NO IMAGE

腎臓の病気と血液のpH

NO IMAGE
Sponsored link

私の祖母も2回目打って救急搬送されました。
認知症が急激に悪化し肺炎に腎炎まで起こして医者がハッキリワクチン副反応ですって認めました。
打ってしまった物は取り返しつきませんがこれ以上に酷い副反応が出ない事を祈るばかりですね。

コロナワクチンで腎臓病が起こりますがそのメカニズムを見ていきます。

腎臓の役割

腎臓の役割は 尿を作ることにあります 腹部内でも背中に近い部分で左右一対になっています。腎臓は不要になった体内の物質を尿として排出するために働きます。

成人では1日1000〜1500ミリリットルの尿を排出します。水分をたくさん取った時には尿の量が増えて、汗をたくさんかいているときは尿の量が少なくなります。

尿の成分は95%が水分であり 残りの5%に尿素・尿酸・塩素・ナトリウム・カリウム・アンモニア・クレアチニンが含まれています。

腎臓の病気

腎臓の病気でよく聞かれるのが腎炎・腎不全です。腎炎は咽頭や扁桃などでウイルスが増殖し、そのウイルスが血液によって腎臓まで運ばれたことによって起こる炎症とされています。

血尿や浮腫・蛋白尿などがあり尿の減少なども見られます。急性腎炎では血尿・浮腫・高血圧などが主な症状です

現在、腎炎そのものを治す薬はありません。腎不全は腎臓の働きある電解質の調節や老廃物の排泄ができなくなった状態を指しています。

重症の場合は尿毒症になる可能性もあります。原因は事故などで水分や電解質が急激に失われるショックなどいろいろがあり、悪化すると透析が必要になるとも言われています 。

クエン酸は腎臓病の可能性を低くして、予防だけではなく改善にも効果が表れているとされています。

ナトリウム

腎臓では、水素イオン(H+)をナトリウムの電子を与え還元反応させることで、ナトリウムイオンは再利用されて水素イオン調節が行われます。

腎臓は重曹や食塩の中のナトリウムを利用して水素イオンを還元させる機能になっています。

ナトリウムがなくなれば、腎臓の解毒能力が低くなり解毒することができなくなります。二酸化炭素が腎臓から排出されるのも、重曹を消費した結果だからです。血液のpHが下がると腎臓に負担がかかります。

ナトリウムは体に悪いものとの誤解がなされていますが、最外殻に電子を1つもっているので人体に電子を与える還元剤として働きます。

ナトリウムは体に悪いと根拠なく医師が広めるおかげで腎臓病患者が増える一方です。

回復させるためには、ナトリウムをしっかり取り、血液のpH上げること、アルカリ性食品を食べクエン酸サイクルを活性化することになります。

アシドーシス

血液の酸性化はアシドーシスと呼ばれていて、糖尿病や肝炎・腎炎・各種伝染病、筋肉運動の時あるいは肉類卵その他の動物性食品や過剰に砂糖を取った際に起こると言われています。

精神的なストレスや肝臓や腎臓の障害と深い関係があると言われていますが、病気の根本原因がアシドーシスと言ってもいいでしょう。

普通に生活をしていれば、人間の体はアシドーシスが進行します。だから、意図的に血液をアルカリ性にしようとする試みが必要となるのです。

腎炎・腎不全の原因も 咽頭や扁桃などでウイルスが増殖しこととされていますが、血液が酸性化し、細胞が酸化して破壊されウイルスが自然発生したものと考えられますから、原因は血液の酸性化と考えるのが妥当です。

どうみてもコロナワクチンが腎臓病の原因になっていますが、コロナワクチンという毒物を体内で解毒しようしてできなくなったのが腎炎です。毒と腎臓周辺の赤血球が結合し病的細胞に成長し腎炎を起こします。毒を取り込みすぎて解毒が追いつかない状態です。異物を排出するために血尿が出ます。安易なステロイド投薬でも起こりますが毒を注入するから悪いのです。

透析

腎臓が悪くなったからと言って透析を行っても逆に悪くなります。

腎臓の機能はナトリウムを使って還元反応を行い、血液の酸性化を抑える役割があります。

透析の装置は、血液の酸性化を抑えることもなく、電子が補給できるわけではありません。血液のpHを上げるものは、重炭酸イオンではなくナトリウムのほうです。重炭酸イオンを追加しても効果がありません。

この誤解から、透析で血液の酸性化が止まらなくなり、アシドーシスが進行、透析が原因で動脈硬化・がん・脳梗塞・多臓器不全に陥り、病院だけは透析装置で儲かる糞システムになっています。腎臓を治す方法も考えられない連中がカネに目がくらみ、コロナワクチンで腎臓病を自作し知らん顔です。

現代医学は腎臓の機能を故意に正確に捉えておらず、理論が誤っているから誰も治らず悪化するのです。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">