NO IMAGE

オミクロン煽り毒チン三発目誘導

NO IMAGE
Sponsored link

いきなり始まったオミクロン煽り。ブームはマスゴミが作るものです。

多数変異、ワクチン効果低減か 治療薬影響も懸念―オミクロン株

2021年12月01日07時13分

国内初となる感染者が検疫で確認された新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」は、細胞に侵入するときに使う表面の突起「スパイクタンパク」の変異が約30カ所に上る。これら多数の変異により感染力を増すとともに、ワクチンや治療薬が効きにくくなった恐れがある。

国立感染症研究所はオミクロン株について、デルタ株などと比べ変異に「最も多様性がある」と指摘。多様な変異の一部が、細胞への侵入しやすさを招く恐れがある。実際、最初に見つかった南アフリカではデルタ株からの置き換わりが急速に進む。香港では空気感染の可能性がある事例も報告された。
従来株の場合、ワクチン接種により体内で作られた抗体がスパイクタンパクと結合し、細胞への侵入を防ぐ。一方、オミクロン株は多数の変異があるため、抗体がうまく結合できない可能性がある。このためワクチンにとどまらず、抗体治療薬の効果への影響も懸念される。
重症化リスクや致死率の高さは不明だ。世界保健機関(WHO)によると、若年層は重症化しにくいとの報告もあるが、はっきりしたことは分からない。
感染研は28日、これらの報告を基に、オミクロン株を3段階で警戒度が最も高い「懸念される変異株」に指定し、監視体制を強化。厚生労働省も、検出されたウイルスの全遺伝情報(ゲノム)解析を徹底するよう自治体に連絡した。
感染症に詳しいけいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫医師は「感染力がデルタ株より強いのは間違いない」とした上で、「今後の流行状況にもよるが、重症化リスクや致死率がデルタ株と同程度なら、3密回避やマスク着用の徹底などで大丈夫ではないか」と話す。ただ、「致死率などがもっと高ければ人出の抑制など、より強力な対策が必要になる」と指摘している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021113000919&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

毒チン → デルタ株 → オミクロン

ワクチン打った人から重症化、毒打ちゃ具合悪くなるのはあたりまえ
新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の発生を最初に指摘した、南ア医師会のアンジェリク・クッツェー会長はロイターの取材に対し、オミクロン株患者の症状はこれまでのところ軽く、自宅療養が可能でパニックを起こす理由はないと述べた。https://news.yahoo.co.jp/articles/927f6164bd21bd04990e447f8aceadb0edb77203

大したことないカスって言ってるのに大騒ぎ。マスゴミがパニックを起そうとしてるし
人を不健康にしてカネ儲けて喜ぶ医師会製凶悪変異ウイルス尾身クロン株のが問題だろ
医師会製凶悪変異ウイルス、尾身クロン株に感染すると、人の迷惑考えず、カネを集めることに夢中になり知らぬ間に精神が腐るという最悪の感染症を引き起こす

やめられないとまらない

カルビーのかっぱえびせんならいいんですけど、ファイザーの毒チンはいりません。

オミクロンに毒チンは効きません。というか、毒チンが効く病があるなら教えてほしいところです。専門家は、どうせ毒チン三発目打って倒れた患者をオミクロンに感染したせいだというでしょう。「効かない」っていってるのに「重症化を防ぐ」とごまかし重症に追い込む霊感商法詐欺がやめられません。ワクチン毒で苦しんでいるのに、ワクチンのおかげでこの程度で済んでる詐欺、もうおなじみです。

ここでやめると、いままでのが間違いだっと認めることになるとでも思っているでしょうか。過去を振り返らずに前向きに生きてると、反省しないで逃げるだけになるので同じ被害を作り続けます。

過去を振り返らずに前向きに抗がん剤で何百何千も無駄に患者を殺害してる者もいます。自分がやったとバレないように、担当していない患者に注入したり小細工がバレてたりして本当に愚かです。

オミクロンは三発目に合わせてでっち上げたものです。すでに三発目の計画はありました。ワクチンバイトも募集していました。

感染が収束して何も起こらないのに三発目では、打つ意味がなくなってしまいます。三発目の計画を立てて準備したのに、収束してしまうとは役人も予想外だったのでしょう。

なにかの騒ぎを作り出して、恐怖を煽り、在庫の毒チンをはけさせる必要ががあります。買ってしまったから売るしかない、振り上げた拳は振り下ろさいといけないわけです。

詐欺医師

「税金だから打たなきゃ損」と医師も騙してきます。

かかりつけ医にだまされて、毒チンで亡くなった高齢者もかなりの数に上るでしょう。用もないのにかかりつけるものではありません。

毒を注入して得なことなんてありません。

カネでは買えない健康を失って何の得になるのでしょうか。医師にとって、他人の健康なんてどうでもいいのです。生活のために健康を奪っても「騙されたほうが悪い」「ざまあみろ」と反省の色も見せません。

いい加減、ヤブ医者の精神構造をわかってきた方も増えてきたのではないでしょうか。医師として不適格な者が医師になって大きな顔をしてきたのです。

変態が妙に教師になりたがるのと同じ構造です。警察をひっくり返すと893、教師をひっくり返すと変態、医師をひっくり返すと殺人鬼、早い話が同類です。いままでバレなかっただけです。

デタラメな治療行為、患者の殺害や暴言などのパワハラなど、立場を利用した医療関係者の犯罪は後を絶ちません。このような卑劣な犯罪は、医師の適性を欠く者が医師のふりをして行動しているのだから、蔓延するのは当然です。

医学部には面接試験がありますが、医師不適格な犯罪者が選抜するわけですからロクな者が入学するわけがなく、変なのだらけになり、実際にそうなったわけです。犯罪者は、同類の犯罪者に親しみを覚え、善人をみると不快感を示すのが自然な感情です。

いいかげんに疑えよ

犯罪者が資格を取って医療関係者の仮面を被っても、犯罪者の性質を持つ以上、治療なんかするわけもなく、興味もなく犯罪に勤しむだけです。オミクロンは3発目の正当化で、性懲りもなくまた参加してしまう医師も出てくるでしょう。カネ目当てで。

コロナ騒動ワクチン煽りの目的は人口削減にあるわけですが、この騒動の歴史的評価は別の点にあります。いままでの医学・医療が嘘っぱちであったことが明白になったと評価されるのです。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">