Sponsored link
NO IMAGE

なぜ主流派メディアは市民科学を検閲するのか?

NO IMAGE

なぜ主流派メディアは市民科学を検閲するのか?

https://www.naturalnews.com/2016-06-03-why-does-the-mainstream-media-censor-citizen-science.html

主要メディアが、特に健康に関連する情報源として信頼できないことは周知の事実だ。何にでも効く「奇跡の薬」を約束するような、最新の科学的ブレークスルーに関するセンセーショナルな見出しは、嫌と言うほど目につく。

一方、市民科学者(独立した科学的研究を行う人々)は、注目されない。その責任の一端は、無知にある。主流メディアの記者の多くは、健康や栄養についての基本的な理解が不足している。

「主流メディアの記者は、野菜の外側の農薬は洗い流せると思っているようです」

ヘルスレンジャーのマイク・アダムス氏は、こう述べる。

「例えば、スイカに何度も何度も農薬を散布し、何ヶ月も栽培した後、農薬を洗い流せると思っているのです。実際には、農薬はスイカに吸収され、果実は内側から汚染されるのです」

一方、主流メディアは代替医療や統合医療のメリットを無視し続け、貶めたりしている。CNN、Fast Company、Popular Scienceなどのメディアは、健康な食習慣を精神障害と見なす健康「専門家」の研究をお祭り騒ぎするまでに至っている。

つまり、主流派のマスコミによれば、ガンを引き起こす添加物の入った低品質の加工食品を気にしない人は、摂食障害かもしれない、ということだ。

メディアのヒエラルキー

健康、栄養、科学全般に関する主流メディアの報道に関して、無知はここまでである。MITのノーム・チョムスキー教授によれば、メディアには3つの部門があり、その活動は彼らの意図を露呈しているという。それは、エンターテイメント産業、マスメディア、エリートメディアである。

エンターテインメントはかなり単純なものだ。ハリウッドのゴシップや、最新のテレビ、映画、音楽のスターを宣伝することである。宣伝の対象になるのは一般大衆だ。

マスメディアは、重要なことから人々の目をそらさせようとするのが本質だ。マスメディアの仕事もエンターテイメント産業もこの性質に大差ない。マスメディアは、重要でない限りは、セックスやスポーツのスキャンダルなど、何でも報道する。マスメディアは、国民が投票に行くだけの動機付けはするが(それによって米国政府に正当性のようなものを与える)、真の政治的変化をもたらすようなことをするほどではない。

エリート・メディアは、他のメディアのアジェンダを設定する。ニューヨークタイムズやCBSのような報道機関からなり、ゼネラルエレクトリックやウェスティングハウスのような大企業に所有されている。彼らのターゲット層は、政治家、ビジネスマン、大学教授、ジャーナリストなど、実際に政治システムに参加している特権的な人々である。

チョムスキーによれば、「大学を卒業した人なら知っていると思いますが、教育システムは、適合性と服従に報酬を与えるように非常に強く仕向けられています。これは一種のフィルタリング装置で、結局、本当に正直に(彼らは嘘をついていない)社会の周囲の権力システムの信念と態度の枠組みを内面化する人々になってしまうのです」

エリート・メディアは主要な権力者であるため、主要な大学を含む他の権力の中心を報道し、エリート・メディアの情報ばかりに接触しがちだ。すべての記事について、レポーターは大学の下にいる「専門家」に相談しに行くことになっている。しかし、大学は独立した機関ではない。政府や企業からの助成金など、外部からの情報によって運営されている組織だ。

政府・企業の資金援助と腐敗

このことは、製薬業界ほど当てはまるものはないだろう。製薬会社とその広報コンサルタントは、一般大衆に健全な健康情報を提供するのではなく、製品の利点とされるものを強調するように調整されたメディア戦略を持つ。その結果、主流の健康に関する記事は、しばしば関連する情報の大半を欠いている。複雑な研究データも見落とされたり、誤解されたりしがちだ。

『Bad Science』の著者であるBen Goldacreは、次のように指摘する。

「アメリカでは消費者向け広告の予算が、医師向け広告の予算の2倍の速さで増加しています。これらの広告は、医学界の学術研究者によって綿密に研究され、患者の広告薬に対する要求と医師の処方箋を増加させることが繰り返し示されてきました。これが、製薬会社が患者団体のスポンサーになったり、キャンペーンにメディアを利用したりする理由なのです」

このような観点からみると、メディアが市民科学者の仕事をほとんど無視していることは驚くに値しない。記者や学者は、市民科学者が自分たちの特定の環境に当てはまらないという理由で、精神異常者の端に追いやる。実際、市民科学者の活動は、銀河の分類、病気の兆候の検出、様々な食品の重金属基準の設定などに役立っているのに。

市民科学の仕事は無視されている。市民科学にメリットがないからではない。主流メディアは助成金や政府資金によって、腐敗した学会の塔に縛られた人々の仕事だけを考慮するよう義務づけられているからである。幸いなことに、普遍的なものが科学だ。科学的なノウハウと手段があれば、誰でも科学事業に貢献することは可能だ。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".