首相、偽医療にひっかかり退陣

首相、偽医療にひっかかり退陣そして引退へ

首相、偽医療にひっかかり退陣

自宅に今井補佐官が迎えに行くのは滅多になく緊迫

安倍晋三首相は8月17日、慶応病院で7時間半を治療に費やしたが、「首相は近く緊急入院する」――という穏やかならざる情報が駆け巡ったのは、前日16日夜のことだった。

速報菅官房長官の“利権” 「アジアの金融センター」が東京ではなく「大阪・福岡」に…

その情報は、かなりの真実味をもって政界関係者の間に伝わった。無理もない。首相が昨秋から国会で受けた、「桜を見る会」にまつわる執拗な追及。そしてそこへ襲ったコロナという災厄。顔に浮かぶ疲労の色は日ごとに濃く、会見の数も減っていたからだ。
さらに事情通いわく、

「コロナのせいでお得意の外交も封じられ、ちょうどこの時期恒例の、山梨県鳴滝村の別荘での静養も“不要不急の外出”にあたるというわけで控えざるを得なかった。夏休みのゴルフは何よりの息抜きだっただけに、ストレスは極限に達していたんです」

(中略)

「がんの検査も受けました」

今回はある報道が与えた影響も無視できない。8月4日発売の写真誌「FLASH」。そこには「首相が7月6日に執務室で吐血した」との記事があった。
菅官房長官は定例会見で即座に否定したものの、永田町では“事実”と受け止める見方が多かった。

さる官邸関係者が言う。
「7月6日、安倍さんは確かに吐血はしていません。が、朝から体調が悪く、小池百合子都知事とコロナ対策について意見交換した後、執務室で“クラクラする”と呟き、食べたものを吐いてしまった。その吐瀉物の中に鮮血が混じっていたんです。だから官邸は大騒ぎになったんです」

やはり、首相の身体には異変が生じていたのである。

自民党のある閣僚関係者も、次のように囁く。

「安倍さんは今回、がんの検査も受けました」

首相の持病である潰瘍性大腸炎はその特性上、最終的にはがん化する可能性も低くない。6月に続いて再度、身体の詳細なチェックを受け、がんの有無まで調べる必要があったのだろう。

首相の盟友、甘利明税調会長は17日、BSフジの番組に出演し、
「(首相には)ちょっと休んでもらいたい。数日でもいいから強制的に休ませなければならない」
と語っているが、それは決してうわべの物言いではなかったのだ。
別の官邸関係者が、入院直前の“ある重大な会談”について打ち明ける。
「それは、安倍さんと麻生さん(太郎財務相)の会談です。入院の前々日15日、首相は渋谷区の私邸で麻生さんと1時間語らいました。そこで首相は“自分の身に何かあったとき、後は麻生さんにお任せしたい”と伝えたと言われています」

ステロイドでは抑えられず、『GCAP』という血液浄化治療を…

麻生氏は副総理だが、それ以上の存在なのは永田町関係者にはよく知られた話だ。

「安倍さんは2007年に政権を投げ出した後、下野の責任を負うことになった麻生さんに今も恩義を感じている。だからせめて自分の残余期間を、麻生さんに担ってほしいと思っているんです」

「森友問題の際に財務相の職を辞そうとした麻生さんを首相は慰留。その後も職責を果たしてくれたことへの感謝の気持ちもある。だから、せめて自分の任期の残余期間を、麻生さんに担って欲しいと首相は思っているんです。麻生さんもまた志半ばで政権から身を引いた。だから喜んで受けてくれるだろうと言うのが安倍さんの考えです」

一方で、こんな情報も聞こえてきた。
「潰瘍性大腸炎はストレスが増すと症状は悪化します。首相は潰瘍性大腸炎を抑える薬としてアサコールを使ってきましたが、まずこれが効かなくなってきている。そして次のステップであるレミケードという薬にも手を出したものの、芳しくない。その後に、ステロイド製剤を併用したりするなどもしたようですが、調子を取り戻すには至らなかった」
そして、

