NO IMAGE

ニセ医療の拡散で情報統制

NO IMAGE

情報統制

「ニセ医療」情報の拡散防止、プラットフォーマー各社の対策進む ツイッター、note、はてなも
11/24(日) 11:00配信J-CASTニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-00000001-jct-sci

科学的根拠が不十分だとして批判を集めた「血液クレンジング療法」(オゾン療法)。インターネット上では、こうした真偽不明の健康・医療情報が、たびたび物議をかもしながらも蔓延している。

情報発信の基盤となるデジタルプラットフォーマーも危機感を覚えており、各社は信頼性向上に向けた取り組みを進めている。

■反ワクチン情報拡散へ対策

ツイッターは2019年5月から、「ワクチン」に関する単語を調べると、検索結果に厚生労働省の予防接種情報ページが案内される施策を始めた。また、ワクチンについて誤った情報へ誘導する可能性が高いキーワードは、検索候補から非表示にする取り組みも同時に始めた。

ツイッタージャパン広報は導入当時、J-CASTニュースの取材に、「ツイッターは、利用者にとって高品質で関連性の高いコンテンツを重要視しています」と経緯を話す。

発表文では「ワクチンも含めそのほかの疾病や症状に対する治癒、治療、診断、予防について、誤解を招くような内容を含まない広告コンテンツのみを選んで表示するようにしています」とも報告している。

ワクチン接種をめぐっては、「自閉症を引き起こすリスクがある」など科学的根拠に乏しい「反ワクチン」情報の温床になっているとして、プラットフォーマーは批判を集めてきた。世界保健機関(WHO)が発表した「2019年の世界的な健康への脅威」では、インフルエンザやエイズウイルス(HIV)などとともに「ワクチン忌避」がトップ10に選ばれている。

また、英「ネイチャー」などが主催するジョン・マドックス賞を受賞した○○医師や、がん研究者の○○医師といった、信頼できる医療情報を発信している専門家の投稿は、積極的に拡散を支援しているという。

注意 英「ネイチャー」などが主催するジョン・マドックス賞を受賞した○○医師 → HPVワクチン推進論者

がん研究者の○○医師 → 抗がん剤推進論者
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59446
「手術は受けるべきではない」「抗がん剤は患者を殺す」などといって、その代わりに代替療法(効果が証明されていない未承認治療)を勧めます。効くという食品やら、食事方法やら、体温を上げるやら、がんの専門家からみれば呆れるものばかりです。

これはとてつもなく怖いことです。ネットに広がる情報を信じて、標準治療を放棄してしまい、代替療法を中心に治療を進めてしまい、急激にがんが進行してしまうケースが実際に多く見られています。誤情報は人の命を簡単に奪います。

よく言うわ

自分ががんになったら代替医療を選択するくせに。

抗がん剤で治ったやつ一人もいない

これが本音かつ現実です。

信頼できる専門家はいくらもらっているのでしょうか。抗がん剤は人の命を簡単に奪います。発がん性物質は自分の体で処分しろ。科学的根拠がないのはどっち?

https://ja.wikipedia.org/wiki/IARC発がん性リスク一覧#グループ1

抗がん剤は最高レベルの発がん性物質です。人の言うことを信じず、ちゃんと調べること。点数ほしさに内緒で抗がん剤を投与しがんの進行を自作自演するベテラン医師もいます。

抗ガン剤を使ってがんだらけになるのは、発がん物質を体内に入れたから。食事療法でがんが増えたように見えるのは、免疫力が高まり、体内に溜まった発がん性物質などの毒物を体外に排出しようとする働きが強まったからであり、全くの別の意味です。この違いがわからないなら治療などしても無駄です。

仮に抗がん剤を使ってガンの進行が抑えられたとしたら、神経をマヒさせて毒物の排出できないようにしているだけです。腫瘍マーカーを薬で無理に下げても意味がなく、免疫力が低下し死亡します。この違いも専門家は区別できないのだから大変です。

人間というものは弱い生き物です。お金や社会的地位が手に入るのなら平気で嘘をついたり、人を殺したりできます。しかも、対価を山ほどもらっておいて「命令だったから仕方がない」とかいって弁解。己の行為の善悪を判断できない人が専門家になり、うまいこと会社に使われるのです。

