から一挙に生まれることがあるとする、生命の起源に関する説の1つである。偶然発生説とも呼ばれる。

一般にアリストテレスが初めに提唱し、以降長きにわたり広く信じられてきた[1]。17世紀のフランチェスコ・レディによる対照実験(レディの実験)を皮切りに、自然発生説を否定する科学的実証が始まり、19世紀のルイ・パスツールの実験によってほぼ完全に否定された。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E7%84%B6%E7%99%BA%E7%94%9F%E8%AA%AC

この実験がかなり適当だった模様。ずさんな実験でそそくさと定説にしてしまいました。製薬会社の利益が絡んでいたのでしょう。

この自然発生説否定が、PCR詐欺・殺菌詐欺の元凶となっています。スペイン風邪のときもこれで騙され、100年たっても同じ方法で学者風情が騙されるわけです。

学者は宗教信仰ウイルス妄想

疲れたり年取るとウイルスが体内から湧いてでてきて、PCR検査が反応し、ハイあんた陽性、という詐欺です。ワクチン打つと異物で血液が汚れてウイルス発生、PCR陽性になり「ワクチン打ったのにコロナにかかった」「ワクチン後にコロナ死変異種死だぁ」と高学歴の馬鹿が騒ぎます。

感染してもいないのに体内から発生したウイルスで感染したことにされるわけです。これは科学ではなく宗教です。PCRという魔女狩りを真面目にやってるいるのです。

陽性になっても健康でやることないんで寝てるだけ、になります。具合の悪くなった方は別の原因です。

PCRを続ければ、人間の体内からウイルスは勝手に生まれるのでいつまでもコロナ騒動を継続できる寸法です。感染防対策・さんみつなどは無意味だったのです。自然発生説を知らない学者が「だまされないで正しい知識を、私を信じて!」と嘘をばらまくわけなのでした。

ワクチンのスーパースプレッダーに関してはこの限りではありませんが。生物兵器ワクチン拡散はすでに別の騒動です。

お前が言うな

殺菌消毒をいくらしても食中毒は発生します。親なして細菌・ウイルスが生まれているのです。殺菌消毒すると一時的にはいなくなりますが、後からよけい繁殖するのが現実です。

ウイルスが感染なしで発生しないと嘘を広め、薬で殺すと病気にならない、と薬屋の宣伝が繰り返されてきました。薬屋の広告塔となり利益を得たのがリュック・モンタニエです。

薬で免疫力低下、抗生物質・抗ウイルス薬は無意味。パスツールのインチキ説を利用した薬害。インチキ病、インチキ薬の父がワクチン否定する皮肉、目くそ鼻くその争いとなったのでした。HIV・AIDS関連はどんな有名な学者が出てこようがガセネタであると疑いましょう。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">