NO IMAGE

ワクチン解毒と千島学説

NO IMAGE
Sponsored link

ワクチン打って継続しなければならないと悩んでいる方々。
それに対して無理だ無理だと騒いでいる方々。

ワクチンが原因で具合が悪くなったことははっきりしているのに、解毒は無理だ無理だと言って何になるのでしょうか?

薬害薬害と騒ぎ立てながら、薬害の解決法には興味がないようです。薬害からの治療法が確立したら、薬害!薬害!と叫んで薬害本の販売で金を儲けることができなくなってしまうのだから危機感を覚えるのも自然なこと。火が燃え続ければ消化器は売れ続けるのです。

医者や学者が真実の生物学や医学、病気の治し方を知らず、それぞれの医師が好き勝手なことばかりやった結果、薬害を引き起こし、その極地がワクチンジェノサイドなわけですが。

千島学説がなぜヤバいのか

赤血球から細胞・臓器ができる、という千島学説があります。この学説では細胞や臓器が赤血球に戻る逆分化作用もあります。

教科書では1個の細胞が2個4個8個みたいな倍々ゲームで分裂して増えると記載されています。0個から1個細胞が生まれる過程は一切言及されていません。DNAが転写して〜翻訳して〜の箇所は細胞が1個から2個に増える過程の説明ですから、0個から1個の細胞が生まれる過程の説明ではありません。DNAの2本鎖がほどけて〜のそのDNAはどこからきたのか、その説明は誰もしていないわけです。0個から1個の細胞が生まれる過程と、細胞が1個から2個に増える過程はまったく別の話です。

最初の1個がどうやってできたのかはいくら勉強しても不明で、早い話が、生物学の未知の領域です。赤血球から細胞ができるなんてオカルトだ、とも文句つける資格がなく「わかりません」というのが正しい態度です。

千島学説がオカルト、と決めつける人もまた従来の生物学すらちゃんと勉強しておらず、わからないことすらわかっていないのです。

千島学説では赤血球がより集まり融合して細胞ができることになります。薬品を取り込んだまま赤血球が病的な細胞に成長すると考えますから、発がん性の抗がん剤や毒チンをとりこんだまま病的細胞に成長し、がんだらけになると、こんなゴミクズ打たずとも容易にわかるわけです。遺伝の突然変異や逆転写など、苦し紛れの論法を持ち出す必要すすらありません。

製薬会社の性接待の快楽から抜けられずにいる方々には憎悪の対象でしかありませんが。

がん細胞が赤血球にもどり消滅した、という話も国立がんセンターや京大がちゃんと握り潰してるくらいですから、エビデンスなど存在するわけがありません。この学説は認められていません、というより、隠蔽されてきました。

製薬会社にとっては都合が悪いものでしかないからです。そんなもんエビデンスがあるのかと騒ぎ立てるものがいますが、こんな調子でるからあるわけがありません。認めるか認めないかと、真実が真実でないかは別の話ですが、偉い先生にお伺いを立てなければ何もできない、考えられない羊の方々には受け入れ難いでしょう。未知の領域なんですからお墨付きを与えてくれる偉い先生も存在しません。

偉い先生が千島学説を認めてくれるまで待つのでしょうか。
あと何百年経っても認めませんよ。

細胞分裂で細胞が増えることを確認した者はいません。むしろ、こっちの方にエビデンスが必要なのではないでしょうか。

千島学説を持ち出すと生物の教科書が根本的に変わってしまうので、チリ人妻にサクッと騙される程度の頭の硬い方々は発狂し現実逃避をするに決まっています。ボンクラ連中が発狂しようが怒ろうが、真実が変化するわけではありません。

細胞分裂によって細胞が増えない、ということは、核が遺伝子ではないことを意味します。遺伝子が複製され細胞が増えるというのは基本的な現代生物学の考え方なのですが、これが元になってビジネスができてしまっています。

遺伝子治療とかiPS細胞・遺伝子治療ワクチンとか言われるものです。遺伝子は染色体ではないので、遺伝子治療なんかやっても核をいじってがん化して終わりだから自分はぜったいにやらねえ、という結果になるわけです。遺伝子治療ビジネスが全て崩壊してしまうのですから、千島学説なんて認められるわけにありませんよね。

知っても使えない

残念ながら千島学説を知っても、それが直接、解毒になるわけではありません。赤血球の逆分化作用の発動条件が断食くらいしか提示できてないからです。

オートファジーとかもてはやされていますが、断食は完全な治療法にはなりえません。断食は骨を溶かし弱めるので、やるなら骨を日頃から強化するのが前提です。長期にわたりできるものではなく、骨の弱い方や不健康な方にはおすすめできるものではません。

千島学説を完全なものにするには血液のpHの知識が必要です。断食のメカニズムは骨の成分を血液中に溶かして血液のpHを上げるだから赤血球の逆分化作用が発動し解毒できるわけです。

千島学説には血液のpHに言及はありますが、軽く見すぎています。千島学説より血液のpHを優先し中心するべきです。血液のpHの知識がないのなら片手落ちの理論といってもいいでしょう。古いのでしかたありませんが。

本当に健康になりたいなら、病気を治したいなら、体の中に溜まった毒チンを排出したいなら千島学説を理解するのは有用です。なぜ、人間が病気になってしまうのか、その手がかりがあるからです。

薬屋からお金をたっぷりともらって、接待で快諾を貪って患者をゴミのようにぶっ殺してるえらそうな先生方が、千島学説のようなエビデンスを出してくれると思っているのでしょうか?

エビデンスがほしいのでしょうか?解毒を成功させたいのでしょうか?どっちなんでしょうか?

そんなゴミ供の尻など追いかけ回してるうちに解毒をする時間を失うだけです。千島学説を理解すれば、生物や医学の教科書が矛盾だらけであり、お薬やサプリメントはただの異物であり解毒には不要、と理解しやすくなるでしょう。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">