NO IMAGE

より多くの病気を拡散させるワクチンのスパイクタンパク質

NO IMAGE
Sponsored link

心筋炎なんて言葉、いままでに聞いたことありましたか?

ワクチンの「スパイク 」タンパク質は、より多くの病気を拡散させる

https://www.naturalnews.com/2021-05-26-vaccine-spike-proteins-are-spreading-more-disease.html

(Natural News) 武漢コロナウイルス(Covid-19)の「ワクチン」が、致命的な「スパイク」タンパク質を排出し、さらに病気を誘発するという事実を人々が知りつつあることに、「科学に基づく医学」の懐疑論者たちが大騒ぎしています。

Science-Based Medicine誌の事情通の一人であるSteven Novella氏は、中国製ウイルスのスパイクタンパクが「COVID-19の害を単独で引き起こす可能性がある」ことを認めており、これは「この病気を理解する上で重要なことである」としています。

これまでの「科学」では、伝染性のウイルスが人々に病気をもたらすと考えられていたが、実際の被害をもたらすのはウイルスの「スパイク」であるという説が有力になってきたようだ。

ノヴェラ氏は、このスパイクを「ウイルスのビジネスエンド」と表現し、「感染した細胞を標的にして、それに取り付き、侵入する」能力を与えているという。スパイクの変異は、ウイルスの「亜種」と「亜種」を区別するものでもあるという。

そして、このスパイクタンパク質は、たとえウイルスが付着していなくても、それだけで病気を引き起こすことができるという研究結果を引用しています。これが、武漢風邪が “主に血管壁を損傷する血管疾患 “である理由であると彼は認めている。

確かにノベラ氏の意図するところではないが、ノベラ氏の長文の記事は、スパイクタンパク質のコード化されたmRNAを含む中国製ウイルスの注射が、政府が認めようと認めまいと、病気の原因になっているという事実を裏付けるものである。

このことは、ノヴェラ氏のリンク先の研究で引用されている、外側にスパイクタンパク質を含み、内側にウイルスRNAを含まない空のタンパク質の殻を使った実験によって証明されている。このスパイクの入った殻、つまり「疑似ウイルス」を実験マウスに気管内注射したところ、健康被害が多発したという。

肺胞隔膜の肥厚と単核細胞の浸潤の増加により、「シュースパイク」を投与した動物では肺の損傷が明らかになったという。一方、スパイクタンパク質を含まないモックウイルスを投与した対照マウスでは、損傷は見られなかった。

さらに、スパイクが付着した殻は、細胞上のACE2受容体に自ら結合してその機能を低下させ、肺組織や血管を覆う内皮細胞を損傷させたことが判明した。

「この損傷は、細胞内のミトコンドリア(エネルギー産生器官)に影響を与え、形状が変化したり、機能が低下したりすることで生じているようだ」と説明している。「そして、スパイクタンパク質にさらされた肺内皮細胞の培養を用いて、試験管内でこれらの影響を再現しました。

コヴィドは呼吸器系の病気ではなく、血管系の病気である

また、ノベラ氏が引用した研究では、チャイニーズ・ウイルスは、アンソニー・ファウチ氏をはじめとする “専門家 “が長い間主張してきた呼吸器系の病気ではなく、血管系の病気であることが明らかにされている。このことは、人々に害を与えているのはウイルスではなくスパイクタンパクであることをさらに強固にするものである。

また、もしスパイクタンパクが注射後にmRNA技術によって常に製造されているのであれば、人々の体は合成毒物を浴びせられていることになり、肺や重要な器官にダメージを与えるだけでなく、脳卒中や致命的な血栓を誘発する可能性もある。

これが、プランデミックの「第3の波」と呼ばれるものである。この人口減少計画の全貌が明らかになった時、大量の死が起こるだろう。

ノベラ氏はこの評価に同意しないだろうが、彼の研究と彼が引用した研究は、ノーベル賞受賞者であるリュック・モンタニエ氏やその他の人々の研究と直接関連しており、たとえ数ヶ月から数年かかっても、注射を受けることは死刑宣告であると国民に警告している。

ノベラ氏が認めているように、ファイザー社の注射もモデナ社の注射も、”完全長のスパイクタンパクを生成する “ものである。また、このスパイクタンパクが害を及ぼす可能性があることをほのめかしているが、何億回も投与しても「重大な副作用」はなかったと主張している。

CovidVaccineReactions.comのデータベースでは、Novella氏の評価に異論があることは確かですが、その判断は読者の皆様にお任せしたいと思います。

ノベラ氏は、mRNAを注射して作られたスパイクタンパク質は「固定された状態」にあり、細胞に結合するための「確認事項を変更することができない」と主張している。したがって、安全であり、注射された人に害を及ぼすことはないと主張している。

しかし、実際にはそうではなく、何十万人もの人々が注射後に重大な怪我をしたと報告していることがわかっています。懐疑的な人たちが正直に言えば、「重大な副作用」に分類されるようなことが、明らかに多くの人に起こっているのです。

しかし、これらの「懐疑論者」の多くは、ワクチン接種という金の子牛を否定し、認知的不協和の状態を永遠に続けているという事実があります。いくら証拠があっても、自分で選んだ「権威ある」情報源から提示されたものであっても、注射が安全でない可能性があることを納得させることはできません。

ノヴェラ氏は、武漢のインフルエンザ・ワクチンが、血管障害を引き起こすことが確認されているスパイク・プロテインを生成することを認めた上で、自らの結論として、「どちらのmRNAワクチンにもまだ驚きがあるとはとても思えない」と主張し、「リスクは限りなく小さく、利益は明らかである」と付け加えています。

1年後、2年後には、このハッカーが賢者のような愚か者であったことが証明されるだろう。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">