NO IMAGE

ワクチンコールドリーディング

NO IMAGE
Sponsored link

詐欺大国日本。コロナワクチンでも民衆をあの手この手でだましてきます。

コールド・リーディング(Cold reading)とは話術の一つ。外観を観察したり何気ない会話を交わしたりするだけで相手のことを言い当て、相手に「わたしはあなたよりもあなたのことをよく知っている」と信じさせる話術である。「コールド」とは「事前の準備なしで」、「リーディング」とは「相手の心を読みとる」という意味である。 探偵を使ったり、占いの待合室で助手が世間話をしたりして事前に相手のことを調べておいた上で、あたかも本当に占いや霊感、超能力などで相手の心を読んだと見せかけるホット・リーディングはコールド・リーディングとは異なる。超能力者が様々な事実を言い当てる際にホット・リーディングとコールド・リーディングの技法と組み合わせて使われることが少なくない。 知り合いなど、ある程度は情報を持っている相手に対してコールド・リーディングを行うことは、ウォーム・リーディングと呼ばれる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

占い師が鑑定を申し込んできた相手の素性をSNSなどであらかじめ調べておいて「あなた、〇〇で悩んでるでしょ」と言い当てる。すると客は「どうしてわかったの?この人には霊能力ががある!」と誤解します。事前のアンケートにしっかり答えを記載したことも忘れて。

占い師は「よくがんばったね」「私にはわかってる」「あなたのことを理解してるのは私だけ」など、どんな場面でも使用できる都合のいいワードを散りばめ、そして客は感涙にむせびます。そしてインチキ占い師にハマっていき、変なツボや水素水・変な医療器具などを買わされ信者化していくのです。

占い師も医師も仕事の性質は似ているので騙す手法も自ずと似てきます。

PCRの際にワクチンを打ったかどうか聞いておいて、打ったと記入したら陰性と出せばいい。ワクチンのおかげで陰性になったと馬鹿が喜びます。そう出る設定であることも知らずに。

パチンコも同じです。毎度毎度客が負けてたら客は店に来なくなります。だから、たまに勝たせるのです。客は100回戦い、99回負けさせて最後に1回勝たせる、すると客はこういいます。「勝った勝った」と。99回負けたことをすっかり忘れて。

散髪屋で3000円支払い100円おまけと得をした。実は正規の料金が2900円設定でおつりが100円だっただけ。「おまけしてくれるなんていい店だ」と誤解するのと同じです。

生理食塩水を5%程度の割合で仕込んでおけば、何の異常も出なかった客は「安全だった」と叫びます。95%の副反応地獄は一切隠したままで。すると政府はこういいます。「ワクチンは安全だ」と。95%の副反応地獄はすっかり無視して。自分に都合の悪いことは記憶から失くなる。このサイコパスの特徴は理解して下さい。

ワクチン打って陽性になる騒ぎが起こっていますがこれでは五輪もできませんから、特にワクチンを打った者は事前にワクチン打ったとわかるように書かせて陰性が出る設定に切り替えていくでしょう。

生理食塩水を打った奴がPCR陰性になり「ワクチンのおかげだ」と言いふらします。それを聞いた者がワクチンを打ったほうがいいんだと誤解し、危険なロットを打たれて非業の死を遂げます。

ダマされたことにすら気がつかないタレントが騒き出す

ワクチン不信が高まっています。テレビなどによく出る有名人には本物ワクチンは接種しないでしょう。確実にニュースになります。生理食塩水を打ってやり、ワクチン打った打った超気持ちいいーなどととはしゃぐ年寄り芸能人の哀れな姿。

ワクチンという名の生理食塩水打って何ともなかった連中が喜んで「打った打った」と叫んでいます。打ったことなんて聞いてもないのに騒ぎ出す習性があるようです。よほどワクチンが不安だったのでしょう。

他人が生理食塩水を打って元気ハツラツでも、自分に生理食塩水を打ってくれる保証はありません。インチキ占い手法がワクチンにも使用されているのです。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">