NO IMAGE

コロナワクチンは男性狙い

NO IMAGE
Sponsored link

新型コロナウイルスとよばれるものには、睾丸に集中しやすく、男性が重症化しやすいという性質があるといわれていました。

その新型コロナウイルスとよばれるものをワクチンで実際に作るわけですから、コロナワクチンも同じ性質を備えていると予想できます。

アンジオテンシン2受容体と睾丸

睾丸にはアンジオテンシン2受容体が多く存在し、ここを狙うのがコロナワクチンだと予想がつきます。

アンジオテンシン変換酵素とは不活性体であるアンジオテンシンIを、生理活性を持つアンジオテンシンII に変換する反応を触媒する酵素である。
wiki アンジオテンシン変換酵素

アンジオテンシン変換酵素はその活性中心に亜鉛を有するメタロプロテアーゼの一種であり、細胞膜上に存在する。

ACEには2つの異なるタイプが存在し、それぞれ somatic ACE (sACE) と germinal ACE (gACE) と呼ばれる。sACEは全身の細胞に広く分布するのに対して、gACEは発現している組織が限られており、精巣に発現していることが知られている。

ワクチンは男性に特に多い酵素gACEを媒介します。

ワクチン注入

睾丸で自己増幅

発症する

男性は女性にくらべて少し遅れて発症し、症状が大きくなることも予想できます。男にはタマったものではありません。女性の不正出血は異物を排出するために行われていますが、男性にこの機能は存在せず、ワクチンの成分を強制排出できません。

出血は異物毒物を排出するために起こる現象で、下痢や嘔吐とも目的は同じです。出血が悪いのではなく出血するような薬品を入れるのが悪いわけです。これを理解できない医師は、症状は全て悪、悪である出血を止めようとして悪化を招きます。異物薬物での体調不良は薬品を出すしかないのですが、現代のお薬医師には理解できません。女性は出せるだけまだマシで、男性は出せません。どっちにしろロクなものではありませんが。

だれもが恐怖した症例46の発狂した患者は、まだ若い精巣の働きの活発な20代男性でした。派手に発症したものと推測されます。

ワクチン注入

不正出血

キャー

報告

ワクチン注入

タマが痛いとは恥ずかしくて言えん

睾丸でスパイクタンパク増殖

そのまま死亡

報告できない

専門家:女性は副反応に気をつけて!
男性は副反応ないからどんどん打って!

専門家の狙いとは

政府は女性の副反応例ばかりをわざと主張。8割が女性です。明らかに数字が少なすぎます。

ワクチン接種医が因果関係を認めず報告しない例が指摘されています。専門家が都合いい症例ばかりを目立たせようとするのは目に見えています。

女性が悪化しやすいと嘘のデータを作成するわけです。そうすれば女性が怯えてワクチンを拒否しますが男性はそんなに悪化しないという暗示をかけて男性を安心させてだまします。そして男性にワクチン打たせて断種&殺害の実行です。

女狙いとみせかけて本当の狙いは男でした。統計を真に受けてはいけません。女性より男性の生殖機能を破壊したほうが人口削減の効率がいいとの判断でしょう。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">