Sponsored link
NO IMAGE

レーシックという視力回復手術があるのにメガネをかける医師

NO IMAGE
Sponsored link

レーシックという視力回復手術があるのに、なぜ眼科医はメガネをかけているのでしょうか。

レーザー視力矯正手術(LASIK手術)は90年代欧米から始まり、世界各国に広まり、世界各地で多くの患者の視力を回復させてきた。しかし、LASIK手術の安全性と副作用の問題に関しては議論が途切れたことがないのだ。https://optnet.org/syujyututaisaku/news/kurashi-china

レーシックとは

レーザー機器もしくは、マイクロケラトームと呼ばれる眼球用カンナで角膜の表面を薄くスライスし、フラップ(ふた状のもの)を作り、めくる。表出した角膜実質層にエキシマレーザーを照射し、一部を削る(蒸散させる)[2]。その後、フラップを元の状態に戻し、フラップが自然に吸着する。角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正される。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF

角膜にカンナをかけて、薄くして屈折率を下げるという、冷静に考えるとむちゃくちゃな方法です。

こんな方法を考えたのはキ印なわけです。この時点で胡散臭さしか感じません。

26人の眼科医に「近視になったらレーシックを受けたいですか」と聞いたところ、23人が「受けたくない」と答えました。

ある一人の眼科医はその理由を次のように言っています。

「角膜の知覚神経が切られてしまうので、ごみが入ったり感染症に罹っても気づきにくくなり、発見が遅れることもある」https://kenkoubyouki.com/?p=1769

自分は受けないでも客には危険性を隠します。本当に悪党ですね。

一年後に眼鏡の生活になりました。
手術後0.01くらいだった目は一気に両目とも1.5になりました。
「眼鏡が無くて快適だな」と思ったのはたった一年足らず。今では右目は中程度の遠視、更におそらく元からあった右目の外斜位が顕在化し、上斜位+外斜位になって両眼視がきつくなりそのせいで眼精疲労がひどいです。今はプリズムの入った眼鏡をかけています。
(レーシックの後遺症は、受けた直後から吐き気やめまいなどの具体的な症状がある人と私みたいな、しばらく経って発症する人がいるみたいです)。

https://optnet.org/syujyututaisaku/taikenki/taikenki-18#:~:text=%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%A7%E3%81%AF%E8%A7%92,%E6%80%A7%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

手術で無理やり視力をあげても、近視になる生活を続けていればまた近視になります。

近視という結果を手術でむりやり矯正しても原因を取り除いたわけではありませんから一時的に良くなっても後でまた悪くなります。

これは眼だけではなく、すべての手術にあてはまります。治った治った言ってる人でも同じような手術を繰り返してる人がいます。手術で原因を取り除くのは無理です。

眼球の細胞も血液からできるので血液を無視して眼球だけいじくりまわしても治るわけがないのです。近視の改善に食事療法という発想はどこの眼科医にもないでしょう。

眼の酷使は、眼周辺の細胞や赤血球の酸化です。

争点:後遺症はあるのか?

多くの患者が術後、ドライアイや眩暈などの症状を訴える
モーリス·ウェクスラー医師は1996年から2000年までFDAの診断及び外科手術設備の部門の責任者を務めた。LASIK手術は彼が導入を決めた。昨年からウェクスラー医師はFDA基準は厳格さが不足している、LASIK手術には大きなリスクが伴うと感じ始めた。

統計によると1998年から2006年までの間にFDAは140のLASIK手術に関するクレームを受けた。2008年以降、LASIK手術の効果に対する不満が増え、直接ウェクスラー医師を見つけ出してクレームを付ける人も居たという。このためFDAではLASIK手術の長期的影響についての検証に着手せざるを得なくなった。
調査の結果、LASIK手術後多くの人がドライアイ、眩暈、光に敏感になる、夜盲症、像が重なる、角膜膨張などの後遺症を発症していることが分かった。
ウェクスラー医師は「LASIK手術が引き起こすこれらの症状はすでに重大な公共健康問題になっている」と感じている。
昨年9月、ウェクスラー医師は「LASIK手術を受けた人のうち半数に後遺症が出ている」と発表。https://optnet.org/syujyututaisaku/news/kurashi-china

利権化しているので、ネットでも安全安心と広告しまくっています。

重大な事項は一切説明がないのが医師

上記に書いたような過矯正による遠視や眼精疲労などの重大な後遺症のことは一切口頭で説明されませんでした。

確かに手術の承諾書には「遠視になったり近視に戻ることもあります」と書いてあるのですが、強度近視の人は特にこのリスクが高いのです。
しかしそうなら、余計強度近視者には説明すべきであったと思います。
彼らは角膜を削る量が多いので、再手術出来ないこともあるのですから。

それから上述しましたが「-10Dを超えている近視の人にはレーシックは行うべきではない」という、日本眼科学会のガイドラインがあるんです。

角膜が薄い人や近視が強すぎる人はレーシックを断られたりすることがあるのですが、それはこのガイドラインに従った結果だと思います。

レーシックでは角膜の実質層という部分を削るのですが、近視が強いと削る部分が多くなりすぎて、レーシックを受けた後、角膜の強度が低下し、衝撃にはもちろん弱くなりますし、普通にしていても何らかの眼病(円錐角膜や緑内障など)が発生する可能性があるのです。
(ただし、円錐角膜は角膜ベッドが250ミクロン残っていればまず発症しないらしいです。 逆に400ミクロン残っていても発症する方もいます。しかしいずれにしてもまれな症例です)
もちろん近視が戻っても角膜が薄い場合は再手術は不可能とされます。

しかしこの事に関する説明は〇〇(クリニックの医師)から一切ありませんでした。

都合の悪いことは隠すのが常套手段です。
医師って人を騙すことばかりやってるんですね。

因果関係はナシ

眼が痛くなってから一度受診したのですが、執刀医とは別のお医者様が出てきました。
目の検査を一通りした後「目が疲れる原因はわかりません」「手術は成功しています」「再手術は、角膜の厚みがもう無いので不可能でしょう」「様子を見ましょう」とドライアイ用の目薬、ヒアレインを何本かいただきました。
「でも目が痛いんです」と訴えても、「手術との因果関係はわかりかねます」。
痛くなってから視力が低下したので、その原因も質問しましたが「原因はわかりません」。

ワクチンと同じでした。
「因果関係ナシ」は日本の伝統文化として根付いています。

「手術を受けた後、黒目に白斑が出ました。術後、一旦は視力が回復したのですが、1ヵ月経った頃から右目の視力がどんどん下がって、2ヵ月後、ついに目の前に差し出されたグー、チョキ、パーの形をまったく見分けることができない失明状態になりました。視界が真っ白で異様にまぶしく、吐き気やめまいを感じるようになったんです」(Kさん)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/37855

上記の記事は特定のクリニックが悪いように書いていますがどこの医師に頼んでも同じようなものです。
レーシックという方法に問題があり、狂った方法を採用する病院では被害がおきるのです。

レーシックで失明することはありえない
「レーシックによって失明した」という報告はこれまで1件もありません。なぜならレーシックの手術が、失明するはずがない部分に対して行うものだからです。失明に影響するのは、目の網膜の部分です。しかし、レーシックは角膜を削る手術であり、網膜に触れることはありません。レーシックの場合、レーザーを目の表面にある角膜だけに当て、その部分のみを調整する手術ですから、理論上、失明することはありえないのです。https://navi-lasik.net/eyesight/

ワクチンで死んだ人はいません、と同じでした
安全安心詐欺です。

メガネをかけてる医師にカネを積んで、サクっと治してもらおう、というのが間違っているのです。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".