NO IMAGE

コロナ騒動下でのビタミン間違い

NO IMAGE
Sponsored link

コロナ対策にビタミンDという話があります。確かにビタミンDは大切ですが間違っています。

この間違いに気が付かないと、さらに体調を悪化させることになりかねません。

ビタミン

ビタミンは、生物の生存・生育に微量に必要な栄養素のうち、その生物の体内で十分な量を合成できない炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物の総称である(なお栄養素のうち無機物はミネラルである)。 ビタミンはほとんどの場合、生体内で十分量合成することができないので、主に食料から摂取される(一部は腸内細菌から供給される)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3

ビタミンは生体内で十分量合成することができないとされています。だから、補給しなければならないとそこで製薬会社がビタミン剤を飲ませたり食品で混入させてきます。

サプリや製剤のビタミンを摂取することで健康になると思い込んでいたら、逆の結果に。

ビタミンD

日ごろからビタミンDが体にいいと思い込んで日ごろから常用していたアメリカ人がいます。

その人は毎日茶さじ一杯のビタミンDを飲んでいたのですが具合が悪くなってきました。食欲がなくなり、頭が痛くなり脱力感などの症状が現れて筋肉が痛くなり始めました。

検査を受けたところ腎臓と肝臓・血管が硬化しており、血圧が異常な数字まで跳ね上がりビタミンD中毒を起こしていたことがわかりました。

アメリカではビタミンDが処方箋もなくどこでも買える状態になっていました。

ビタミンC

健康の代名詞とされるビタミンC。こんな研究があります。

2人の女性がビタミンC依存症の子供を出産した。

その2人は妊娠中に高配合のビタミンC製剤を服用していたのが原因でした。生まれた子供は体内でビタミンCが十分に供給されていたにもかかわらず、壊血病になってしまいました。

壊血病は典型的なビタミンCの欠乏症なのですが、子供の体は母体の外で1日に必要なビタミンの量を調節することができなかったのです。ビタミンの取りすぎでビタミンの欠乏症を起こすという本末転倒だったのです。

ビタミンA

ビタミンAの過剰摂取によって奇形の原因になることが指摘されています。胎児にとってビタミンA製剤やサプリは危険です。


間違いはビタミンの成分のみを取ったことにあります。食品で補給すれば問題ないのですが、製剤やサプリで補給するとおかしくなるのです。

特定のビタミン成分だけで効果を示すわけではありません。他の名前の知れない成分も協力して効果を出します。特定の成分ばかりを抽出した丸薬を飲んで楽してもダメです。研究者が体にいい成分を山のように発見しまくってるのに、健康な人間が増えたためしがありません。

おかしいと思いませんか?

その成分のみを補給しても無意味だからです。愚かな研究者がどうでもいい成分を発見して出世したり、賞をもらったりと発見ごっこで人生の大半をムダにして喜んでいるだけのことでした。ハゲ上がったオッサンどもが体にいい成分を発見しまくってるにもかかわらず、自分のハゲすら治らない。これが現状です。

ビタミン添加もムダ

ビタミンが添加された食品もよくみかけますが、過剰摂取のリスクが高まり、よけいなお世話です。ビタミン添加されてると健康にいいみたいなイメージになりますが現実は逆。健康に悪いのです。人工ビタミンには「すぎたるは及ばざるが如し」がそのまま当てはまります

ビタミンD入りヨーグルトなど、ビタミンDの過剰摂取によるビタミンD不足から骨が弱るのを招くだけです。
ビタミンの入ってない食品を選びましょう。

ビタミンは体の中で合成するもの

ビタミンは体内で十分に合成できないため外部から補給しなければならない、と言う定義自体も疑わしいものになります。ビタミンそのものを取ることは間違いなのですから。十分に合成できる力は人間には備わっています。外部から補給する手段は食品の形式であり、ビタミン製剤やサプリはダメです。

ビタミンは普段の栄養たっぷりの食事をしていればビタミンを作るための材料は補給できるわけです。食品で補給し、体の中で合成するものといった意識をとると過剰摂取にはなりません。ビタミンが体に必要なものだからしっかり補給しなければならない、と言って、サプリメントやビタミン製剤を準備しておいたのが製薬会社サプリ会社です。

有名な医師ですらビタミン剤を安易に勧めたりしていますが、過剰摂取の問題も何も知らないのです。浅知恵の大学教授の妄言を無批判に信じてはなりません。コロナ対策に効くとビタミンDに飛びつく方もいるでしょうが、ビタミンは体内で作るものであり、その材料を食品で補給するべきと心得ましょう。人工ビタミンで体調不良、PCR受けて陽性「やっぱコロナだ」と誤解するハメにならないように。

参考

人工的に合成されたビタミンを摂取すると各種疾患のリスクが高まります。何も考えずにサプリメントを取っている人は注意してくださいね。医師がビタミン剤や処方している場合も同様です。その人が専門家なのかどうか疑いたくなる、そんな基準となるでしょう[…]

IMG
Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">