NO IMAGE

酸化グラフェンワクチンで磁石人間にして血栓症にするメカニズム

NO IMAGE
Sponsored link

ワクチンと磁力・血栓症の関係をみていきます。

非磁性であるグラフェンに人工的な「磁気テクスチャ」を導入することに成功
2021-4-11
https://engineer.fabcross.jp/archeive/210325_putting-graphene-in-a-spin.html

バッファロー大学を中心とする国際研究チームが、グラフェン単層シート上に強磁性材料を接触させることにより、電子スピンの集合体である微細な磁化配列領域「磁気テクスチャ」を誘起することに成功した。本来は非磁性材料であるグラフェンに電子スピンを注入できる可能性を示したもので、高い電荷キャリア移動度と併せて電子スピンの制御と伝導も活用するグラフェン・スピントロニクスを発展させると期待される。研究成果が、2021年2月25日の『Physical Review Letters』誌に論文公開されている。

近年、従来のエレクトロニクスが電子によって運ばれる電荷を利用するのに対し、電子の持つ磁気的性質である電子スピンを半導体中で利用するスピントロニクスが大きな注目を集めている。スピントロニクスによって、超高速演算が可能な量子コンピュータや低消費電力で動作するスピントランジスタなどのデバイスを実現するには、多数の電子スピンの向きを揃えて、電気的に運びを制御することが必要になる。しかしながら、電子スピンにはスピン緩和現象が発生するため、スピンの向きが揃った状態を長時間保持し長距離を運搬することは難しい。一方でグラフェンにはスピンが緩和されにくいという特徴があり、スピントロニクス材料として有望とされているが、本来非磁性材料であり、どのように電子スピンを注入するかという課題について、世界的に活発に研究がなされている。

日本や中国などの研究者を含むバッファロー大学を中心とする国際研究チームは、グラフェンに強磁性材料を接触させることにより、グラフェン中の炭素原子の磁気的性質の変化について研究した。厚さ1nm以下のグラフェンシート上に、厚さ20nmの強磁性コバルト薄膜磁石を直接コンタクトするように配置し、周囲の電流特性の変化に注目した。「ちょうど紙のシートの上にレンガを置いたようなものだ」と、研究チームを指導するバッファロー大学電気工学科のJonathan Bird教授は語る。その結果、グラフェンに磁気テクスチャが誘起され、それがコンタクト点から数μm離れた領域のグラフェンにも及ぶことを明らかにした。

簡単に言うと、グラフェンとコバルト磁石を密接にコンタクトさせることで、通常は非磁性の炭素原子が、鉄やコバルトなどの強磁性原子と同様の磁性を発揮するようになった。数μmの距離はナノデバイスとしては充分に大きく、非磁性グラフェンの広い領域に磁気テクスチャを人工的に導入できたと言える。

新型コロナウィルスは酸化グラフェンでほぼ撃退することができる!?
2020年11月14日 トピックス

1番左は酸化グラフェン材料を分散させた溶剤。白い点がコロナウイルスで、右に行くにつれて消えている
産学連携で製品化目指す

【熊本】熊本大学産業ナノマテリアル研究所は、新型コロナウイルスを酸化グラフェンでほぼ完全に除去できることを確認した。酸化グラフェンナノシートと呼ぶ微細な材料を分散させた溶剤を使った実験で同ウイルスをほぼ完全に除去した。

実験は厚さ1ナノ―数ナノメートル(ナノは10億分の1)、大きさ0・1マイクロメートル(マイクロは100万分の1)四方のシート状の酸化グラフェン材料を分散させた溶剤を用いた。溶剤を新型コロナウイルスの培地にのせる実験では約1時間でウイルスをほぼ完全に除去できた。実験は熊本大ヒトレトロウイルス学共同研究センターにある、新型コロナウイルスを取り扱える安全性レベルを持った実験室で行った。
https://newswitch.jp/p/24626

人間の細胞が壊れて生まれたウイルスを酸化グラフェンで除去できたそう。

ウイルスを吸着したわけですが、ウイルスも人間の細胞も同じようなもので、赤血球同士が吸着することになります。根本原理も知らない浅知恵です。試験管ではうまくいったかもしれませんが、体内という環境では使用は無理です。

ワクチンに磁気テクスチャ入り酸化グラフェンを混入

磁石人間

血栓症

どうして磁石人間に血栓ができるのでしょうか。

人間の細胞は赤血球が成長してできたものです。その赤血球の中には鉄が含まれています。

つまり、 磁力を与えることによって赤血球同士がひっついてしまうことになりますが、そのまま細胞として成長し、細胞の塊になります。 その細胞の塊が血管に詰まり、心筋梗塞や脳梗塞につながるわけです。

というわけで、人間の体に何らかの磁力を与える物質を注入させれば、血栓症にすることが可能になります。そして、磁気をもった酸化グラフェンがワクチンに混入されている、という話が出てきています。磁力タンパク質マグニートの存在も指摘されていました。

ワクチンを打った人は赤血球同士が結合し、正常な細胞に成長せず塊になり、血管が詰まるタイプの病になるリスクが高くなるわけです。できそこないの細胞の塊を抗体と拝みありがたがる専門家の方々は、セントラルドグマなどとという宗教上の教義を信じ込み理解できません。

関連記事

https://twitter.com/i/status/1395004008343904261フェリチンで人間遠隔操作実験遺伝子組み換えタンパク質「マグニート」が脳と行動を遠隔操作することに成功https://www.th[…]

IMG
Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">