いわくつきの人物の情報を積極的に拡散させる計画です。テレビも医療タレントが増え、ツイッター・note・はてなはもう信用できないメディアとなり下がりました。

嘘つきに限って他人のことを嘘つき呼ばわり

嘘つきに限って他人のことを嘘つき呼ばわりするということはよくあります。治るもしないくせに、治る治ると嘘をついてあっという間に患者を死なせる。

抗がん剤を内緒で投与していたベテラン医師も追求されて「私は嘘つきじゃない」と言いながら説明が全部嘘とすぐバレた、なんてことも。医師にろくなのはいません。

合が悪くなったら隠蔽するだけ。金が欲しくて毒物投与やスパゲッティー症候群であっという間に廃人にする。こんなことばかりやっている現代医学を信用するのはいくら何でも危険極まりないです。

情報統制の流れが強くなっている

ワクチンが体に悪いのは少し調べればわかります。ワクチン打ったり、インフルエンザにかかったなど本末転倒なことが起こっています。体内にインフルエンザウイルスを入れればインフルエンザにかかるのは当然のこと。

それを、反ワクチンを検索結果にあげないなどの工作で正確な情報にアクセスできないようにする流れが強まっています。空中からのワクチン散布も視野に入れているのでしょうか?

テレビばかり見ている人はだまされます。インターネットで調べてもTwitterとかYouTubeみたいな薄っぺらいサイトではまともな情報にありつけません。

日本政府は国民を守る気などさらさらない

今の日本政府は国民を守る気などさらさらありません。昔とは違います。国家はあてにならないものになりました。それとともに最も危険になるのは医療です。

気が付いた時にはあの世行き

というような病院での即死事例は珍しくありません。

明らかに人口減少をねらって行っています。原子力発電所が爆発して大量の体調不良の国民ができ上がりましたが、その体調不良につけこんで一気に大半の国民をあの世に葬ってしまおう、というのは医療の狙いです。

注意すべきなのは原発だけではありません。というよりも、原発はどうしようもない面がありますが、医療に関しては自分からだまされてあの世行き、自己責任にされます。体調不良になると気持ちが弱くなり、すがりつきたくなるのでタチが悪いです。

がん治療のインチキ

がんの研究者などろくなものではありません。抗ガン剤を打ってあっという間にがんだらけになってあの世行きなど。

「どうせ死ぬんだから文句言うな」

など、がん専門医には現実に言われます。クズです。これが現実です。

患者に内緒で毒物代わりに発がん性物質の抗がん剤を打ち、がんの進行を自作自演して何千もの患者の死を演出していたベテラン医師の存在が証明しています。

がん無治療の生存率が高いのを潜在的に気にしているため、薬品での早期がん死を演出したいのです。

三大療法など自分だったら絶対に受けない

とまで言う医師はめずらしくありません。自分が受けたくないものを他人にやる、などという腐った精神に支配されきったこの国の民衆は上級から下級までクソです。

ネット上ではこのようながん専門医の意見ばかりが次々とヒットし、浅知恵の国民がバンバンだまされて金を巻き上げられて苦しんであの世行き、というシナリオになっているわけです。

これが真の医学だとするのなら、どうしてこんなに患者があっという間に死に、治療をやればやるほど悪くなるのか説明してほしいものです。

正しい知識だったら患者はどんどん治っていくはず。山のような不正確なエビデンスやゴミ論文などいりません。それよりも、病の治った患者がいるかどうかです。寛解というウソなしで。

現実は、一般人だろうが有名人であろうがあっという間にあの世行きです。

治療後に生きていたとしても一生の病院通いとか、障害者を大量生産する。そのための異常なパラリンピック推しも病人が増えたことを不自然だと思わせないようにする手段の一つ

自分たちが本物だというのなら病人をバンバン回復させてから言ってほしいものです。大企業と医療関係者は口ばかりです。

嘘つきほど本当のことを言う人を嘘つき呼ばわり

嘘つきほど本当のことを言う人を嘘つき呼ばわりする傾向があります。とくに医療関係の問題については嘘ばかりです。製薬会社の力があまりにも強いのでテレビだけでなく、雑誌・漫画やネットも大企業に支配されている様子。

医療関係者は患者を食い物にして国民だまして税金でセレブ暮らしをしてるだけです。

患者を全く治していないから、批判をしないでくれとおびえているようです。患者の病を治しているのなら、批判されようがウソが出回ろうが、治った患者がその実力を口コミで広めるので、心配などする必要はないはず。

治ってない患者やその周辺の人が彼らの悪行を広めるのを危惧しているのでしょう。情報統制の狙いは悪事がばれるのを防ぐためです。

はっきり言っておきます。医師と病院と医療は全くあてになりません。患者を食い物にして国民だまして税金でセレブ暮らしをしてるだけ。まともな知識にアクセスできなくなっても「医療関係者は疑え」という原則は忘れないでください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!