「慶応病院では『GCAP』という、大腸に悪さをする白血球を除去する治療を数時間受けた。血液を取り出して白血球を除去する機械に通し、そこで炎症に関わる一部を取り除いた後、血液を再び戻すという作業になる。透析を想像して貰えば分かりやすいと思います。今回はT主治医に代わり、消化器系専門の教授がつきっきりで検査にあたったようです」(先の事情通)

2020年8月18日掲載

ステロイドが治療薬になる、と思い込んでいる残念な医療専門家集団、慶応大学医学部。超一流の専門家とされる医師たちですら、まともな医学知識を持っていないのがうかがい知れます。入学試験の偏差値が高かろうが低かろうがみんなヤブ

健康維持をヤブや他人任せにした時点で真のエリートとはいえません。

ほとんどの医師は、製薬会社から金もらってる先生の書いた教科書、製薬会社のパンフレット読んで勉強するわけで、どこ行っても同じです。「本当に大切なことだから二度言いました」どころではなく、本当に大切なことだから絶対に教えない。隠して利益を得た学者もいます。

ここの40代医学部教授が「病気」という超漠然とした原因で早死にした、と公表されたのが懐かしい思い出となっている方もいるのではないでしょうか?

ヤブって多すぎない?
治った人をみたことがないよ…..
治ってもないし逆に悪化してるし、
同じ手術を何度も繰り返してボロボロにされて感謝してる患者も患者だし
インチキ臭い業界だワン
狂った医師も多いニャ……
人としては終わりね
吐き気を催すくらいのクズばっかり見かけるわ
自殺や早死にで人生の幕を閉じるのも納得ね

当サイトでは常に偽医療などと専門家の治療行為の非効率さを揶揄しているわけですが、彼らだってわざとやっているわけではないのです。

治療する方法を知らないのです。だから、やればやるほど患者の具合が悪くなるのですが、悪気がない分、反省することもなくタチが悪いのです。

ステロイドで痛み倍増

ステロイドを投与しても病気が治ることはなく、血液が酸性化し骨がどんどん溶けていき病気が治るどころか、がんだらけになるだけ。ステロイドとは強烈に神経をマヒさせて痛みを感じさせないようにする薬です。痛みを感じないんだから病気もないんだ、という理屈ですが臭いものに蓋をしただけで、病気の原因を取り除くことにはなっていません。

ステロイドは発がん性物質なので、投与すればがんなんて特定の薬品で簡単に作れることを証明しています。しかも、血液の酸性化した状態アシドーシスが進み、すい液での中和が追いつかなくなり、すい臓がんにもなります。すい臓の存在意義が理解できない専門家のお粗末なことこの上ありません。

痛み止めを打ったってムダです。痛みの原因になっているのが不要物のステロイドなのですから。神経をマヒさせて痛みを感じさせないようにしていると、その箇所に血液が集中し、さらに痛みが強くなります。血液が集中するのは、汚れた血液などの異物を排出するためです。

ステロイドを投与していれば副作用に悩まされます。短期間使用するのはいい、と言ってる人もいますが、単なる毒物であり、どんな病も悪化し回復が遅れるだけです。使わないほうがいいに決まっています。毒物を飲んでれば不要物を排出するために血を吐くのは当然です。

新型コロナウィルスの治療にもならないどころか副作用に悩まされ、医師には「コロナの後遺症」と突き放されます。

ステロイドで血液汚して悪化

彼らはステロイドで、一体何を抑えようとしているのでしょうか?

病気を抑えようとしているように見せかけて病気の原因を作っているわけです。 汚い血液が増えて、ある一定の水準を超えると、はっきりとした体調不良として現れます。

その限界となる水準を超えたのが安倍首相の体調不良問題です。ここでいう酸性化した汚れた血液というのは、メトヘモグロビンです。血液が悪くなってくると顔がドス黒くなってくるのはメトヘモグロビンの増加です。そして、体が持たなくなり、健康問題で退陣というのはもうすでに決まっています。

メトヘモグロビンは、ヘモグロビンの一種。酸素を運ぶことができない状態のヘモグロビンのこと。チョコレートの茶色に青みがかった色。メトヘモグロビンの飽和度がある一定水準に達すると死亡する。通常のヘモグロビンに配位されている二価(フェロ)の鉄イオンが三価(フェリ)のものである。チョコレートの茶色に青みがかった色をしている。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%98%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%93%E3%83%B3

