NO IMAGE

コロナワクチンで肺炎になるメカニズム

NO IMAGE
Sponsored link

まず肺の機能を見ていきましょう。

血管
流れる血管には大きく2系統があり、血液ガス交換のための系統を機能血管といい、いま1つは栄養血管と言う系統であり当臓器を養うためのものである[1]。

機能血管は心臓の右心室から肺動脈が出る。肺動脈は縦隔で左右に枝分れして右肺動脈と左肺動脈に分かれる。左右肺動脈は気道と同様に肺葉に向けて分岐して行き、最後は肺胞で毛細血管になる。肺胞でガス交換を終えた血管は分岐した時と同様に合流して行き、左右それぞれ2本の肺静脈となって左心房に流れ込む。栄養動脈である気管支循環系は、大動脈から直接分岐する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%BA

毛細血管が詰まるとガス交換ができなくなります。

赤血球中のヘモグロビン(Hb)は酸素分圧に応じて酸素と結合する性質を有しており、酸素分圧が高い肺砲内で酸素と結合し、酸素分圧が低い末梢組織で酸素を遊離する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%BA%E8%83%9E

酸素を吸えばいいと考え人工空気を吸わせると酸素中毒になったりします。電子の補給であり、赤血球が肺で還元反応を行っていると考えたほうがいいでしょう。

CO2吐いてO2吸う、ではCだけ損して対価がありません。O2は媒介にすぎず、Cと交換するものがあるはずです。O2は回転寿司に例えると皿です。食べるのに必要ですが皿だけ取っても寿司がなければ意味がありません。

外界から取り入れる空気に電子が含まれていること
肺の毛細血管が詰まっていないこと
赤血球に電子が結合できる状態になっていること

この条件を満たすと肺が機能するわけです。

赤血球が電子を運べる状態かが問題になっています。コロナワクチンによって赤血球に余計な物質が付加されてしまい電子を取り込むことはできません。

ワクチン成分と赤血球が結合して抗体スパイクタンパクとなり、肺の毛細血管に詰まり肺炎が起こり機能停止。呼吸困難をしていきます。心筋炎の副作用は肺の周辺の血管が詰まり始めてる兆候です。

肺に限らず、全身は毛細血管で占められていて、血液が酸性化して詰まるとその箇所が悪くなります。人によって血管の詰まりやすい箇所は異なりますから、症状や病気も異なるわけです。

肺炎の原因はタバコとの決めつけで思考停止、肺が悪いからと酸素吸入で患者を速攻で殺害する医師には理解できないのでしょう。

マスタードガス

コロワクにはマスタードガス、抗がん剤との類似点がみられます。

シアン化水素は、細胞呼吸を妨げる毒ガスです。青酸カリは、電子伝達経路に関与するタンパク質の一つに結合することで、細胞がアデノシン三リン酸(ATP)を生成するのを妨げます。

このタンパク質、シトクロムcオキシダーゼは、いくつかのサブユニットを含み、鉄基を含むリガンドを持っています。ツィクロンBのシアン成分は、この鉄基の1つであるヘムa3と結合し、π結合の金属結合により、より安定した化合物を形成することができる。

この新たなシアン化鉄錯体が形成された結果、ヘムのa3基に座るはずだった電子が座れなくなってしまう。その代わり、これらの電子は化合物を不安定にするので、ヘム基はもはや電子を受け入れない。その結果、電子輸送が停止し、細胞はATPの合成に必要なエネルギーを生み出すことができなくなる。
https://kenkou-maintenance.com/phase3/20210212/

マスタードガスも赤血球に余計な異物を結合させることによりガス交換を阻害し呼吸困難を引き起こすメカニズムで人々を殺傷していたわけです。

モデルナのワクチンで髪の毛が抜けた、というのもこの会社がマスタードガス製造と関係していることが推測できます。

頭皮の毛細血管が詰まり、毛髪の種になる赤血球はワクチン成分が結合されて成長できずハゲます。

ちなみに、シャンプーという異物を頭皮に塗ってると、毛髪の種になる赤血球に異物が結合して正常な成長が阻害され、界面活性剤で細胞が破壊されたりしてハゲます。

シャンプー塗る

ハゲ増加

育毛剤・かつら業界、AGAクリニック活性化

本末転倒ワクチン

コロナウイルスから身を守るためのワクチンで肺が真っ白に。ハゲるワクチンなど免疫力低下を起こす原因ですが、専門家は免疫力の意味が理解できませんから非難しても無駄です。免疫力は血液がきれいな弱アルカリの状態で働き、ワクチンという異物を注入すると弱アルカリの状態が崩れ、毛細血管が詰まり病気になります。

ワクチンのせいじゃないコロナのせいなんだ

マスコミと医師は嘘をつき続けます。 ワクチン打つ直前にコロナにかかったとみえみえの嘘を吐いて回り、ワクチン打って死んでもワクチン未接種を強調。ワクチン未接種で死亡した者には「それみたことか」と非難します。

肺炎というとすぐにタバコという決めつける人がいますが、血液を汚すことのほうが悪いです。 2020年は肺炎の患者が減少していたようですが、2020以前には日頃から医師が患者にいろんな薬品を盛りまくり血液を汚し、無意味な酸素吸入で肺炎にしていたことも予想できますよね。

コロワクは本末転倒どころか、始めから殺しに来ているということなのでした。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">