NO IMAGE

ワクチンパスポート欲しさにあの世行き獣の刻印666

NO IMAGE
Sponsored link

ワクチンパスポート欲しさにあの世行き獣の刻印666

俺は絶対に打たねーと豪語する加藤。
自分は打たねーくせにニヤニヤしながらチンパスは推進します。

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88-%E4%BB%8A%E6%9C%88%E4%B8%8B%E6%97%AC%E3%81%AB%E7%99%BA%E8%A1%8C%E9%96%8B%E5%A7%8B/ar-AALEeKW?ocid=BingNewsSearch

今月下旬からワクチンパスポートの発行が始まります。

加藤官房長官:「現時点では具体的な発行は7月下旬を予定しているところであります。今回は紙による発行ということになります。並行してデジタル化を進めていくことについては検討を進めているところであります」

新型コロナワクチンの接種歴を証明するワクチンパスポートを巡っては所有者に対して入国後の隔離措置を免除する国が増えていて、経済界などから早期の導入を求める声が上がっています。

予言どおり完全に準備してました。

666チンパス

666の獣の刻印、それがワクチンパスポートです。ワクチン打って獣の刻印を受けなければものも買えないし売れないと言うことになります。

獣の数字(けもののすうじ)は、『新約聖書』の『ヨハネの黙示録』に記述されている。以下に引用すると、「ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。」(13章18節)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8D%A3%E3%81%AE%E6%95%B0%E5%AD%97

「また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。」(新共同訳聖書 ヨハネの黙示録13章16-18節)

オカルトだとバカにされるかもしれませんが、ヨハネの黙示録のとおりにやっているのですから侮れません。

そして、ワクチンパスポートを手に入れるために獣の刻印を受けてしまった人たちはどうなるでしょうか?

それも聖書のヨハネの黙示録の項目に書いてあります。

ひどい悪性のでき物

それから、大きな声が聖所から出て、七人の御使にむかい、「さあ行って、神の激しい怒りの七つの鉢を、地に傾けよ」と言うのを聞いた。

2 そして、第一の者が出て行って、その鉢を地に傾けた。すると、獣の刻印を持つ人々と、その像を拝む人々とのからだに、ひどい悪性のでき物ができた。https://www.wordproject.org/bibles/jp/66/16.htm#0

ワクチン打って獣の刻印を持った人々と医療を信じ崇拝する人にはひどい悪性のでき物ができるそうです。結局、変な薬物を医師に飲まされたり打たれたりするのです。

ワクチンパスポートゲット!

どこへでも旅行に行ける
受験にも有利になる
就職にも有利

大学受験だけでなく高校や中学受験など、ありとあらゆるところでチンパスが要件になります。

仕方ないからワクチン打つわ……

その結果、悪性のはれものができてあの世逝きになってしまうわけです。

差別されるから大変、といってもワクチンパスポート持ってる奴から先に死んでいくのだからそれほど心配することはないでしょう。

チンパスを持ってなければ入れないような場所に行く必要はありません。チンパスを持っていなければ入学できない学校や就職できない会社など入ったところで遅かれ早かれ毒チンを打たれるか何かでぶっ殺されるだけです。

逃げるときにはすべてを捨てて逃げるしかないのです。後ろや利益を振り返らず取りに戻らずに。

サイコパス太郎はチンパス推進のために必死です。今まで予防接種で接種証明書の発行などあったでしょうか。誰がどう見ても気が狂っています。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">