NO IMAGE

ワクチンバンザイクリフ

NO IMAGE
Sponsored link

バンザイクリフとは、北マリアナ諸島サイパン島最北端の岬である。

太平洋戦争(大東亜戦争)中、日本軍司令部がサイパン島北部にあり、アメリカ軍の激しい戦闘(サイパンの戦い、1944年6月15日 – 7月9日)において、追い詰められた日本兵や民間人が、スーサイドクリフと同様にアメリカ兵からの投降勧告、説得に応じず、80m下の海に身を投じて自決した悲劇の断崖(岬)である。多くの自決者が「天皇陛下、万歳」や「大日本帝国、万歳」と叫び、両腕を上げながら身を投じたことから、戦後この名で呼ばれるようになった。自決者の数は1万人にのぼるとも言われていて、海は血で真っ赤に染まり、死体の海と化した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%95

ワクチンバンザイクリフとは、コロナウイルス騒動中、コロナウイルスの恐怖に怯え追い詰められた民間人が、専門家・医師に「痛くないから」と騙され「ワクチンは危険」「ただの毒」「やめとけ」との説得に応じず、毒を注入し自決した悲劇の断崖である。

多くの自決者が「ファイザー、万歳」や「日常に戻れる」「海外に旅行にいける」「同調圧力」「医師が嘘をつくわけない」「ベネフィットのほうが大きい」「スダレハゲ」などと妄言を叫び、片腕を出しながら毒を注入したことから、戦後この名で呼ばれるようになった。自決者の数は3000万人にのぼるとも言われていて、ワクチン接種車は血で真っ赤に染まり、死体の海と化した。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">