適切ながん治療で芸能人が転移・再発を繰り替えすわけ

がん治療を続けているのに何度も再発する芸能人がいます。何だかおかしくありませんか。実はその裏にはちゃんとした理由があるのです。

がん予防のためなんてウソ

がんの予防のために抗がん剤を投与する医者がいます。何でもがん細胞の増殖を抑えるために打つのだそう。

残念ながら抗がん剤は単なる毒物でしかありません。発がん物質なので、体中に入ればまたがんができるだけです。体調がよくなれば、その毒素が出てきます。それを再発とか転移とか呼んでいるのです。まさに茶番です。

体内に発がん物質を入れればがんができるのは当然で、海産物のせいにしてはいけません。ちゃんとがんの原因を医者がしっかり入れているわけです。

だからほとんどの医者は、自分ががんになってもがん治療は受けないし抗がん剤は絶対に受けない、というのです。

患者の前・出版物・マスコミでは嘘をついていますが、そうしないとお金にならず、娘を進学校に入れたり、豊かに暮らすことを諦めなければならないからです。どうしてもほしいのです。現金が。

患者を騙して喜んでいるようですが、会社にダマされて利用されている医者が愚かなのです。

処方薬でがん

リウマチの処方薬にも気をつけましょう。副作用でがんになるものがあります。初めから治療になっていないのです。

体内にがんができる薬は単なる毒物で、発がん物質でしかありません。すべての病にろくな効果はありません。処方した化学物質でがんになっているのだから、がんを切り取ったり、抗がん剤を打ったり、放射線を浴びせても何の意味もないどころか有害です。

医者は信用せず、最も体に負担のかからない食事療法を中心にした方がいいでしょう。たまった発がん物質は免疫力を上げて外に出すこと。

このサイトでは体に負担のかからない方法を徹底して紹介しています。医者の言うことを真に受けるとドツボにはまります。

金で解決しようとすると引っかかるよ


たくさんお金を持っている人ほど引っ掛かるシステムになっています。体内に発がん物質を入れてしまった人は、食事療法で体内の毒素を出すことが最も安全。適切ながん治療の本質は解毒なのです。

人間には体内に溜まった毒を出す力があります。その毒を出す力のことを免疫力と言っているのです。がん治療で医者にかかると、薬でがんだらけにされて死ぬまで終わりません。解毒の逆をしているわけです。

医師が患者ならやらないけど金と出世が大切だから

抗がん剤を使えば他の医者を出し抜いて出世ができるために、欲に目がくらみ現実が見えず抗がん剤を打ち続けます。こんな輩を信じているから、いつまでたっても治療が終わらない哀れな芸能人。

死亡診断書に患者の死亡原因をぬけぬけとがんと書く嘘つきもいますが、本来ならば薬物と記載すべきです。

「早く見つけてくれて助かりました」夢でも見てるんでしょう。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!