ステロイドの飲み過ぎによって腸の回復ところか、腸が駄目になり更に病気が悪化。副作用で全身が発がんです。

一般国民を食い物にしているから、国のトップも食い物にされてしまうというわけです。悪い原因を作っていれば、それがカルマとなり自分に襲いかかってきます。健康になりたいなら悪事を働かないことをお勧めします。政治・行政・医療はカルマを作りすぎています。目先の給料と安定に飛びつくと後が悲惨です。

国家のトップが満足な医療を受けられない日本

政府のトップがまともな治療を受けられない現代医療ですから一般人が殺されないないわけがないですよね。どんなにお金を持っていても、満足な治療を受けることができないのです。

医療専門家は口だけのハッタリばかりで、何一つ病気を治したこともなく、知識をひけらかして偉そうにしているだけの無用の長物です。名医とか言われて恥ずかしくないのでしょうか。

血液の浄化

血液の浄化というのは血液のゴミを取ることではないのです。血液を酸性から弱アルカリ性に変えていくことが本当の血液の浄化です。病的に成長し炎症した細胞は、血液を弱アルカリ性にして赤血球の逆分化作用を働かせ排出するのが適切なやり方です。これを解毒といいます。

血液の浄化のために必要な臓器と言うと、すい臓腎臓です。すい臓は血液をアルカリ性に保ってくれます。塩分を成分とした膵液を放出し、腎臓は重炭酸イオンを使って血液を酸性から弱アルカリ性に戻す機能があります。

単なるごみ取りの機能ではありまえん。当然手術してもダメです。専門家は意図的にすい臓と腎臓の機能を隠しています。

「腎臓は一度悪くなったら回復しない」というのも、血液の弱アルカリ性を保つ機能を知られたくないがための嘘です。

血液の浄化なんて大した金をかけることなく、スーパーで売ってるものだけでも実現できます。

その簡単なことが実現できないのは現代の医療専門家です。偏差値が高くても駄目です。製薬会社から与えられた知識を鵜呑みにし、本当の治療を全く教えてもらえなかったのです。

治せもしない割に、プライドだけは高いまま成長してしまい、真の知識に触れると「そんなもので治るわけがない」と小馬鹿にするばかりで受け入れようとしません。

病気を治すどころか、どのように病死に見せかけるかばかりを考えます。

治る兆候があるのに「もう死ぬ」と脅したり
不要な治療を施し「やらなかったら死んでた」とだましたり
隠れて毒を盛ったり
安楽死させたり

と患者をダメにしてばかりいるだけです。

高学歴の人の言うことは真に受けたらダメっておばあちゃんが言ってた口だけだからって

高学歴の人の言うことは真に受けたらダメです。彼らは自己保身のための嘘ばかりつきます。

まさにおばあちゃんの知恵袋、後生に語り継がれるレベルの真実だと言ってもいいでしょう。

健康の相談を医者にしては絶対にならないということ。総理大臣ですら偽医療に足を突っ込んで腸一つ治してもらえなかったのですから。一般人も信用するべきではなく、病気がひどくなったというより医者にひどくしてもらったというのが正確なみかたです。

そして、偽医療ではもうおなじみの詭弁ともいえる「ストレス!ストレス!」の大合唱です。

ストレスのせいと叫んでいれば許されると思っています。ストレスで全身がんになったり簡単に折れるほど骨がもろくなるわけがありません。

放射能浴びて発病しても「ストレス!」
殺意もって抗がん剤打って「ストレス!」

御用とサイコパスがん専門医だらけです。

最近では知恵をつけたのか「酸化ストレス」という言葉を編み出しましたが、どうしても「ストレス」を問題にしたいようですが「酸化」が問題なのです。

偽医療を推進していた政治家が偽医療の毒牙にかかる
放火して喜んでいたら自分の衣服に引火し焼死

「仮病」とかごまかしても駄目。ヤブにかかって仮病で済むわけがありません。今まで担ぎ上げた人はどのような扱いになるか恐怖を感じ、断末魔の叫びをあげています。

首相、偽医療にひっかかり退陣
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!