NO IMAGE

コロナワクチン騒動下の集団催眠状態

NO IMAGE
Sponsored link

コロナ騒動では国民は集団催眠に陥っています。自分は催眠になんかかかってないし5Gでコントロールされるわけがない、と信じている甘すぎる方もいますが

「お前はもう催眠にかかってる」

集団催眠

コロナワクチンを接種させるために催眠商法の手法が使われています。

催眠商法では、客寄せのために無料プレゼントなどと商品を配布したりします。

無料で配布されるようなものではない価値のあるものだと錯覚させ、客の満足感を満たし、商品の購入に誘う方向への心理状態を作り出します。

その結果として射幸心を煽らせて高価な物品を購入させるといったやり口です。

競争心を煽り、今しかないこれしかないと慌てさせるように「タダあげる」といいその条件反射を利用してタダの毒を売りつけるのです。

同調現象

ワクチンを誘導するために同調現象も使用されています。いわゆる同調圧力です。

日本人は同調にとにかく弱いです。

同調現象下では、意見がある方向のみに偏り、自分の意見や行動を他人に合わせるようと行動します。この同調現象では、主張の強い方が良しとされて異論は無視か排除されます。

同調を補強する意見のみが歓迎されるようになります。そして、同調効果の中で異論には個人攻撃人格攻撃を行い、発言者を敵視したりで意見の偏りが強まります。

その状況にいる人は客観的により強い方の意見に加担します。

同調現象の現れた集団においては、その集団の結束を乱したくないという感情がおこり、問題や不都合を隠蔽します。異論がないことは、賛成の扱いとなり全会一致の状況が作られ暴走が加速します。

この同調現象を守るために、異論や水を差す行為を封殺しようと発信者のネガティブキャンペーンを行ったり、検閲をしたりして影響力を弱めようとするのです。

ワクチンでのデメリット、副作用、死亡者などを一切テレビでは語りませんが、この同調現象が完全にできあがっています。

ネットでは自由が議論がしにくくなり、デメリットの発信者をデマを広めている者とNHKが悪人扱いしたり、検索結果にワクチンの不都合な事実を載せない検閲行為がすでに確認されています。

同じ言葉を繰り返す手法

同じ言葉を繰り返す手法も使われています。人間は繰り返しの言葉に弱く、同じ表現を単調に繰り返すと催眠状態に陥ります。

その結果、繰り返された言葉を信じて、それに基づいた行動をとるようになる、と言われています。

修行するぞ修行するぞ修行するぞ

ワクチン打つぞワクチン打つぞワクチン打つぞ ※当サイトは宗教団体と関係ありません

国民の多くが真面目な顔して極厳修行にはげみ解脱を目指しています。高学歴や医師だけでなく老若男女が解脱するんだと必死に毒チンを求め、40℃の熱が出た日にゃ「効いてる!効いてる!」至福だ成就だとありがたがります。

アホみたいな手法にみえますが、医師や専門家政治家によるワクチンワクチンの連呼はかなり効果があります。打つのが当然と催眠にがっつりハマっている方もいます。家族が親を止めても家族のいない隙をねらって毒を打ちに行く始末。「テレビばかり見てると馬鹿になるよ」と説教たれてた親のほうがテレビの見すぎで馬鹿になっていたのですから恐ろしい話です。

お前らのような雑魚をコントロールするのに5Gを持ち出すまでもないわ

上級国民のせせら笑いが聞こえてきます。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">