NO IMAGE

お盆前にPCR詐欺をおさらい

NO IMAGE
Sponsored link

ワクチンを打った後にPCR検査をすると陽性と出てしまうこれでは本末転倒です。

ワクチンは感染予防ではないとネット上の医師が騒ぎ、こんどは重症化予防だ、でワクチン打って重症になったと言ったら、

免疫反応だ
そんなの重症って言わない
効いてる証拠
打ってなければもっと酷かった

と霊感商法とまったく同じ返答でゴマカシます。
嘘つきですからいうことはコロコロ変わります。

細胞が壊れてウイルス発生

ワクチンを打つと感染が予防できると言っていた医師の方々は、ワクチンは重症化を予防するものと変化し、実際はワクチンの毒の効果で重症になってしまうわけです。

このワクチンを打つとPCR陽性になる、と当サイトでは指摘していますが言ったとおりの展開です。

人間の体の細胞はマイナスの電気に帯電しています。そしてそのマイナスの電気がプラスの電気で相殺されてしまうと細胞が壊れてしまいます。

細胞が破壊されるとウィルスが発生します。
感染などしなくても発生するのがポイントです。

野菜を放っておくと勝手に虫が湧いたりしていますが、人間の体の細胞が壊れてしまうとウイルスが発生するわけです。血液の酸性化して体内の細胞が壊れるわけです。人間も変な生活してるとあちこち腐ってきます。

そうすると、体内に細菌ウイルスが増える、これが風邪のメカニズムです。

血液の酸性化は激しい運動をしたり、疲れが溜まってくると起こるわけです。 体内に異物を入れるのも酸性化につながります。

というわけで、風邪をひかない方法は

細胞が壊れないように血液の酸性化を防ぐこと
ウイルスを駆除することではありません。

風邪をひかないなら細胞が壊れておらず血液の酸性化が進んでないと判断できます。風邪をひかないことを意識するだけで万病を防げることになります。

健康にでいたいなら、細胞にマイナスの電気を帯電させることになるわけです。コロナワクチンはマイナスの電気をプラスの電気で破壊するので、細胞が壊れ体内でウイルスが発生し、そのウイルスを判定してPCR陽性になる、ということが推測されるわけです。

簡単にいうと、自分の細胞が原因で陽性、です。人間が存在する限りこの詐欺は使えます。

専門家の方々は、ウイルスが体内に存在するためには、他人や他からもらうことしか頭にありません。感染などしなくてもウイルスには体内から湧いてくる、という意味が理解できません。

体はウイルスだらけであることが教科書に書いていないので知らないわけです。現実にあっても教科書に書いていないことは知らないのが専門家です。根本的に誤っているので感染症学の専門なのか専門外なのかなどどうでもいい話です。

ビニールシートを貼ったり消毒してマスクでガードしても体の中から湧いてきて意味がありません。これが PCR詐欺と言われる所以です。パチンコ屋ではPCRを行いませんからクラスターは発生しません。パチンコ台をビニールで囲ったからではありません。

これをパチンコマネー効果と呼びます。

コロナウイルスの存在証明

そして、コロナウイルスの存在証明がされていないことも重要です

PCR検査は、体内の体液を採取するわけですが、

ウイルスが見つかったとしても、 そのウイルスがコロナウイルスかどうか比較するための本物が必要になります。

ウイルスの存在が必要になるわけです。 それがまだ見つかっていないのです。

発表によると、コロナウイルスは増幅法(PCR)により遺伝子配列が決定されたと書いていますが、 増幅法ではウイルスそのものを発見したことにならないので駄目です。

子供に試験を解かせておいて、先生が採点をしようとしても先生が解答を持っていないから採点できない、というのと同じです。

犯罪捜査で使われるPCRは現場の体液を採取するわけですが、
この場合、犯人がすでに逮捕され体液の遺伝子配列が判明しています。
現場の体液と、逮捕された被疑者の体液を比較し同じものと断定できるわけです。

コロナウイルスでは、被疑者が逮捕されていない状態ですから何のウイルスを検査してるのかわからないことになります。PCRのct値などウイルス量を疑問視する方がいますが量の問題ではありません。あるかないかの問題です。

デルタ株ラムダ株とか色んな新株が出てきてオメガまでやるそうでウンザリですが、コロナウイルスがいまだに発見されていませんから、その変異株も存在していないわけです。存在が確認がされていないウイルスに、予防のワクチンや治療薬ができるのもおかしなことです。

アルファからオメガまでやる気なの

聖書の通りに「わたしはアルファであり、オメガである」感じでアルファ株からオメガ株までやるんでしょうか。なら律儀です。

5Gやマイクロチップみたいなオカルトを信じないで、と怒られるわけですが、ヨハネの黙示録通りのチンパス導入や、獣の刻印666、ルシフェラーゼなど調べれば調べるほどオカルト風味が満載ですから突っ込んでいくしかありません。というか、こんなオイシイ部分を突っ込まないでいるほうが芸人として狂っています。ここまでウケを狙っておいて「それはデマです」といわれても「またまたぁ兄さん」でしょう。

具合の悪い人が出てくれないと困るので、人工的に作り出したウイルスを撒いて肺炎患者を作ってると考えるのが妥当でしょう。 空港ガバガバや完成経路不明の連発、マスク社会で犯行しやすい状況も胡散臭さを感じさせるポイントです。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">