NO IMAGE

肝炎の原因を隠すノーベル賞

NO IMAGE

肝炎の原因はウィルスである、との学説を唱えた学者がノーベル生理学賞を受賞したようです。

しかし、これには裏があり真実と異なります。ここでは肝炎の原因についてみていきます。

肝炎

輸血が原因で起こる血清肝炎は、輸血した後50日から150日の潜伏期間を経て発病すると言われています。どの肝炎でも症状はほぼ同じです。

日本でも肝炎の患者がいて、その原因は注射器の使い回しである、という理由を殊更に主張しています。薬品販売のために外部からもたらされたものとの印象をすり込みたいのでしょうが、現実は異なります。

肝炎の症状

肝炎の兆候として、胃腸障害や頭痛・筋肉痛・倦怠感など感冒に似た症状を示します。

リンパ腺が腫脹し、強い黄疸症状が現れ、肝臓が腫脹します。発症すると入院して4ヶ月以上の治療期間になると考えられています。

肝炎ウイルスと輸血

肝炎は肝炎ウィルスによって起こるもの、と一般的には考えられています。

アメリカでは毎年輸血による血清肝炎にかかる人が30000人いて、その中1500人から3000人は死亡しています。表に現れていない血清肝炎は報告されておらず、多くの人が輸血による血清肝炎にかかっているものと推測されています。

輸血による血清肝炎は、肝炎ウィルスによって発生すると言われています。輸血をする前に、その血液中の肝炎ウィルスが存在するかどうかを判定することが理論的にほぼ不可能です。

ウィルスは、親ウィルスがいなくても、細胞が病的変化すると自然発生的に細胞内に生まれてくるものです。しかも、輸血を必要とする患者は免疫力が低く、血液が酸性化していてウィルスの発生しやすい状態になっています。

肝臓の役割

肝臓には血液中に含まれている化学物質・有害物質や他人の血液などの異物を分解して無害なものに変える働きを持っています。

他人の血液を輸血されると異物・有害物として肝臓が刺激され、血液がそこに集中して肝炎が起こります。集中した赤血球が肝細胞となり肝臓が腫大します。慢性になると結合組織になったり、肝硬変になったり肝臓がんに変わるのです。

注射器の使い回し

肝炎の原因は注射器の使い回しであるという理由も、本来はワクチンのせいで肝炎になっているのに、注射器のせい、人為的ミスである消毒不足と原因をすり替えているわけです。

注射器のせいなら注射器を使い捨てにすればいい、と言う話になり、これからもワクチンを打ち続けることが可能になる理由付けです。体に不要なワクチンのせいで肝炎になったとは口が裂けても言えません。

肝炎の大半は他人の血液の輸血、ワクチンという異物・化学薬品が原因です。

異物・化学薬品・ワクチン・輸血→ 血液酸性化・汚れる→肝炎ウイルス発生→ 肝炎

ノーベル賞も信用できない

外部からウィルスが侵入してきて肝炎になる、と言う理由だけを強調するのは薬品投与を正当化するため。薬品が原因で肝炎になるのはマッチポンプ。ワクチンで命を救っている、と大ボラを吹くマスコミ。だれも治ってもいませんし、命が救われたわけではありません。

真実からかけ離れた説を主張する学者に与えられる程度の低い賞をもらった、もらわないで騒ぐのも考えものです。ワクチン打ち正当化でコロナワクチン打ちまくりたいとの思惑もあるのでしょう。

肝炎になりたくなければ体内に薬品は入れないこと、治りたければ血液を弱アルカリ性のいい状態に保つことです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!