NO IMAGE

赤血球を破壊するコロナワクチンと塩分

NO IMAGE
Sponsored link

コロナワクチンは 注入することによって 人間の血液の大部分を占める赤血球を破壊することが分かっています。

では、どうして破壊されてしまうのでしょうか?

食塩濃度と赤血球の関係

人間の血液には、0.9%程度の濃度で食塩が溶けています。

その食塩の濃度が、0.45〜0.38%くらいになると赤血球の崩壊の始まり、0.36〜0.30%になると完全に破壊されます。

つまり、赤血球が破壊されるというのは、血液の塩分濃度が下がっていることを意味します。逆に、塩分濃度を下げてやれば赤血球を破壊できる、とも考えられます。

人間の体に食塩は電子を与える還元剤、かつ、アルカリ性食品として働きます。そして、コロナワクチンは血液を急激に酸性に傾け、赤血球が異常な形に成長したり、赤血球同士が結合し血管に詰まります。

この酸性の薬品で、細胞を破壊し遺伝子治療薬と呼ばれるものを細胞内の染色体に結合させスパイクタンパクを作る、という仕組みです。

ワクチンのダメージが大きくなる人の特徴

このワクチンのダメージが大きい人というのは、血液が酸性に傾いている人、また医師に騙されて日頃から塩分を控え、血液の塩分濃度が下がっている人が危険と推測されます。

普段からコンビニ弁当やチェーン店外食を繰り返す人や、堕落しきった肥満体も危険にさらされます。基礎疾患を持ち、病院のお薬を飲んでいる人も血液が異物で汚れ、骨が弱くなっているので被害が大きくなります。

人間の赤血球は、骨が溶ける逆分化によって補給されるわけですが、骨が溶けて塩分が補給されます。骨が弱っていると、塩分濃度が低下しやすくなります。

ワクチン接種で赤血球が破壊され血液が減れば、骨を逆分化させて血液を増やそうとしますが、塩分濃度低下でその赤血球が破壊され、間に合わなくなることも推測されます。

恨むなら医師を

人間の体には塩分は絶対に必要です。しかし、現代の医師たちは 塩分を摂ると病気になる、と自分が確認をしたわけでもないのに、誰かの決めた宗教上の教義を信じこみます。そのため、塩や重曹の補給という答えを導けず、みすみす患者を死なせます。

暗記教育の弊害は大きく、医師はものを考えることができません。不適切な治療であることが理解できず、体調不良が治らない患者が続出しているのです。

生理食塩水の意味すら理解できない医師の方々に、いくらコロナワクチンによる体調不良を相談しても、とっとと人工呼吸器で窒息死されられるか、さじ投げられて見殺しでハイ終了です。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">