NO IMAGE

ワクチンで高フェリチン血症症候群鉄過剰

NO IMAGE
Sponsored link

COVID-19の重症型っていってますけどワクチンです。

高フェリチン血症症候群

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S156899722030135X?utm

概要
COVID-19の重症型は、マクロファージ活性化症候群(MAS)、成人発症型スティル病(AOSD)、致命的な抗リン脂質症候群(CAPS)、敗血症性ショックなど、「高フェリチン血症症候群」と呼ばれる4つの疾患と、いくつかの臨床的・検査的特徴を共有していることがわかった。COVID-19の全身性炎症反応と「高フェリチン血症」は、いずれも血清フェリチンが高く、サイトカインストームによって生命を脅かす高炎症が持続し、最終的には多臓器不全に至ることが特徴です。この総説では、重症COVID-19患者の炎症亢進の原因として考えられる疫学的・分子的メカニズムを分析し、この疾患と「高フェリチン血症症候群」との間の類似性を強調することで、重症COVID-19をこの炎症性疾患スペクトラムの5番目のメンバーとして考えることができると考えています。

フェリチン(Ferritin)とは、鉄結合性タンパク質の一種である。生物の細胞内において、鉄と結合することにより鉄を保存し、必要なときに鉄を放出する。藻類、細菌、高等植物、ヒト、動物を含むほぼすべての生物がフェリチンを合成する。ヒトにおいては鉄不足と鉄過剰を抑える役割を持つ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%B3

血液中の鉄が不自然に増えてるって意味です。

ウイルス感染と鉄分代謝

https://www.nature.com/articles/nrmicro1930
ウイルス感染と鉄分代謝

キーポイント
細胞生理学の基本プロセスにおける鉄の中心的役割を簡単にまとめた。ウイルスが効率よく複製されるためには、これらのプロセスが機能していなければならず、したがって、鉄が豊富な細胞はウイルスの格好の住み家となる。

ヒトにおける鉄のホメオスタシスを概説し、肝臓ホルモンであるヘプシジンの作用を説明する。ヘプシジンは鉄のバランスを保ち、その合成は多くのタンパク質によって制御されているが、その一つがHFEである。

鉄過剰症は、C型肝炎ウイルス(HCV)感染症の重篤な疾患の危険因子である。HCV自身が細胞内の鉄輸送を操作し、ヘプシジンの合成に影響を与えている。

また、HIV-1感染者では、鉄の蓄積が死亡率の上昇に関連している。マクロファージにおける鉄の蓄積は、ウイルスの複製を促進し、二次的な病原体を利するとともに、貧血を引き起こす可能性がある。

HIV-1のタンパク質Nefやヒトサイトメガロウイルス(HCMV)のタンパク質US2はHFEを標的とし、その結果、鉄輸送を制御している。

新世界出血性アリーナウイルス、イヌおよびネコのパルボウイルス、マウス乳腺腫瘍ウイルスは、いずれも宿主タンパク質であるトランスフェリン受容体1を利用して細胞内に侵入する。このようにして、これらのウイルスは、鉄分を必要とする活性化した細胞に感染し、その複製を促進することができる。

鉄キレート剤で感染細胞への鉄の供給を制限すると、in vitroでHIV-1、HCMV、ワクシニアウイルス、単純ヘルペスウイルス1、B型肝炎ウイルスの増殖が抑制される。また、HCVに感染している患者では、鉄分を除去することで病気が改善されます。

これらの研究は、ウイルスが鉄のホメオスタシスを直接操作すること、また、ウイルスによる鉄輸送の変化が疾患の変化に関連していることを示している。

DNAの合成やATPの生成など、細胞の基本動作には鉄が必要です。ウイルスは細胞を乗っ取って複製を行うが、その際には鉄分の豊富な宿主が必要となる。ウイルスの中には、細胞に侵入する際にトランスフェリン受容体1に結合することで、鉄を必要とする細胞に選択的に感染するものがある。また、HFEやヘプシジンなどの鉄の恒常性に関わるタンパク質の発現を変化させるウイルスもあります。HIV-1やC型肝炎ウイルス感染症では、鉄過剰症が予後不良と関連しており、ウイルス自体が原因の一つである可能性もある。鉄代謝とウイルス感染がどのように相互作用するかを理解することは、病気をコントロールする新しい方法を示唆するかもしれない

原因と結果を混同しています。

ワクチン異物薬物

出来損ないの細胞が増える・赤血球の無駄使い・塩分血液補充のめに骨をとかす

血液酸性化

細胞・赤血球が壊れた

ウイルス発生・鉄過剰症

鉄が血液中に放出されることは細胞が破壊されてることを意味しますから体調が悪くなる証拠となるわけです。鉄分は必要なのものなのに、血液中に増えるとなぜ体に悪いのかを理解できない研究者の方々。免疫力低下は血液の酸性化を意味します。

骨が溶けて骨中の塩分が放出され高ナトリウム血症になることもあるので、高ナトリウム血症には薄めて塩を抜くこと、だとも決めつけられないわけです。頭の硬い者は、高ナトリウム血症の治療が塩分補給とは永遠に答えらなれないでしょうが。

これと似ています。

体内の必要な細胞や臓器が壊れて鉄が放出されているわけです。どうして増えてるのか、その理由を考えないのが現代医学です。

現代生物学では何から細胞が生まれるのかは不明となっています。いきなり、ドンと生まれて細胞分裂で増えるそうです。



赤血球 (ヘモグロビン)

細胞

各種臓器に成長

細胞をワクチンが破壊

赤血球をワクチンが破壊

鉄が流出

原因
急激な血液の酸性化 赤血球の酸化

対策
重曹 クエン酸 塩分 アルカリ性食品で血液のpHを上げる

ステロイド薬、アルコール、その他薬品では酸性化が進むだけで逆効果です。

一般的な治療行為は血液を酸性化させます。コロナワクチンは血液を急激に酸性にして細胞を破壊するのが作用機序となっていますから、病気になるのは当然です。

ワクチンの副作用とされるものも、血液の酸性化で赤血球同士が結合し、まともな細胞にならず、肉体になってないわけですから麻痺したりするのです。血液をワクチンや抗がん剤などの毒でよごせば自己免疫疾患など容易に作れます。

ほんとバカだな

医師は馬鹿すぎて治療できないので無駄な治療行為でボロ儲け、自分たちは打たないで逃げてたりします。税金で贅沢してる奴らが、自分はうたないからいいや、と国民をナメ腐りながら。

血液の酸性アルカリ性の話はすでにありましたが、研究者が自己の利益のために隠したり、小馬鹿にして真面目に考えなかったりしたのがツケが回ってきたのでした。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">