Sponsored link

コロナワクチンを打ったら元気になったと騒ぐ年寄りと生理食塩水の筋肉注射で得られる絶大な効果

Sponsored link

コロナワクチンを打ったにもかかわらず「具合が良くなった〜」という話があります。

このような人は、ワクチンを打ったことを自慢して他の人たちにはワクチンをやたら勧めるハタ迷惑な傾向が顕著に見られます。

人によって全く違う成分を注入されていることなど理解するわけもありませんが。

ロット番号を控えて

ワクチンを打った後にロット番号を控えておく理由は、事故が起こったときの追跡調査と言うことになっています。追跡調査をする気持ちなど一切ないのは厚生労働省や専門家の因果関係ナシの態度で丸わかりです。

では、ロット番号を控えをしっかり覚えておかなければならないでしょうか。

人体実験だからに決まっています。

人によって全く違うワクチンを打っていることになり、突然発狂して死ぬ者もいれば、なんともなかった人もいるし、3ヶ月〜6ヶ月くらい経ってから死ぬ、というふうにグラデーションを確認して楽しんでるわけです。

毒チンで元気になった?

その中でも特に不可解なのは、ワクチン打って全く具合が悪くならない、それどころか元気になってピンピンしてると言う話です。芸能人はワクチン死させたら目立つので、生理食塩水を注射してるものと推測されます。

そうでなければ、ワクチンの成分が微量に含まれはいるが、食塩水の割合が大きいものか。

生理食塩水は体には無害、むしろ普段から不足している塩分を補給できるので肩の動きがよくなることも予想されます。塩の成分であるナトリウムは神経伝達物質であり生存には不可欠です。

そして鍼治療効果です。


肩周辺には経穴があります。その箇所を筋肉注射で刺激することにより筋肉が適度にほぐされ肩が軽くなったというわけです。

輸血より安全に血液補給

生理食塩水の注入は体に無害ところか、良い影響を与える可能性もあります。

というのも、輸血と言う行為自体は大変危険で、他人の血液はその人にとって異物となります。しまいには、病気を予防してくれるわけでもない抗体となり拒絶反応を起こし、血管内で固まってしまうわけです。

輸血を拒否するのが妥当な理由は宗教上の問題ではなく、科学的に問題があるからです。輸血で事故が起こるのも上記の理由にあるからです。

血液の中にある赤血球が成長してその人の体になりますが、他人の赤血球を取り込んでも自分の体にはならないと言うことです。輸血は広い意味での臓器移植と言ってもいいでしょう。わざわざリスクを冒して他人の血液を注入をするよりも食塩水を打ったほうが安全確実な輸血になるということです。生理食塩水の注射は、プラセボどころか輸血の方法として適切です。

専門家は研究もしたことがないのに「そんなわけがない」と馬鹿にして聞きませんが。生理食塩水の研究など誰もしていないでしょう。血液になぜ塩分が含まれるのかを自分の頭で考えることなく、製薬会社のパンフとMRの講釈を記憶してきたわけです。

塩という最強のサプリがそこらへんに存在してるのに気づかない哀れな子羊たち。妄想の中に生きる彼らは、犬も吐き捨てるイベルメクチンでヒゼンダニを駆逐して大喜び。胃が痛い、頭が痛い、気分が悪いと嘆きながら。ワクチンの後に用意された第二詐欺であることにすら気が付かないままに。いい加減に理解しましょう。製薬会社の準備した選択肢に答えなどないことを。

塩で高血圧になる、塩で腎臓が悪くなるなどはデマです。具合が悪くなるどころか、腎臓は塩のナトリウム(Na)を使って解毒してる器官です。

最外殻に電子が一個あるので他のものに電子を与える還元反応が起こります。病気の原因は、還元反応と反対に電子を失う酸化反応です。ナトリウムは人体には還元剤として働くわけです。

塩の健康効果を隠蔽するために重炭酸イオンで解毒と原因を結果をすり替えて捻じ曲げたわけです。「塩は万病の元」は宗教上の教義です。

NaHCO3 重曹

NaHCO3 重炭酸

ナトリウムを消費した結果、重炭酸が発生してるだけです。重炭酸イオンを補給しても意味ないです。だからナトリウムの還元反応を無視した透析をやっても具合が悪くなるだけです。生物・医学の根本的な部分でも間違いが多いので、いつまでたっても病人が治らないわけですが。

