NO IMAGE

毒ガスでお馴染みのツィクロンBとモデルナの関係

NO IMAGE
Sponsored link

毒ガスでおなじみのツィクロンBとはなんなのでしょうか。コロナワクチンとの関係も実はあります。

ツィクロンB

ツィクロンBとは、1920年代にドイツで作られた青酸系殺虫剤の商品名である。シアン化水素(プルシアン酸)のほか、予防的に目を刺激する物質や、珪藻土と呼ばれる数種類の吸着剤が含まれていた。

この製品は、ホロコースト時にナチスドイツがアウシュビッツ・ビルケナウ絶滅収容所やマジュダネク強制収容所などに設置したガス室で何百万人もの人々を殺害したことで、悲劇的に有名です。

細胞呼吸を妨げる毒ガスであるシアン化水素は、1880年代にカリフォルニアで初めて殺虫剤として使用されました。ドイツでのデゲシュの研究は、水と熱に触れるとシアン化水素が発生する農薬「ザイクロン」(後の「ザイクロンA」)の開発につながった。

第一次世界大戦後、ドイツが類似品を化学兵器として使用したことから禁止された。デグサ社は1922年にデゲシュ社を買収した。ウォルター・ヘールト、ブルーノ・テッシュらの化学者チームは、シアン化水素に目を刺激する予防剤と珪藻土などの吸収剤を加えて密閉容器に詰める方法を考案した。

この新製品は「ツィクロン」とも呼ばれていたが、それまでの製品と区別するために「ツィクロンB」と呼ばれるようになった。衣類の乾燥、船や倉庫、列車の燻蒸などに使われた。

ナチスは1942年初頭、ホロコーストの際に囚人を殺害するために死のキャンプでザイクロンBを使い始めました。テッシュは、人間に使用することを知りながらSSに製品を販売した罪で1946年に処刑された。シアン化水素は、現在では殺虫剤として使われることはほとんどありませんが、工業的には利用されています。

いくつかの国の企業が別のブランド名でザイクロンBを生産し続けており、デゲシュ社の後継企業であるデティアデゲシュ社は1974年に製品名を「Cyanosil」に変更している。チェコ共和国では「Uragan D2」という商標で昆虫やげっ歯類を駆除するために生産されている。

作用機序

シアン化水素は、細胞呼吸を妨げる毒ガスです。青酸カリは、電子伝達経路に関与するタンパク質の一つに結合することで、細胞がアデノシン三リン酸(ATP)を生成するのを妨げます。

このタンパク質、シトクロムcオキシダーゼは、いくつかのサブユニットを含み、鉄基を含むリガンドを持っています。ツィクロンBのシアン成分は、この鉄基の1つであるヘムa3と結合し、π結合の金属結合により、より安定した化合物を形成することができる。

この新たなシアン化鉄錯体が形成された結果、ヘムのa3基に座るはずだった電子が座れなくなってしまう。その代わり、これらの電子は化合物を不安定にするので、ヘム基はもはや電子を受け入れない。その結果、電子輸送が停止し、細胞はATPの合成に必要なエネルギーを生み出すことができなくなる。

殺虫剤としての使用

1939年、ニューオーリンズでの散布作業。チクロンのキャニスターが写っている。

18世紀後半に発見されたシアン化水素は、1880年代に米国カリフォルニア州で柑橘類の燻蒸に使用された後、サイロ、貨車、船舶、工場などの燻蒸に使用され、海外にも広がっていきました。

カイザー・ウィルヘルム物理化学・電気化学研究所のフリッツ・ハーバーの研究により、1919年には、この化学物質の軍事利用を研究するための国家管理下のコンソーシアムであるデゲシュ社(Deutsche Gesellschaft für Schädlingsbekämpfung mbH)が設立された)。

デゲシュ社の化学者は、揮発性の低いシアン化合物に予防的に目を刺激する物質を加え、熱を加えると水と反応してシアン化水素になるようにした。この新製品は、殺虫剤「ツィクロン(サイクロン)」として販売された。第一次世界大戦でドイツ軍が同様の製剤を兵器として使用したため、ツィクロンはすぐに禁止された7。

チクロンAは、シアノホルミル酸メチルを有効成分とする殺虫剤としても使用された。
https://es.wikipedia.org/wiki/Zyklon_B

1922年、ドイツ金銀シャインシュタットがデゲシュ社の単独所有者となった。1922年初頭、ウォルター・ヘールト、ブルーノ・テッシュらは、シアン化水素を、予防的な目の刺激剤や、珪藻土などの吸収性のある安定剤と一緒に、密封されたバイアルに入れる作業を行った。

この新製品には「ツィクロン」というラベルが貼られていたが、それまでの製品と区別するために「ツィクロンB」と呼ばれるようになった。

ヒールトは、デゲシュが1922年6月20日に提出した特許申請書(番号DE 438818)にツィクロンBの発明者として記載されている。1920年代から、メキシコ国境沿いのアメリカの税関施設で、越境者の衣服を燻蒸するためにツィクロンBが使用されていた。

会社設立と売却

1930年、デグサはデゲシュの所有権の42.5%をIGファルベンに、15%をTh.ゴールドシュミットAGに譲渡し、その対価として、これら2社の農薬製品をデゲシュを通じて販売する権利を得た。

デグサが52%出資していたシュレンペ社は、甜菜処理の際に発生する廃棄物からシアン化水素を抽出するプロセスの権利を持っていた。このプロセスは、Dessauer WerkeとKaliwerke Kolinの2社がライセンスに基づいて実施したもので、この2社は、得られたシアン化水素にIG ファルベンの安定剤とSchering AGの予防剤を加えて最終製品とし、デゲシュ社が提供した装置、ラベル、キャニスターを使って包装した。

完成した製品はデゲシュに送られ、デゲシュは販売代理店としての2社、フランクフルトのHeerdt-Linger GmbH(Heli)とハンブルグのTesch & Stabenow(Testa)に製品を出荷した。エルベ川に沿って、西と南の顧客をヘリが、東の顧客をテスタが担当するように分けられていた。

第二次世界大戦前、デゲシュ社はザイクロンBの利益のほとんどを海外での販売から得ており、特にアメリカでは、1931年以前はロースラー&ハスラッハー社が、1931年から1943年まではアメリカン・シアナミド社がライセンス生産していた。

ドイツでは、衣類のクリーニング(1930年代にデゲシュが発明した携帯用密閉容器を使用することが多い)や、船舶、倉庫、列車の燻蒸などに使用された。

ヒトでの使用

第二次世界大戦末期に連合国側が発見したツィクロンBの空容器。

ツィクロンBは、強制収容所で発生したチフスの原因となる寄生虫を駆除するために使用されましたが、最終的にはナチスの「最終的解決」の主要な手段の一つとなりました。

アウシュビッツの司令官ルドルフ・ヘスは、囚人の殺害にツィクロンBを使用したのは、部下のカール・フリッツシュ親衛隊上級大将の発案によるものであり、彼は1941年8月下旬に収容所のブロック11の地下室でソ連の捕虜を殺害するためにツィクロンBを使用したと述べている。1941年9月3日、600人のソ連軍捕虜がアウシュビッツIでツィクロンBを使ってガス処刑された。

1942年初頭、ナチスはホロコーストの絶滅収容所での殺戮の道具としてツィクロンBを使い始めました。アウシュヴィッツ・ビルケナウやマジュダネクなどのガス室で約110万人が殺害されました。 犠牲者のほとんどはユダヤ人であり、この方法で殺された者の大部分はアウシュヴィッツで死亡した。

