Sponsored link
NO IMAGE

マダガスカル大統領が2000万ドルのWHO贈収賄の主張を立証する様子を見るとさらなる暴露が飛び出す

NO IMAGE
Sponsored link

https://aobrempongnana.wordpress.com/2020/05/17/updates-watch-madagascar-president-substantiating-the-20million-dollar-who-bribery-claim-as-more-revelation-pops-up/

UPDATES: マダガスカル大統領が2000万ドルのWHO贈収賄の主張を立証する様子を見るとさらなる暴露が飛び出す

17/05/2020

マダガスカルの大統領が、COVID-19治療薬に毒を混入させるためにWHOが2000万ドルの賄賂を提供した、というセンセーショナルな主張をしています。

COVID-19 Organicsと呼ばれるアルテミシアから作られた漢方薬は、COVID-19患者を10日以内に治すことができる、と大統領は述べています。また、この治療薬を発見したのがヨーロッパの国であったならば、これほどの疑念が生じるだろうか、と疑問を呈した。

マダガスカルのAndry Rajoelina大統領は、世界保健機関(WHO)が、アフリカ産のウイルスの「治療薬」であるCOVID-19 Organicsを毒殺しようと企んでいると非難した。ラジョエリナ氏は、WHOが薬を毒殺するために2000万ドルの賄賂を提供したと主張していると、Tanzania Perspectiveは5月14日付の一面で報じた。

マダガスカル大統領は、コロナウイルスに対するマダガスカルの治療法を世界が緊急かつ尊重して取り扱おうとしない唯一の理由は、治療法がアフリカから来たものだからだ、と考えている。

WHOはCOVID-19治療薬を毒殺するために2,000万ドルの賄賂を提供したとマダガスカル大統領が語ったとTanzania Perspectiveが報じている。

ラジョエリナ大統領は、フランスのメディアとのインタビューの中で、アフリカ人に対する通常の見下しに起因すると思われることに気づいたと述べたと報じられています。

「問題はアフリカ産であることです」
「マダガスカルのような国が世界を救う処方を考え出したことを認められないのです」
「Covid-Organicsの問題は、本当に何なのでしょうか?もしかして、この製品はアフリカから来たものなの?世界で63番目に貧しい国であるマダガスカルのような国が…世界を救うことができる(この処方を)考え出したことがいけないということでしょうか?」
「もし、マダガスカルではなく、ヨーロッパの国が実際にこの治療法を発見したとしたら、これほどまでに疑念を抱くだろうか?」

アフリカ最年少の国家元首であるマダガスカルのアンドリー・ラジョエリナ大統領は「私はそうは思いません」と語りました。

インタビューの全文は以下のリンクからご覧いただけます。

COVID Organics社の治療薬は、1970年代に中国からマラリア治療のためにマダガスカルに輸入された植物であるアルテミシアから作られています。アルテミシアはマラリアに対して実績があり、ラジョエリナ大統領によれば、COVID-19の患者を10日以内に治すことができるという。

しかし、WHOはこのようなコロナウイルスに対する自然治療法を盲信だと批判しています。ラジョエリナ大統領は、WHOが「COVID Organics」を懐疑的に扱っていることに対し「どんな国や組織も私たちの前進を妨げることはできない」と述べています。

マダガスカル産のレシピを輸入しているのは、タンザニア、ギニアビサウ、コンゴ、ニジェールなどのアフリカ諸国です。

ナイジェリアでは、ビル・ゲイツ氏がナイジェリア下院に対し、コロナウィルスの強制予防接種プログラムを速やかに通過させるために、1,000万ドルの賄賂を提供したとして、傍受した人的情報に基づく論争が勃発しています。

一方、さらに別のアフリカの国ナイジェリアでは、ビル・ゲイツがコロナウイルスの強制接種プログラムを賄賂で賄っていることが発覚しました。傍受された人的情報報告に基づき、ナイジェリアでは、ビル・ゲイツ氏がコロナウイルスの強制接種プログラムのために1,000万ドルの賄賂をナイジェリア下院に提供したことが明らかになり、物議を醸しています。

野党は、ワクチンが発見されていないにもかかわらず、すべてのナイジェリア人に強制的にワクチン接種を行うことを義務付ける「外国人主催の法案」を拒否、法案を議員に強要するならば、議長を弾劾するよう要求しました。

そのわずか数日後、イタリアの政治家がイタリア議会でビル・ゲイツ氏の逮捕を要求。ローマの国会議員であるサラ・クニアル氏は、ビル・ゲイツ氏を「ワクチン犯罪者」として糾弾し、人道に対する罪で国際刑事裁判所に引き渡すようイタリア大統領に要求しました。また、ビル・ゲイツ氏がインドやアフリカで行っている計画や、デジタルIDプログラム「ID2020」による人類のチップ化計画についても暴露しました。

アフリカにおけるWHOの時代は終わったようです。タンザニアがWHOを国から追い出した数日後、今度はブルンジがアフリカで2番目にWHOのコロナウイルスチーム全員を内政干渉のために国から追い出した国になりました。

彼はWHOにヤギ、パパイヤ、ウズラのサンプルを送って検査させました。3つのサンプルがすべてCOVID-19陽性であったため、タンザニアの大統領はWHOを国から追い出したと言われています。

タンザニアに続いて、ブルンジも内政干渉を理由にWHOコロナウイルスチーム全員を国外に追い出しました。外務省はWHOのアフリカ本部に宛てた書簡で、4人の職員は金曜日までに退去しなければならないとしています。

コロナ治療薬とされるものには要警戒。存在証明のないウイルスの治療薬など存在しない。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock