NO IMAGE

医師でも説明不能なコロナワクチン接種後のトミーズ雅の肺炎・体調不良の原因

NO IMAGE
Sponsored link

有名芸能人のトミーズ雅は、コロナワクチンを打った後、急に肺炎になっています。医師でも説明できず、霊感商法で逃げてゴマカすしかない体調悪化のメカニズムをここで見てみます。

血液を酸性化させて細胞を破壊するワクチン

人間の体は血液が流れていて、 その血液のp が低下して酸性化すると具合が悪くなります。

コロナワクチンはプラスの電荷を、マイナスの電荷を帯びている細胞にぶち当てることによって細胞を破壊、細胞内の染色体にトジナメランなどの遺伝子治療薬を結合させて、スパイクタンパクを作るという無茶苦茶なメカニズムとなっています。

プラスの電荷を細胞に当てるというのは、血液を酸性化させることで、マイナスの電荷を細胞が帯びているというのは、細胞がアルカリ成分で満たされていることを意味します。

血液を酸性化させて細胞を破壊するわけです。血液が酸性化すると細胞が破壊され、スバイクタンパクが増殖、そして毛細血管がスパイクタンパクで詰まり病気になる、ということです。 人によって血管の詰まる箇所は異なりますが原因は同じです。

はげしい運動の意味

その間に漫才を4回やったもののなんばグランド花月の50段ほどある階段を上がると動けなくなり、ジムでいつもの6分間2ラウンドのミット打ちそしても、1分で「死ぬかと思うぐらいしんどくて」ミット打ちをやめていたという。
https://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/e3-83-88-e3-83-9f-e3-83-bc-e3-82-ba-e9-9b-85-e4-b8-ad-e7-ad-89-e7-97-87-e3-81-ae-e8-82-ba-e7-82-8e-e3-81-a0-e3-81-a3-e3-81-9f-e3-80-8c-e3-83-af-e3-82-af-e3-83-81-e3-83-b3-e6-89-93-e3-81-a3-e3-81-a6-e3-81-aa-e3-81-8b-e3-81-a3-e3-81-9f-e3-82-89-e6-ad-bb-e3-81/ar-AAOzgv8?ocid=BingNewsSearch

トミーズ雅は、もともとボクシングをやっていましたから、日頃の運動としてミット打ちをやった模様。激しい運動をしたので血液が酸性化し、肺の毛細血管が詰まってしまい肺炎になったものと考えられます。運動は呼吸数が増えて、肺を酷使するので悪くなりやすいです。

というわけで、ワクチンを打った人は激しい運動は厳禁です。運動をすればするほど、 血液が酸性化していきます。

運動をしないからといって安心はできません。特に、頭脳労働者です。これらの人たちも、酸性化を抑える還元剤神経伝達物質ナトリウムを大量に消費します。その結果、血液が酸性化していきます。というわけで、頭ばかりを使っている人は、脳の血液の酸性化が進み、脳梗塞になることも容易に想像がつきます。

解毒するなら運動と仕事しすぎに気をつけて

ワクチンを打って解毒を考えている人は激しい運動や、長時間の労働は避けることが大切になってきます。血液の酸性化を止めるような食生活をしていかなければ、急に具合が悪くなる危険性が高まります。

この重大なネタを、医師に相談したところで理解してもらえず鼻で笑われて終わり。病院の治療でよけい血液が酸性化して悪化、基礎疾患かコロナで死んだことにされてしまうのがオチです。

関連記事

中等症の肺炎だった「ワクチン打ってなかったら死にかけてた」https://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/e3-83-88-e3-83-9f-e3-83-bc-e3-82-ba-e9-9b-85-e[…]

IMG
Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">