NO IMAGE

ワクチン打ったのに全く反応がなかった

NO IMAGE
Sponsored link

ワクチン接種が進められています。
打ったのに全く反応がなかった者もいます。なぜなんでしょうか?

ロット番号で中身が異なる

打った後に卒倒するものや、 そこら辺で救急車が走り回る始末なのですが、明らかに差があります。ワクチンのロットによって濃度が違うようになっているようです。すでに打ったらやばいロット番号は公開されています。

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000790032.pdf

ロット別報告件数

この表にはロット別の死亡者数が記載されてはいます。しかし、医師が報告を怠っているので正確な数字は分かりません。

5月に入ってからのロットを見てみると、副反応疑い報告がやたらと減っています。ワクチン接種医はインフルワクチン程度のマイルドなワクチンだと思い込み、カネ目当てに接種に参加しています。でも、実際のコロナワクチンの効果にチビってしまい、ヤバさに気がつき隠蔽しようとして報告を控えていることすら予想できます。また、ファイザーのワクチンが突然安全になったとも思えません。それとも何かの事情があって毒性の薄いものを混ぜ込んできたのでしょうか。

危険なロットではないから大丈夫と言うわけではなく、ワクチンを受けること自体が危険であり安心できないことを意味します。

簡単に考えると、

濃度の高いものは危険性が高く早く死ぬ
濃度の低いものだと副反応がそれなりにあるけれど、即死はしない
または副反応がないと安心してたら数ヶ月後に急変

副反応が全くなかったというものは生理食塩水を打ったものと推測されます。そして濃度を変えてどれぐらいで死ぬのかというデータを取っているわけです。何段階かに濃度が分かれているのでしょう。

ワクチン打って大丈夫でも後でどうなるかは知りません。人体実験なのだから当然です。専門家と政治家の安心安全は嘘です。ワクチン打ちパフォーマンスはすべて100%安心安全の生理食塩水で行われます。

ワクチンには体内でスパイクタンパクを勝手に作り出す自己増幅機能があるとされていますから、後で急に悪くなることも予想できます。痛くない、15分だけイスに座って様子をみる、などは何の意味もありません。

有名人をダマして広告塔にする

有名人でワクチンを打ったと騒ぐ者も出てきています。

急に大動脈解離で死亡したなんてニュースもありますが、ワクチンと一切関係ないように加工されて報道されます。

副作用がないなら生理食塩水の可能性が高いです。有名人が即死すれば危険性ばかりがアピールされワクチンの宣伝になりません。伊東◯郎もワクチン打った打ったと大はしゃぎ。生理食塩水打って広告塔にされてるとも知らないで。あの人は大丈夫でも自分が生理食塩水を打ってもらえるとは限りません。

生理食塩水を打ってやり「ワクチンを打ったよ」と騙せばワクチンの安全性がアピールできます。後はPCRを陰性設定にすれば有効性100%も可能。有効性95%のワクチン打ってPCR陰性のぐったりした患者が病院で山になります。

危険性を理解しワクチンを拒否を公言している有名人には安心安全の食塩水を打たせる。ワクチンを拒否するならばすべての番組を打ち切ると脅す。そして広告塔にすることも可能です。

生理食塩水を打って何の副反応もなかった年寄りが「ワクチンを打った打った」と騒いでいます。ワクチンを打った輩の特徴として、ワクチンを打ったこの年齢でワクチンを打ったんだ、と騒ぎ立てる特徴がみられます。情報源がテレビだけの老人はいまだにワクチン崇拝番組を真に受けています。高齢者施設からバンバン救急車が走ってきてるのに。

何を注入されたかは打たれた者にはわからない

打たれた本人は何を注入されたのかは全く分かりません。ワクチンを打ったと騒ぐ者ですら、ワクチンを打ったといえる根拠は「ワクチンを打ったらしい」という伝聞情報のみです。

紛らわしい状況になっていますが流されて打たないことです。ワクチンを打った人やワクチンを打っている病院にはしばらく近寄らないのがおすすめです。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">