そこら辺で献血をしている車があります。科学的に誤った行為を助長するものですがアドレノクロムと言う薬の原材料として集めている可能性もあります。

では、輸血をしないで血液を増やそうとすると何をするべきか、というと代用液です。その代表的な基本的な成分が食塩水です。

塩分は体にとって必要不可欠なもので、輸血をするくらいだったら食塩水を注入したほうがよっぽど安全、むしろ効果があることが立証されたようなものです。

塩の研究などしたこともない専門家の方々は、高級ホテルで接待を受けながらMRの講釈を真に受け、無批判に製薬会社のパンフレットを盲信し「塩は体に悪い」「万病の元」と一般人に洗脳をかけてきます。

堕落した医師の誤ったアドバイス通りに馬鹿正直に従い塩分を抜くことによって、血圧が上がったり体が動かなくなったりして困る老人が続出。そんな塩分不足の老人に食塩水を注入することで足りない塩分が補給され、肩こりの回復が可能になっていくのです。

食塩水に含まれるナトリウムは神経伝達物質となります。経穴を筋肉注射によって刺激したこととの相乗効果で肩の具合が良くなる可能性があります。人間の体は塩分を取らないと具合が悪くなりますが、生理食塩水で逆に具合が良くなった人が塩の健康効果を証明しています。

壮大な人体実験で判明するのはワクチンの効果ではなく、生理食塩水の絶大な健康効果のほうです。ワクチンなんて誰も相手にしなくなるでしょう。これほど大規模に生理食塩水を注入した実験もないしょう。

「生理食塩水で肩こり治ったはデマ!」
「生理食塩水に効果はありません!」
「因果関係ナシ!」
「プラシーボ!」
専門家&デマ太郎はこう火消しをしてきます。
健康にいいものはエビデンスなくても全否定。

製薬会社が健康にいいものを勧めるわけない

生理食塩水の筋肉注射で具合が良くなるんだったらそれを定期的にやっていればいいような気もしますが、製薬会社がそんなものを認めるわけがありません。

食塩水のこのパワーを認めたら、世界中の無駄な薬品研究をしてる科学者がキレ始めます。「俺の仕事を否定するのか」と。

突きつけるとキレ出す、それが真実です。

製薬会社が健康に良いものを進めるわけがないんです。具合を悪くさせて治療薬と称して毒を売りつける商売なのですから。

運良く生食打っても後でどうなるかは保証できない

生理食塩水の筋肉注射は、経穴の刺激効果に、輸血効果が加わったものとわかりました。副作用がなかったと芸能人が喜ぶのも無理はありません。

そんなわけで、ワクチンを打って死にかかっている人が続出してるにも関わらず、生理食塩水を打って元気いっぱいになってしまうババアが出てくるわけです。悪運が強いとしか言いようがありません。

しかし、甘く見るのは禁物。一般人が上級国民でもない一般人が生理食塩水ばかりを打ち続けてもらえるとは限らないからです。

ワクチンを打って元気になったものだから調子に乗り、またワクチンを打ちに行こう、打つと元気になるものだと錯覚。そのうち本物の毒チンを打たれることになり、血を吐いてぶっ倒れる危険性もあります。

油断させるために毒性のないロットを仕込んでおいて、安心させ後になってから毒性の強いものを仕込んでくるくらいに予想しておいたほうが身のためです。「変異したからまた打って」でおわかりでしょう。わざわざワクチンの成分を抜いた生理食塩水を打つこと自体が、その人を元気にさせる目的ではありません。周りの人を油断させ、そして打たれた本人を油断させることにあるのですから。

関連記事

軽い気持ちで輸血をする専門家が後を絶ちません。外科手術の際にも輸血は当たり前のように行われています。血が足りないなら血を足せばいい実は科学的に大間違いで大変危険です。輸血という方法には大きな副作用があり、科学的に証明された[…]

輸血の問題
Sponsored link
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock