NO IMAGE

子宮頸がんワクチンを接種予定だったのに故意に誤って新型コロナウイルスのワクチンを接種

NO IMAGE
Sponsored link

子宮頸がんワクチンを接種予定だった10代の女子生徒に、誤って新型コロナウイルスのワクチンを接種していた。

和歌山市によると24日、市内の医療機関が、10代の女子生徒に、誤って新型コロナウイルスのワクチンを接種した。

女子生徒は本来、子宮頸がんワクチンを接種する予定だった。

しかし、机の上に、子宮頸がんワクチンと新型コロナウイルスのワクチンが置かれていたため、医師が取り違えたという。

医療機関が保護者に謝罪し、女子生徒は2回目の接種について検討しているという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e02a53e21f9b374c2bf49c8582dd32ba1cea39ca

お金が儲かるほうを選択するのが医師です。

銭ゲバです。

真面目そうな顔しても中身は腐っています。

コロワクでガッポガッポ金が儲かり外車買ったりでもうウハウハ。

そんなわけで、子宮頸がんワクチンよりもコロナワクチンのほうが儲かるんでしょう。

偶然を装って「わざと」間違えます。

故意か過失かなんて本人しかわかりませんから嘘ついてりゃOKです。

ワクチンすべてに反対しているわけじゃない

そんなのんきなことを言ってるヒマがあるのでしょうか。

インフルワクチン・はしかワクチンを打ちに行ったら、机の上にコロナワクチンが「たまたま」おいていてあり打たれることになります。

看護婦:点滴打ちますね

「たまたま」おいてあるコロワクをズブッ

患者ボロカスに

看護婦:やだぁ、まちがえちゃったぁテヘッ ペロッ

無断で抗がん剤を患者に注入しまくり患者を殺しまくってる医師もいます。ただの毒殺、自作自演の連続殺人なわけですが、やればやるほど出世が早まると殺して逃げてます。死亡診断書も嘘っぱち。

特権階級で殺したい放題です。

田舎の医大出て都会で東大医学部より出世するには殺しまくって点数稼ぐしかないんだ!

その医師がいるフロアでは「たまたま」患者が急変、連続不審死を遂げていきます。

金がほしい、出世がしたい、医師の自己実現に巻き込まれ国民は殺されていくのです。通院・入院は命がけです。

患者の死体の上に豊かな生活を築こうとする愚か者には死が待っています。

医療関係者に何をされるかわからない時代、病院や医師そのものが健康リスクになることを意識しましょう。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">