販売業者のヘリはマウトハウゼン、ダッハウ、ブッヘンヴァルトの各収容所に、テスタはアウシュヴィッツとマジダネクにツィクロンBを供給したが、収容所は製造業者から直接購入することもあった。1942年から1944年にかけてドイツ国内で販売された729トンのうち、強制収容所向けに販売されたのは約56トンで、国内販売量の約8%に相当する。

アウシュビッツには23.8トンが納入され、そのうち6トンが燻蒸に使用された。テスタはドイツ国防軍のためにツィクロンBを使った燻蒸を行い、親衛隊にも燻蒸のための材料の安全な取り扱いと使用に関する講習を行った。

ツィクロンBは、ドイツのデゲシュ社とテスタ社が、特許権者であるIGファルベンからライセンスを受けて供給した。テスタは月に2000kg、デゲシュは月に750kgを供給した。

1944年4月5日、Joachim Mrugowskyの代理人がデゲシュに手紙を出し、警告臭のない5トンのツィクロンBの提供を求めた。

ドイツのユダヤ人であるフリッツ・ハーバーは、第一次世界大戦の塹壕の中で使用された有毒な化学ガスを開発した。この後、化学者である妻のクララは、夫の行為に反発し、夫の銃で自殺した。ハーバーの研究所では、ツィクロンAも開発された。その後、彼はユダヤ人として生まれたため、1934年に移住を余儀なくされた。彼の家族は化学薬品「ツィクロンB」で殺害されました。

2002年、Bosch Siemens Hausgeräte社は、ユダヤ人団体の抗議を理由に、自社製品に対するツィクロン商標の米国での登録を拒否した3940年、Umbro社は同じ理由で自社製品の一つにこの商標を使用することを拒否した。

ホロコースト否定派は、区画内にプルシアンブルーの残留物がないことからもわかるように、ガス室ではツィクロンBは使われていないと主張している。1994年、クラクフの法医学研究所は、シアン化レンガへの暴露によるプルシアンブルーの形成は、あまり確率の高い反応ではないことを考慮に入れて、この主張を検討した。

マイクロ拡散技術を使って、ガス室、消毒室(ポジティブコントロールとして)、居住区(ネガティブコントロールとして)からの22のサンプルをテストした。消毒室とガス室跡の両方からシアン化合物の残留物が発見されたが、住居跡からは発見されなかった。

ガス室の犠牲者への影響

ツィクロンBは屋根から穴の開いたパイプに流し込まれ、犠牲者はガス室に閉じ込められた。ツィクロンBは、人間が作り出す内部環境の湿度に反応して、まず窒息してしまったのである。

そして、毒物を投与してから20~25分後に、意識不明、脳死、昏睡、死に至る。推測されるような即死ではなく、犠牲者の息苦しさが増すことで死に至ります。

ガス処刑を監督していたSSの医師ヨハン・クレーメルは、「ドアの覗き穴から犠牲者の悲鳴が聞こえてきて、彼らが命をかけて戦っていることがよくわかった」と証言しています。

アウシュヴィッツのゾンダーコマンドの数少ない生存者の一人であり、本業は医学病理学者であるニースリ・ミクロスの回想録には、ゾンダーコマンドがガス室の中で死体が何層にもなっているのを発見したと書かれている。下には弱い人(老人、子供)、真ん中には女性、上には若くて強い人がいます。

効率性

ツィクロンBは効果の高い毒物だった。理想的な条件では、一人当たり4グラムで死に至るので、1トンのこの製品で25万人を殺せることになる。

デゲシュ社のライセンスでこの化合物が生産されたことは完全には記録されていないが、一例を挙げると、1944年にオラニエンブルグでは2,175kg、アウシュビッツでは1,175kgが使用されており、デゲシュ社がSSの医師クルト・ゲルシュタインを通じて供給した。この量は合計で約3,790kg、100万人近くの人々を駆除したことになります。

裁判

戦後、強制収容所や絶滅収容所でSSにツィクロンBを供給していた企業の従業員数名が、いくつかの刑事裁判で法廷に立たされた。最初の裁判は、テスタのハンブルグの販売会社の従業員を対象に、1946年3月1日から8日まで、ハンブルグの英国軍事裁判所で行われた。

