Sponsored link
NO IMAGE

12人のCDC上級科学者がCDCの怪しげな慣習を内部告発

NO IMAGE

12人のCDC上級科学者がCDCの怪しげな慣習を内部告発

https://www.naturalnews.com/2016-11-09-a-dozen-cdc-senior-scientists-have-blown-the-whistle-on-the-cdcs-shady-practices.html

内部告発者のウィリアム・トンプソン博士が、CDCがMMRワクチンと自閉症の関連性を発見したが、そのデータを廃棄したことを明らかにした後、CDCの信頼性は著しく疑問視されている。さらに、CDCがデータを操作し、企業と提携し、科学的詐欺を行っていることを暴露する内部告発者が現れている。

十数人の職員によるCDCに対する新たな爆発的な疑惑の一つは、CDCの使命が悪党や外部の利益団体に影響され、納税者を欺いているというものだ。

内部告発者のグループは、SPIDER(Scientists Preserving Integrity, Diligence and Ethics in Research)として知られている。非倫理的な行為は、連邦機関の誠実さと信頼性を損なっている。

CDCの職員が、怪しげな取引で企業大手を助けるために直接働いていることが懸念される。SPIDERは、コカ・コーラ社、国際生命科学者研究所というコカ・コーラ社が支援する非営利団体、そしてCDCの高官数名の間の三者関係に悩まされている。

6月、バーバラ・ボウマン博士は、コカ・コーラの有力な支持者に、砂糖入り飲料政策について世界の保健当局を揺さぶるよう指導したことがメールで明らかになり、CDCを退官した。

Micheal Pratt博士のメールには、コカ・コーラ社から資金提供を受けて研究を推進・指導してきたパターンが示されている。プラットは、この大手飲料メーカーから部分的に資金提供を受けている研究論文を共著している。

プラットはまた、カリフォルニア大学サンディエゴ校で副業をしており、これは明らかな科学的利益相反であり、すでにいくつかの全国ニュースから注目されている。

CDCは公衆衛生を保護し、維持することになっているが、主要幹部は公衆の利益よりも食品・飲料業界の利益を優先させている。同機関は、肥満が36.5%に急増しており、2008年の推定コストは1470億ドルであると報告している。

SPIDERはCDCが数百万ドルのプロジェクトでデータを操作していると非難している。彼らは業績の悪い女性の健康プログラムを隠蔽し、プログラムの到達点を誇張するために、議会で数字を膨らませた。数百万ドル規模のWISEWOMANプロジェクトの内部レビューは、議会とメディアから情報を隠すためにつぶされた。

CDCに対する他の疑惑としては、前述のMMRワクチンと自閉症との関連性を隠蔽したことが挙げられる。

また、”3歳になる前にMMRワクチンを接種されたアフリカ系アメリカ人の男の子は、自閉症になる可能性が3.4倍高い “というデータを操作していたのである。CDCは2003年以来、MMRと自閉症の関連性に関するデータを隠蔽してきたとされている。CDCはこの疑惑に対してまだ返答していない。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".