NO IMAGE

与えられた答えを鵜呑みにするだけで堕落する医師の方々

NO IMAGE
Sponsored link

医師国家試験の特徴は、単純暗記の試験であるということです。

どういうわけかわからないけど、結論だけをひたすら覚えていく試験。 理論を理解したといっても誰が作ったかわからない代物のパターン暗記に過ぎません。このタイプの試験は程度が低くやってると頭が悪くなります。

あんまり本ばかり読んでると、他人の答えに頼るばかりが癖になり、自力で答えを生み出せなくなり馬鹿になっていくのと同じです。

それで慣れてしまった医師の方々は、 与えられた答えを鵜呑みにするだけという思考に陥ります。 その結果、

バナナと言ったらリンゴ
予防といったらワクチン
アナフィラキシーショックといったらエピペン
サイトカインストームと言ったらステロイド
眠れないと言ったら睡眠薬
腎臓と言ったら治らない
難病と言ったら安楽死
精神病者と言ったら身体拘束
がんと言ったら抗がん剤
意味よくわかんないけどみんなやってるから酸素吸入
患者を殺したら隠蔽
悪事がバレそうになったら病院と弁護士に泣きつく

製薬会社の作ったまじかるパンフを正しい知識と誤解して「あなたの人生を救いたい」とほざかれたところで、加藤紀子風情のぼんやり判断で地獄行きにされるだけなのは火を見るより明らか。本人の思い込みなので失格です。

マジカルバナナは、1990年代に日本テレビ系で行われていたテレビ番組「マジカル頭脳パワー!!」で行われていたゲーム。
「マジカル○○」から始め「○○といったら××」(「バナナといったらすべる」「すべるといったらスキー」)といったように、○○から連想されたもの(××)を挙げながら、4拍子のリズムに乗って言い続けるゲームである。
https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A

何も知らずに小遣い目当てに毒物を持たされ、注入してぶっ倒れたから治療と信じてエピペンを打って血管を拡張させて血液の凝固する性質の毒を体の深部にまでしっかり押し込み具合が悪くなり死亡、という馬鹿みたいな顛末をご自分で引き起こします。

あなたが考えるより医師って適当にやってますからね
難しいそうな言葉をこねくり回してるだけで

しかも彼らは、

お金をもらいながら勉強をしています。 豪勢なホテルで快楽を伴う接待をされながらMRの講釈を聞くわけです。 MRの言うとおりに従うと出世が早まります。

そんな人達が真実にたどり着けるわけもありません。真実は隠されています。巧妙に。

快適な環境で堕落する医師たち

利益を受けながら勉強をするということは、 そのお金をくれる人に都合のいい知識ばかりを詰め込まれることです。 いつの間にやら洗脳されきって毒物を注入することが医療と思い込み始め、日本トップクラスの頭脳と誤解した病は治らないままです。

この環境下で飼いならされた医師たちは、半グレ集団と化していますからワクチンの被害が拡大してしまいます。社会のためだとか患者の治療だとか思いこんでるところがまた悪質。

わざとやるような奴はメリットがなければやめますが、善行と思い込んでるとなかなか反省しないで繰り返します。心の中には「後でテヘペロすりゃいんだろ」との特権を根拠とした甘えがあります。

現実を受け入れられない医師は、ワクチンを打って具合が悪くなっても因果関係がない、だとか、ワクチンのせいじゃないから、と急に冷たくなったり。毎日の仕事に終われて考える暇もなくなり、勉強しようと思ったら嘘のテキストが送り込まれてくるだけ。

書店や図書館で病気を治す方法を探し回って自分の身体を実験台にする医師などどれほどいるのでしょうか。 口ばっかが達者、それがサイコパスです。

ワクチン打って死んだのは迷走神経反射という心の病気だとほざく医師たち。学生のうちからすでに堕落の一途。悪事を働いても隠蔽してもらえる環境でのほほんと育ち、自分の判断でした行いを他人にせいにするという心の病気に冒されていたことがコロナワクチン騒動で可視化されたのです。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">