NO IMAGE

放火犯の体験談「オレはこうやって火を消した」

NO IMAGE
Sponsored link

解熱剤、氷のう…「ワクチン副反応」に医師が実践した対処法
6/24(木) 6:11配信

これから接種を控えている人にとっての大きな関心事が副反応。そこで今回、本誌では5人の現役医師に、自身の「ワクチン接種後の副反応への対処法」についてコメントを寄せてもらった。

A先生

1回目接種後、腕に筋肉痛のような痛み。2回目は接種から12時間後の深夜2時半ごろ、ゾクゾクと悪寒が。翌朝、だるさと倦怠感、37.4度の発熱、頭痛、腕の痛みが。

2回目接種の翌朝、頭痛を感じた時点と夕方に解熱鎮痛剤「カロナール」を服用。解熱剤の「イブ」「ロキソニン」でもよいと思う。接種翌日は家事も休み、食事もデリバリーを取るなどして体を休めた。接種後は料理や掃除などしなくていいように準備をしておくと安心。

B先生

1回目接種後の深夜にせき、声のかすれがあった程度。2回目接種日の夜中3時(接種後12時間)に震えが止まらず、悪寒が走り目が覚める。

2回目接種の朝、あらかじめ解熱剤「カロナール」を服用。ただ、熱に関しては「カロナール」を飲まなくてもそれほど出なかったのではないかと思う。副反応は、免疫反応がしっかり働いているから起こる症状。冷静に捉えることが大事。

C先生

1回目は接種した左腕が痛み、痛みは翌日がピーク。2回目は接種当日の夜から37.4度の発熱。接種後36時間ほどで改善。

2回目接種の翌日は、できれば大切な仕事は入れないほうが安心。副反応はつらくなってから解熱鎮痛剤を内服することでも間に合うと思う。マイルドな「カロナール」をおすすめしたい。また接種を受ける際には半袖で腕を出しやすい服装で臨むことと、どんな副反応が出るかを把握しておくとよい。

D先生

1回目接種の夜中、腕が腫れて熱くなり、筋肉痛のような痛みが。2回目は接種後15分で、体がホットフラッシュのようにポカポカしたが、ほかに症状はない。3時間後、腕に強い痛みが出て、肩より上に上がらなくなった。翌朝はだるくて起き上がるのが大変だった。

2回目接種後は腕の痛みは氷のうで冷やすとともに、「カロナール」を当日夕方、夜、翌朝に2錠ずつ服用。薬はふだん飲んでいる痛み止めを用意しておくとよい。また氷のうや腕を冷やすアイスバッグ、消炎シップもよいのでは。できれば接種の翌日は極力仕事を入れずに休んだほうがいいと思う。

E先生

1回目接種の翌日、打った右肩が少し痛くて腕を上げにくかったが、次の日には改善。2回目、接種後に少し痛みはあるが、予防接種や採血のほうが痛いくらいだったと思う。

1回目接種の数日前から漢方「補中益気湯」と「乳酸菌生産物質」で腸内環境を整えて免疫力アップ。1回目、2回目とも接種当日と翌日は、インフルエンザの治癒を早めるともいわれる漢方の「麻黄湯」を1日3包内服。接種前には腸内・口内など体調を整え、こまめに水分補給をし、不安よりも恩恵が多いと身を委ねる姿勢が大切。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b2715781a70fe44b78cf926077ef84504018572

A タレント
B タレント 書籍
C 書籍
D 書籍
E ライ◯ップ

カロナールがバカ売れで医師だけは副作用がすっと消える

毒チンの解熱に猫も杓子もカロナールでバカ売れ。
医師たちはカロナール屋からカネでももらってるんでしょか。

ゴールドラッシュの裏で作業着のジーパンが売れまくったみたいな話です。ワクチンの副作用をごまかすために健康によくない鎮痛剤が売れまくり。放火しながら消化器を売りつける商法です。

ワクチンであの世逝きになった人も多いというのに、医師だけは副作用がスッ治るのが特徴です。

はんを押したように「腕だけが痛い」は不自然すぎます。注射を打った腕だけが痛いがほかは大丈夫だから安全、という薬屋の宣伝なのが丸わかりです。

漢方などできもしないくせに「補中益気湯」「麻黄湯」知ったような単語を並べ、「カロナール」などのキーワードを散りばめます。これらの単語を組み合わせて「最後に治った」といえば作り話の完成です。

異物を排出しようとして熱が上がってるのに神経を麻痺させていいのかは疑問です。麻痺させたり冷やしたりすると血行が悪くなり毒の排出が遅れて治りが遅くなります。症状が消えてもあとで悪くなる可能性は十分あります。このワクチンは自己複製能力がありますから。また医師は薬の副作用は薬をやめれば消えるとの教義を信奉していますが、あくまで教義です。現実は医師の考えるよりはるかに厳しいです。

タレント医師芸人の作り話が続々と出てきます。そこまでしてカネが欲しいのでしょうか。

医者の話は作り話の可能性が十分あります。この人たちは平気で嘘をつきます自分で頭の中で妄想の現実を作り出してその事実を受け入れて平気で嘘を話すと言う人もいます。早い話がサイコパスなのですが特に医療関係者にこのタイプが多いので注意しましょうまともに話を聞いてはいけません

放火魔の分際で

他人の住宅に火を放っておいてその火の消し方を自慢。火は消せるから安心して放火してねとワクチン推奨。

彼らは体内に毒を注入したたき、どのような対処をすればいいのか全くわからないのです。現代医学というのはどうも、入れた毒の作用を抑えるために神経毒を飲ませるらしいです。

薬を投与するのではなく体の中から毒を排除することですが、医師の方々はそんなこと知りません。製薬会社の利益にどっぷりとつかってしまい、あの薬この薬とやることしか能が無いのです。

お医者さんが出せてくれるから大丈夫と勘違いしている人もいますが、彼らが病人を助けたケースは滅多にありません。特に病気についてはほとんどのケースで悪化している状態です。当たり前です。毒盛ってるだけなのだから。

目の前で人がぶった折れようが、殺されようがわからない人が多いようですが。

人がひっくり返るような薬を打って病気が防げる事はありません。病気の原因にはなりますが。健康でいたいなら抗体なんてなくてもいいのです。いつまで医師芸人やサイコパス太郎にダマされば気が済むのですか。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">