会社のオーナーであるブルーノ・テッシュと同僚のヨアヒム・ハンス・ドロシン、カール・ヴァインバッハーは、人々を殺害するためにツィクロンBを供給した罪に問われていた。

ヨアヒム・ハンス・ドロシーンは、会社の方針を知っていたことが証明されなかったため、無罪となりました。一方、ヴァインバッハーとテッシュは有罪となり、死刑を宣告された。死刑判決は1946年5月16日にハーメルンの刑務所で執行された。

1947年から1948年にかけてニュルンベルクで行われたI.G.ファルベンの裁判では、I.G.ファルベンの経営陣であり、デゲシュ社の監査役であったハインリッヒ・ヘルライン、カール・ヴルスター、ウィルヘルム・ルドルフ・マンの3人が、デゲシュ社経由でツィクロンBを収容所に供給し、人々を絶滅させた罪に問われた。

しかし、被告が「デゲシュ社の企業方針に決定的な影響力を持っていたことや、製品の意図された目的について法的に関連する知識を持っていたこと」を示す決定的な証拠がなかったため、無罪となった。

フランクフルト・アム・マインの裁判所は、1948年にデゲシュ社の元ゼネラル・マネージャーであるゲルハルト・ペータースに5年の懲役刑を言い渡しました。西ドイツの連邦司法裁判所が判決を覆した後、ペータースは1953年8月7日にヴィースバーデンの裁判所で6年間の懲役刑を宣告された。再審の結果、ピータースは1955年5月にようやく無罪となった。

IGファルベンとは

IG Farbenindustrie AG
(Interessen-Gemeinschaft Farbenindustrie AGの略で、「染料産業の企業グループ」、I.G. Farbenfabrikenとも呼ばれる)は、ドイツの化学企業の複合体である。

1925年12月25日、BASF社、Bayer社、Hoechst社、Agfa社、Chemische Fabrik Griesheim-Elektron社、Chemische Fabrik vorm社が合併して設立された会社です。ワイラー・テル・メールは、第一次世界大戦中から主要な企業が集まっていたが、その中でも特に人気が高かった。

当初、これらの企業の多くは染料を製造していたが、すぐに他の化学分野を調査するようになり、化学製品の製造をほぼ独占していた。ナチス・ドイツ時代には、当時よく使われていた毒物である「ツィクロンBガス」の製造を開始し、スパルタリングを行っていた。このコングロマリットは、第二次世界大戦後、製造過程で奴隷労働が行われていたため、連合国の決定により解散した。https://es.wikipedia.org/wiki/IG_Farben

モデルナ

2010年 – 2016年

2010年、ModeRNA Therapeutics が幹細胞生物学者のデリック・ロッシ(英語版)の研究を商業化するために設立された。ロッシは最初に修飾mRNAをヒトの細胞にトランスフェクトし、これを幹細胞に脱分化(幹細胞はさらに所望の標的細胞型に再分化することができる)することでmRNAを修飾する方法を開発した。

ロッシはハーバード大学の教員であるTim Springerにアプローチした。SpringerはKenneth Chien、ロバート・ランガー、ベンチャーキャピタルのFlagship Venturesに共同投資を求めた。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%8A

IGファルベンが名前を変えたのがモデルナらしいですが、ツィクロンBのIGファルベンが前身とは口が避けてもいえないのでモデルナとの関係は記載されていません。

mRNAワクチンを研究する会社が突然できるわけがありません。モデルナModeRNAは社名の通りmRNAワクチン製造のためだけに作られたものと思われます。

コロナワクチンをばらまく目的で設立されたものと推測される。この計画はかなり前からあった模様。2010年のモデルナ成立が実行の着手、計画の本格化か。調べれば調べるほどヤバイものしか出てきません。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">