NO IMAGE

コロナワクチンただの毒でしたテヘペロ

NO IMAGE
Sponsored link

コロナワクチン製作者がタダの毒チンだったと白状。

コロナワクチンについての医師のコメント「私たちは失敗した。スパイクタンパク質が毒素であることに気づかなかった」 ワクチンを接種した全員が、自分の体内でスパイクタンパク質の毒素を製造しているということでしょうか?

https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/news-nation/doctor-on-covid-vax-we-screwed-up-we-didn-t-realize-the-spike-protein-is-a-toxin-does-this-mean-everyone-vaccinated-is-manufacturing-their-own-spike-protein-toxins-in-their-own-bodies

COVID-19「ワクチン」を開発した科学者たちは、とんでもない間違いを犯していたことをバイラム・ブライドル博士が明言したラジオ番組の音声が公開されました。

日本で行われた査読付きの研究を引用した博士によると、「彼らは間違いを犯しました。スパイクタンパクは優れた標的抗原だと思っていましたが、毒素であり、体の多くの器官に移動して深刻なダメージを与えることを発見したのです」

さらに悪いことに、mRNAワクチンで生成されたスパイクタンパクは、肩の筋肉に留まらず、脳、心臓、卵巣などに拡散してしまいます。

また、コロナウイルスでダメージを与えるのはスパイクタンパクであることもわかっていますが、ワクチンを接種した人の体の他の部分に、スパイクタンパクがどのようにして大きなダメージを与えているのかが明らかになりました。

以下のビデオから、ブライドル博士は、なぜワクチンによる損傷が起こるのかについて語っています。スパイクタンパクは、それ自体が血管や神経変性の問題の原因であり、ウイルスではありません。

当初の説では、スパイクタンパクは三角筋に留まり、局所の排泄リンパ節に行き、免疫系を活性化するとされていました。しかし、日本で行われた新しい生物学的分布研究では、ワクチンとスパイクタンパクを追跡調査しました。脾臓、脳、骨髄、肝臓、副腎に蓄積され、卵巣にも高濃度に蓄積されます。

スパイクタンパクは、循環するとダメージを与える病原性毒素で、血小板、血管の上皮細胞に結合し、血液凝固、出血、心臓病、脳の血液凝固を起こす。

結論は「私たちは大きな間違いを犯し、それに今まで気づかなかった 」ということです。「スパイクタンパクは優れた標的抗原だと思っていたが、スパイクタンパク自体が病原性毒素タンパクであることは知らなかった」「 ワクチンを接種することで、誤って毒素を接種してしまっている」

この8分間のビデオに耳を傾けてください。 この医師が正しく、査読付きの報告書(こちら)が正確であれば、ワクチンを接種したほとんどの人は、すぐに死ぬことになります。

両方のmRNAワクチンで生成されたスパイクタンパクは、肩の筋肉に留まらず、脳、心臓、卵巣などに広がります。また、コロナでダメージを与えるのはスパイクタンパクであることもわかっていますが、今回、ワクチンを接種した人の体の他の部分に、スパイクタンパクがどのようにして大きなダメージを与えているのかが明らかになりました。

どーしてくれんの

お・と・し・ま・え

毒で苦しんでるのを医師たちが「これは抗体ができてる反応だ」の大合唱
調子に乗りまくった専門家の方々、何も考えてなかったわ
死ぬまで「コロナワクチン効くんだ」って言い続けるかも
子宮頸がんワクチンも未だに効く効く頑張ってる奴いるけど罪を認めたくないだけで死ぬまで現実逃避
コロナワクチンも任意接種で罪を認めたくない一心で残すかも

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">