NO IMAGE

コロナワクチンの死因でわかる血液凝固

NO IMAGE
Sponsored link

ワクチン死因はこのようなものが多いです。

  • 大動脈解離
  • 脳梗塞
  • 脳幹出血
  • 心筋虚血急性
  • 心筋梗塞
  • 急性冠動脈症候群
  • くも膜下出血
  • 肺炎

知ってる単語を並べて逃げ出す医師の方々。これらを引き起こした原因が何なんだ、というのが死因なのにダンマリ。薬物や医療行為と言わざるを得なくなるので。

ワクチン

赤血球と異物が結合・赤血球同士が異常結合

抗体(病的細胞)ができる

血液が固まる

血管に詰まる

出血

死亡

早い話が、血液が固まり血管に詰まって出血し死亡するわけです。
毛細血管が詰まり麻痺や失明が起こります。

医師は赤血球の逆分化作用も血液のpHも知らないから治療はできません。

肺炎も、空気の問題だけでなく血液のpHが関係してるのがわかります。コロナウイルスとよばれるものの肺炎を予防するとほざきながら、ワクチンで肺炎を引き起こします。

老衰とか報告してるのは論外です。薬物で死期を早めたら自然死ではないです。

血液を固める異物を入れながら血を溶かす薬を飲ませたり、もうめちゃくちゃ&適当。町医者が異物を大量に飲ませて免疫力を低下させて毒チンでフィニッシュです。ノーマネーでフィニッシュしたほうがまだマシというもの。金がもらえないだけで命までは取られないのがマネーの虎です。町医者も毒チン接種医も共犯であり因果関係も当然全員にあります。

放火しながら消火のフリで金儲け。

「うちにこないで」
「ワクチン打っっちゃ駄目」と家族に諭すのが関の山

ワクチンに反対もせず張り紙トンズラ

透析による死者もこんな感じです。

腎臓を使わせず解毒できなくなり、血液が急激に酸性化、血液どうしがくっつき固まり死亡します。赤血球同士がより集まり溶け合って細胞になるわけですが、血液が酸性化したり異物が含まれていると異常な成長を遂げて病的な細胞となります。それが抗体です。

透析開始

血液が酸性化

赤血球と異物が結合・赤血球同士が異常結合

抗体(病的細胞)ができる

血液が固まる

血管に詰まる

出血

死亡

血液を固める毒チン。死亡者続出です。脳出血や大動脈解離では死因として不適切。心不全とたいして変わりません。誤魔化しです。なぜ薬物とはっきり言えないのでしょうか。

病気を治す方法も知らないばかりか、死ぬ原因すら理解できない医師の方々。

血液はサラサラにして固まらないようにするのが健康維持の秘訣です。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">