NO IMAGE

コロナワクチンただより高いものはない

NO IMAGE
Sponsored link

ただは安上がりですが、ただで何かを貰うと、お礼などの費用でかえって高くつく。

これが「ただより高いものはない」ということわざの意味です。

対価の発生

「ただより高いものはない」ということわざは「互酬性(ごしゅうせい)」という人間の習性に関係があると言われています。

提供した側は何かしらの見返りとして対価を求め、提供された側は何かしらのお礼をする習性を互酬性と呼びます。互酬性は、生活や宗教、環境に関わらず、全ての人間に共通する習性だと言われています。無料で何かをもらったという恩を、何かしらの対価として返すことで、お金より高くつくこともあります。

患者を殺しても謝るどころか治療費を堂々と請求してくる医師の方々が、無料で価値のあるものをくれるわけがない、といい加減に気がつくべきです。互酬性は、生活や宗教、環境に関わらず、全ての人間に共通する互酬性は医療関係者には当てはまりません。

客はマイナスで損するばかり、医師はプラスで得ばかりです。

「因果関係ナシ」などと屁理屈をこね回し「びた一円払わないぞ」というケチ臭すぎる強い意思を感じ取ってください。

客はお布施するのがあたりまえ精神が遺伝子レベルにまで昇華された現代の糞坊主。お布施と引き換えに無価値な説法と毒が対価ですがただの詐欺です。不健康な医師の健康説法など聞くに値しません。悪質な坊主は折伏しましょう。まずはお前が毒味をしろ、と。

なお、当サイトは宗教団体とは関係ありません。

無料のコロナワクチンを打って難病になったり失明したり、命まで盗られるのだから、こんなに高いものはありませんよね。医師が「タダでいい薬あるよ」といったら危険を察知しましょう。

絶対に身銭を切らずに金の収集に励む医師たち。生活が豊かなのも納得ですが、その反動は確実にきます。他人にマイナス押し付けてプラスを奪い取ってきたのですから。支払いの日はもう近いです。

慌てる乞食は貰いが少ない

「慌てる乞食は貰いが少ない」とは、むやみに焦って行動するとかえって上手くいかないことを端的に表現したことわざです。

早く多くの金品をもらおうと欲張って慌てている乞食は、そのよこしまな思いを見透かされ、かえってもらう物が少なくなる、という状況を例えたものです。

早くワクチンを打って開放されたい
旅行に行きたい
孫に会いたい
自分だけコロナからいち早く逃れたい

旅行も行けないし合う孫もいない者もいますが、コロナなんだからしかたないと諦める者もいます。

早く多くの利益をもらおう、不利益を捨てようと欲張って慌てている乞食は、上級国民からそのよこしまな思いを見透かされ、得をするどころか逆に健康を捨てることになるのです。

不妊になったり
目が見えなくなったり
心筋梗塞や脳出血で死んだり

得体の知れない薬物に慌て腐って飛びつくと大損こきます。

メリットばかりを声高に叫ぶ意図を考えて

慌てる乞食は貰いが少ない
ただより高いものはない

もはや金言です。

健康は金では買えませんし医師のアドバイスに従っても手に入りません。あわててワクチンに飛びついて後悔する者が後を絶ちません。

どうしていきなり無料で勧めてきて、すばらしい、神薬、安全安心とメリットばかりを不自然なほど声高に叫び「つべこべ言わずにとにかく打て」と急かすのか。いままで接種証明などしたことがなかったのに、チンパスまで発行して接種を証明することなぜ必要なのか。

その真意を落ち着いて考えましょう。

金もない不健康な患者を脅したり騙したりしてあさましく金を巻き上げてきた医師たち。インチキワクチンに手を出した彼らこそ貰いが少ない乞食なのです。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">