がん治療ループ!金儲けがやめられない医師から逃げない患者の心理

がん治療で闘病していた人が何度も何度も治療を繰り返す。

「治療したんだから治ったんでしょ?」

寛解などとごまかしてもまた再発。それも当然のことです。なぜなら、がん治療で使われる抗がん剤は発がん物質だからです。体内に毒物を入れれば、体内にたまります。

治療者が原因を作り続けるマッチポンプ治療

一時的にがんが縮小したとしても、退院してから健康のことを考えて食事療法をすることになる。そうすると免疫力アップし、たまった抗がん剤などの毒物を出そうとする。そのときにがんができてしまいます。

たまった発がん物質を排出するためにがんができるのです。発がん物質と血液中の赤血球が結びついて細胞化します。事情のわからない専門家は、自分でがんを作っていることに気がつかず、定期的な検査をして、がんができたからまた治療だ、と安易に決めます。

再度化学物質を打ち、体内に毒物が蓄積します。すぐに殺してしまったら自分の責任が問われてしまいますから死なない程度の分量で打つ人も。退院してちゃんとした食事をするとまたがん細胞ができます。抗がん剤を打って、すぐにがんだらけになる患者もいます。

がんの原因である発がん物質を入れ続けているのだから当然ですよね。そんな感じでいくらやっても終わらないことになっています。これがマッチポンプと呼ばれる理由です。

治ったら困る人もいる

医師の方々も、がんが治ってしまったら困ります。絶対に治せない病気であってほしいのです。そうでなければ今まで犠牲にした人に、言い訳をすることができないからです。

ドクター中松みたいに食事療法なんかでがんが取れてしまったら腹が立ちます。絶対に治らないものであってほしいわけです。そして、最終的に医師が何をねらっているかというと治療で死んでほしいのです。

そうすれば自分のせいじゃないし、治らない病気で亡くなったんだと自分をなだめることができるからです。治らない病気に挑んで、やっぱり科学の力が足りなかったんだと思いたいわけです。病気ってこんなに大変なものなんだ、と思いたいのです。

仮に、がんの特効薬などできてしまったら困るのです。本当に治りたいならこのような専門家と話し合いを繰り返しても無駄。話が通じないか、聞いてくれないか、逆ギレされるか。

がんで患者が死んでるんだ、と信じている医師に相談しても、死ぬような治療を受けさせられるのがオチ。患者が治ってしまったら、今まで自分のやってきた治療が単なる人殺しだったという事実を突きつけられるのも嫌です。

ダマされている人には、自分はだまされているわけじゃない、と思い込む心理があります。だから見てみないふりして現実逃避して、同じことを繰り返します。深層心理で患者が死んでくれるのを専門家は切に願っています。

自分の主治医がヤブだと思ってかかる人はいない

どうしても助かりたいと思っている人なら、がん治療に不信感を持つのは当たり前です。

でも、危険な治療を進んで受ける人もいます。「それやったら死ぬよ」と言われても、他の病院にわざわざ行ってまで死ぬような治療行為をみすみす選ぶ人もいます。

このような患者が主治医を選ぶ基準は、自分に都合のいいことを言ってくれる人かどうか。自分の好みかどうかなのです。

好きでもない人に治してもらうくらいなら、好きな人に殺してもらいたいくらいの気持ちでいるのです。このような人ばかりではありませんが、誰だって自分の信じた医師がヤブ医者だと思ってかかる人はいません。その医師がどんな愚か者だとしても。

病気になることがプライドになる

人間の心理というものは複雑で、病院に通っている人は病気が治りたい、と思っている人ばかりではないということ。

長期にわたって病院に通っている人の場合、日常的に病院通いをすることは当たり前のことになっています。自分に課せられた義務のようなものです。

ドクター中松みたいに食事療法でがんが治ってしまったら、その義務がなくなってしまいます。明日からも病院に来なくていいことになります。治ってしまったら、やることがなくなるのです。

医師や看護婦からやさしい言葉をかけてもらえることも、もうありません。あと勝手にしてくださいね、ということになります。病気の治療に人生をかけていた人にとって、病院通いが終わるということは大変なストレスになります。

今まで会社勤務を繰り返していた人が、「もう来なくていいですよ」と言われ、開放されて嬉しい、と思える人がどれくらいいるでしょうか。社会を恨み自殺してしまう人もいます。

だから治っては困るのです。病気が治っては困るのだから。この先生にかかっても治らない、と思っていながら実は腹の中で満足しているのです。

あまりにも深い沼地に足を突っ込んだ場合、そこから足を引き抜くには大きな力が要求されます。沼にはまっていたほうがよっぽど楽と思うようなもの。その人にとっての生まれ持ったカルマなのかもしれません。

win-winの関係

治す気なんてさらさらない専門家に治る気のない患者。win-winの関係です。病気を治したいと思っている方なら自分の頭で考え、絶対に治りたいと願うこと。病気で苦しむのはもう勘弁してくれと思うことです。

長期間闘病していたり、変わった病名をつけられたりすると、変なプライドができてしまい、治る気も起こらなくなってしまいます。

病は気からとよく言ったもので、治る気がない人が何をやっても無駄です。頑張る患者に治る気がないなんてひどいことを言う、と不快に感じる人もいるでしょう。でも患者の上っ面だけしかみておらず、患者の複雑な深層心理を真剣にみていない証拠です。

本当に治る気があるならば、治療後にすぐに死ぬような、ムダに苦しく、金ばかりかかる治療行為に飛びつくわけがありません。治る方法を探し求める手間を省き、病気の治療になってない不適切な方法をわざわざ選んでいるうちは、周りの人がいくら献身的に助けても期待薄です。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!