NO IMAGE

コロナ騒動に妙に推されているイベルメクチン。期待しないほうがいいでしょう。

この騒動の本質を掴んでいるならば矛盾した存在であることが理解できます。
はっきりいって効きません。

何の役にも立たぬもの、が正確な見解です。

ワクチンの大惨劇すり替え

ワクチンの大惨劇をイベルメクチン効いた〜でゴマカスためのプランBと予想できます。周到に用意された選択肢です。

PCR詐欺

コロナワクチンハザード

イべルメクチン詐欺

ワクチンによりバイオハザードが発生。恐怖に怯えた国民はイべルメクチンに飛びつきます。

体内の自分の細胞から生まれたウイルスに効く薬って何なのでしょうか。

自分の細胞から生まれたウイルスを駆除してもムダです。

新種の抗生物質といったところでしょうか。体内から自分の細胞から生まれたウイルスが湧いて出てくるわけですが、

ウイルス発生の原因は、血液の酸性化血液に異物や毒を注入し細胞が破壊されたことにあります。

血液の酸性化を止めることであって、ウイルスを殺すことではありません。原因を除去したことにはなりません。ムダな薬品で血液が汚れるだけで免疫力はムダに低下します。免疫力は血液のきれいさに比例します。

専門家のいう免疫の暴走とは血液を毒物で汚したことを意味し、免疫ではなく薬品が悪いのです。専門家は死の結果と薬品と因果関係ないと逃げ回りますが、金もらって責任逃れているだけです。

ワクチンのように血を吐いて死ぬことはありませんが、たいした結果にはならないでしょう。溺れるものはわらをもつかむ、ワクチンの次に用意された2本めのわらです。

抗生物質を飲んでも意味がない、というのも、体内にある自分の細胞が破壊されて生まれたウイルスを撃退しても意味がない、というのが経験則上わかっているからです。現代医学が風邪を治せなかったのも、ウイルス・細菌の発生源は人間の体の外部しかない、との思い込みがあるためです。

抗生物質が良いのか悪いのかよくわからないで処方するボンクラが大半でしょう。

ウイルスの発生は原因ではなく結果です。結果を消滅させても原因がある限り結果は発生します。ウイルスを消滅させても体内からまた生み出されます。駆除して意味ありますか?

人間の体は細菌ウイルスだらけです。健康なときには発現していないだけで。

プランBだから

薬品の発明者がPCRがコロナ騒動に声を上げてるのは自己顕示欲と商売ためです。コロナ騒動に乗じて自分の薬を販売して儲けたいと。あっちっこちから湧いて出てくる欲ボケジジイを駆除する薬を発明したいところです。

この薬品作成者もまたウイルス発生原因の間違いに付け込んだこの騒動の本質と、ワクチンや薬品が否定される時代の到来を理解していません。

ワクチンの毒性をキャンセルする力などないのは当然です。ワクチンハザードを隠すためにイベルメクチンを救世主扱いするのは目に見えていますが、何の解決にもなりません。

多くのノーベル賞受賞学者が加担・連携して引き起こされたワクチンハザードを、ノーベル賞受賞学者が解決できると思っているのですか?

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!