Sponsored link
NO IMAGE

コロナワクチンスパイクタンパク輸血でおちおち怪我もできねぇ

NO IMAGE
Sponsored link

輸血にまつわる問題はよく考えておかなければいけません。

インフルエンザ、日本脳炎、コレラ、A型肝炎、肺炎球菌、百日ぜき、破傷風等の不活化ワクチンおよびトキソイドの接種を受けた方は、接種後24時間の献血をご遠慮いただいています。

B型肝炎ワクチンの接種を受けた方は接種後2週間、抗HBs人免疫グロブリンを単独または併用した方については投与後6カ月間、狂犬病ワクチン(動物にかまれた後)を接種された方は接種後1年間の献血をご遠慮いただいています。

おたふくかぜ、風疹、BCG等の弱毒生ワクチンの接種を受けた方は、接種後4週間、天然痘ワクチンの接種後は2カ月間、破傷風、蛇毒、ガスえそ、ボツリヌスの抗血清の投与を受けた方は投与後3カ月の献血をご遠慮いただいています。

新型コロナウイルスのRNAワクチン(mRNAワクチンを含む)を接種された方は、1回目、2回目いずれの場合も、接種後48時間を経過していれば献血にご協力いただくことが可能です。なお、現在承認されているRNAワクチンは、ファイザー社と武田/モデルナ社となります。 また、その他の種類のワクチンを接種された方は、現時点では献血をご遠慮いただいています。
https://www.jrc.or.jp/donation/about/refrain/detail_08/

コロナワクチンは接種者は輸血可能になっていますが、輸血なんかされた日には、どう考えてもワクチンのスパイクタンパクに感染します。

スパイク入れられる

コロナワクチンだけが不自然すぎる特別扱いです。

コロワク安心安全アピールの一環でしょう。48時間でmRNAが消えると宣伝したいわけです。コロワクの危険性を認識し、打ったフリして打たずに必死に逃げてる医師もいるというのに。

アピールするのは勝手でも、危険な物体を知らないうちに注入されるほうはたまったものではありません。そこまでしてワクチンのスパイクタンパクを国民に注入したいわけで、完全に狂っています。

病院で治療を受けると、ワクチンで汚れた血液を輸血される危険性があります。

コロナワクチンを打ち善意で献血に来る者もいるでしょう。献血するような人はボランティア精神あふれる善意の気持ちで突っ込んでくるからまた困ります。大怪我でもすればスパタン入り血液を突っ込まれ、これでは治るものも治りません。

恐ろしすぎておちおち怪我もできません。

輸血の問題

そもそも輸血には問題があります。

輸血にはリスクがありますが指摘されていません。

血液の赤血球は成長して臓器や肉・体骨になります。他人の血液は異物で、輸血は臓器移植をしてるのとは変わりありません。合理的な方法でないから事故が多発します。

血液は体内で作るものです。その造血作用を活かせばいいわけです。骨髄で血液が作られるといまだに誤解している専門家たち。骨髄でできる血液は赤血球の逆分化作用によるもので造血ではありません。この違いすら知らない医師たち。

代用液という方法があってもまったく研究しない研究者の方々。

輸血後の感染症とされるものも、実は他人の血液を入れて体内の細胞が破壊され、ウイルスが発生したものと考えることが可能です。いくら殺菌消毒しても感染症がなくならないことが医師には理解できません。

輸血行為自体に多くの問題があるわけです。

専門家は体内から細菌ウイルスが発生するとは夢にも思いませんから、どこから細菌が混入したと思い込みます。飛沫や消毒に固執してPCR詐欺に気が付きません。

血液型の間違い
病原菌入りの輸血

これしかトラブルがないと思い込んでる専門家の方々は、都合よく物事を限定して決めつける浅はかな頭脳をお持ちです。

最後には「想定外」と想像力の欠如を自白します。

〇〇は問題ない、タカをくくってたいてい問題になります。

血液製剤の安全性は,スクリーニングのできる既知の病原体に対しては究極に近いレベルまで到達していると考えられる.今,最も問題となる感染症は,血液製剤に混入した細菌感染である.しかし,わが国では,それは見過ごされているか,過小に評価されている.実際,室温で保存する血小板製剤では細菌汚染率が実に 1 : 2,000であり,それによる死亡などが年間 150 例以上発生しているとの米国での推定がある.
https://www.med.or.jp/anzen/innai/yuketu.pdf

いくら事故が起こっても日本では全部隠蔽ですから修正できません。

時代遅れ

そもそも血液が何なのかろくに研究してこなかったのです。完全に時代遅れです。輸血の世話になった方もいるでしょうが、劣った方法で運良く回復しただけで、リスクがなくもっと合理的な方法はあります。

本来なら適切な治療方法は医師や研究者が研究するべきなのですが、遺伝子治療や新薬の研究など、確実に失敗する研究に夢中になり、既存の医学の誤りを修正しようとしません。

コロナワクチン騒動後にはスパイクタンパクだらけでもう輸血はできないと考えていいでしょう。輸血後の病死で輸血と死との因果関係ナシであの世行きです。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock